1079件中 21 - 30件表示
  • UNIX

    UNIXから見たMacintoshMacintosh

    1997年、アップルはMacintoshの新たなOSのベースとなるものを捜し、NeXTが開発したNEXTSTEPを選択した。このOSの中核部はBSDとMachカーネルに基づいており、アップルはそれを取得後 Darwinと名付けた。Darwin から生まれたのがmacOSであり、USENIXでアップル社員はデスクトップパソコン市場で最も広く使われているUnix系OSだと述べている。UNIX フレッシュアイペディアより)

  • PowerPC

    PowerPCから見たMacintoshMacintosh

    PowerPCはIBMのPOWERアーキテクチャをベースに開発され、アップルコンピュータのMacintoshやIBMのRS/6000などで採用された。現在ではゲーム機をはじめとした組み込みシステム、スーパーコンピュータで広く使われている。なお、POWER3以降は、POWERファミリ自体がPowerPCアーキテクチャに準拠している。PowerPC フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh Quadra

    Macintosh Quadraから見たMacintoshMacintosh

    Macintosh Quadra(マッキントッシュ クアドラ)とは、アップル製のパーソナルコンピュータMacintoshのシリーズ名の一つ、又は機種を指す。モトローラの68000系CPUを搭載していた通称「68k Mac」と呼ばれるシリーズの中で最上位に該当する。Macintosh Quadra フレッシュアイペディアより)

  • REALbasic

    REALbasicから見たMacintoshMacintosh

    主にMacintosh版が知られ、しばしば「Macintosh版のVisual Basic」と喩えられるが、Windows版ならびにLinux/x86版も存在する。また、REALbasicを利用している環境に関わらず、全てのプラットフォーム用の実行バイナリを出力することができるため、双方向のクロスプラットフォーム開発が可能である。REALbasic フレッシュアイペディアより)

  • CodeWarrior

    CodeWarriorから見たMacintoshMacintosh

    CodeWarriorがMacintosh用の開発ツールの市場を席巻したきっかけは、モトローラの68000 (68K) シリーズからPowerPCへのMPUの移行であった。アップルの純正開発ツールである「MPW」や、68K時代には圧倒的なシェアを持っていたシマンテックの「ThinkC」のPowerPCへの移行が遅れ、いち早くPowerPCの対応を行ったCodeWarriorがMacintoshの開発ツールとして市場を独占するようになった。言語としてはC、C++、PascalおよびJavaをサポートしていた。CodeWarrior フレッシュアイペディアより)

  • フォルマント

    フォルマントから見たMacintoshMacintosh

    KTH WaveSurfer (Linux, Macintosh, Windows用)フォルマント フレッシュアイペディアより)

  • Resource Interchange File Format

    Resource Interchange File Formatから見たMacintoshMacintosh

    (RIFF、「資源交換用ファイル形式」の意味)は、タグ付きのデータを格納するための汎用メタファイル形式である。1991年、マイクロソフトとIBMが提案し、マイクロソフトのWindows 3.1のマルチメディアファイルのデフォルトフォーマットとして採用された。エレクトロニック・アーツが1985年に策定した (IFF、「交換用ファイル形式」の意味) に基づいている。RIFFはIBM PCが使っているx86プロセッサに合わせて多バイト整数をリトルエンディアン形式で格納するのに対して、IFFはAmigaやMacintoshで使われていたため、68kプロセッサのビッグエンディアンを採用していた点が異なる。なお、アップルは1988年にIFFに基づいたビッグエンディアンのAIFFを策定している。Resource Interchange File Format フレッシュアイペディアより)

  • 電脳学園

    電脳学園から見たMacintoshMacintosh

    当時のアダルトゲーム市場は一流メーカーの撤退により、グラフィックのレベルが低下していた。また、MacintoshのHyperCardで遊んでいた岡田斗司夫と赤井孝美は、アドベンチャーゲーム程度であれば自分たちでも制作することが可能であると知っていた。こうした状況から、システムが単純なクイズゲームにアニメ制作スタッフによるグラフィックを組み合わせることで、ゲーム制作は可能であり売上も見込めると判断され、本作が制作される。電脳学園 フレッシュアイペディアより)

  • インフォコム (アメリカ合衆国の企業)

    インフォコム (アメリカ合衆国の企業)から見たMacintoshMacintosh

    Z-machine を採用したことでインフォコムは、Apple II、Atari 800、PC/AT互換機、Amstrad CPC、コモドール64、コモドール128、Kaypro (CP/M)、TI-99/4A、Macintosh、Atari ST、Amiga、TRS-80 といった当時の多くのホームコンピュータ向けに同時にゲームをリリースすることができた。インフォコムの製品にはゲームの世界観に沿ったおまけが付属しており、"feelies" または "smellies" と呼ばれていた。インフォコム (アメリカ合衆国の企業) フレッシュアイペディアより)

  • 学研キッズネット

    学研キッズネットから見たMacintoshMacintosh

    後にJavaアプレットを使用したチャットに変更。同時に発言ランキングが廃止。Javaアプレットを使用したチャットにしたことにより、伝言板、連続発言が可能になったが、その為荒しが急増。伝言板はセキュリティ上の問題によりのちに廃止。他、MacintoshなどのWindows以外のOSでの動作確認がとれなかった為、Javaチャット廃止。Javaチャットでは、文字をクリップボードに取り込めない(コピーできない)ため、URLが紹介されても、行くには手で打たなければならなかった。また、ウィンドウズでも場合によってはJava機能のインストール具合に問題があったりして使えない場合もあった。また、入室時のIDとパスワードを記憶する機能がないため、毎回手入力をせざるを得なかった。学研キッズネット フレッシュアイペディアより)

1079件中 21 - 30件表示

「Mac」のニューストピックワード