316件中 21 - 30件表示
  • 日野賢二

    日野賢二から見たMISIAMISIA

    2003年に帰国、初のリーダー・アルバム『ワンダーランド』、続いて『JINO』をユニバーサルミュージックよりリリース、これを機に活動拠点を日本に移す。これまで“TKY”、“JINOJAM”、“FAZ-JAZZ”など数々の音楽ユニットやグループ、MISIAやAI(エーアイ)の他、数々のアーティストのライブサポートならびにアレンジャーやプロデューサーとしてBoyz II Men、西野カナなど数々のレコーディング・ワークスで活動している。日野賢二 フレッシュアイペディアより)

  • 安部潤

    安部潤から見たMISIAMISIA

    1993年にアレンジャーとして音楽活動を始める。1994年から1995年まではview、FIELD OF VIEWのキーボードとして活動。脱退後は再びアレンジャーとして、タッキー&翼・嵐・MISIA・安室奈美恵・MAX・K・mihimaru GT・CHEMISTRY・BoA・女子十二楽坊・浅岡雄也などの楽曲をアレンジし、さらに一部のアーティストには音楽プロデューサーとしてプロデュースも手掛ける。また、ライブではキーボーディストとして、MISIA・ピンクレディー・広瀬香美 他でも活動。2004年にはROVING SPIRITSよりソロアルバムを発表。安部潤 フレッシュアイペディアより)

  • レジェンド・オブ・ミシカ

    レジェンド・オブ・ミシカから見たMISIAMISIA

    ショー終了後に流れるBGMは、『Sea of Dreams』であり、MISIAの歌うオリジナル版でフルコーラス流れる。レジェンド・オブ・ミシカ フレッシュアイペディアより)

  • Foxxi misQ

    Foxxi misQから見たMISIAMISIA

    2005年、オーディション番組『歌スタ!!』(日本テレビ系列)で音楽プロデューサーFace 2 fAKEによって結成された。同年4月18日放送回に出演したCHiEがDREAMS COME TRUEの『すき』を歌い番組最初の合格者となった。しかし、Face 2 fAKEには「3人組のヒップホップ・R&B系のガールズユニット」をコンセプトとした「和製デスティニーズ・チャイルド」を作りたいという思いがあったため、CHiEが即デビューというわけにはいかなかった。次にDEMが合格。同年12月12日放送回に出演し、MISIAの『飛び方を忘れた小さな鳥』を歌ったYU-Aが合格。DEMが加わってから最後のYU-Aが選ばれるまで半年以上かかった。Foxxi misQ フレッシュアイペディアより)

  • 信藤三雄

    信藤三雄から見たMISIAMISIA

    松任谷由実、Mr.Children、サザンオールスターズ、SMAP、MISIAなど、手がけたCD/レコードジャケットの数は2007年時点で約900枚にのぼる。1980年代後半から1990年代にかけて、ピチカート・ファイヴ、フリッパーズ・ギターといった「渋谷系」ミュージシャンのCD/レコード、宣伝材料一式のアートワークに携わり、渋谷系におけるデザインの方向性を決定づけたといわれる。グラフィックデザイン以外にも、映像作家としてミュージック・ビデオや映画も手がけ、元々はバンド「スクーターズ」の一員として活動していたミュージシャンでもある。近年は社会活動にも積極的にかかわっている。信藤三雄 フレッシュアイペディアより)

  • 記憶 (MISIAの曲)

    記憶 (MISIAの曲)から見たMISIAMISIA

    「記憶」(きおく)はMISIAの25枚目のシングルである。2011年5月25日発売。発売元はアリオラジャパン。記憶 (MISIAの曲) フレッシュアイペディアより)

  • A-LABO INDEX

    A-LABO INDEXから見たMISIAMISIA

    2016年11月15日 「Rocket Man」(エルトン・ジョン) / 「流れ星」(天月-あまつき-) / 「星のように…」(MISIAA-LABO INDEX フレッシュアイペディアより)

  • 清貴

    清貴から見たMISIAMISIA

    2000年10月に東芝EMIよりシングル『No No No』でデビューし、曲は全国のFM17局でパワープレイに選出された(当時最高)。2001年にリリースした3rdシングル『The Only One』はドラマ『Pure Soul〜君が僕を忘れても〜』の主題歌となり、40万枚のヒットとなった。1stアルバム『I'll Be There』がオリコン初登場7位を記録した。同年、全国有線放送大賞新人賞受賞。2010年、全米最大のゴスペルイベント『』にハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤーのソリストとして参加し、グループは日本人グループとして史上初めて優勝した。その後アポロシアターで年に1度開かれる「ゴスペルナイト」に招待される。極真空手の世界大会で、3年連続でアメリカ国歌の『星条旗』を独唱した。2015年に帰国し、MISIAの『あなたにスマイル:)』 等を手がけたほか、清貴自身の楽曲もフジテレビ系列パラスポーツ応援ソングとして、2016年以来『無限大∞』『FEELING SO RIGHT』『MY VICTORY』の3曲が起用されている。また2015年には、自身がLGBTの1人であることも告白した。清貴 フレッシュアイペディアより)

  • 河口湖ステラシアター

    河口湖ステラシアターから見たMISIAMISIA

    2017年現在、本劇場で最も多く公演を行ったアーティストは茅原実里(通算20公演)であり、第2位がMISIA(通算17公演)。MISIAについては、劇場の壁に直筆サインが書かれている。河口湖ステラシアター フレッシュアイペディアより)

  • 天花 (テレビドラマ)

    天花 (テレビドラマ)から見たMISIAMISIA

    テーマソングをMISIAが担当、音楽を村松崇継が歴代史上最年少で担当した。天花 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

316件中 21 - 30件表示

「MISIA」のニューストピックワード