1079件中 31 - 40件表示
  • スターコントロール

    スターコントロールから見たMacintoshMacintosh

    1992年にPC/AT互換機用ソフトとして登場、後にMacintosh版や3DO版がリリースされた。3DOでは日本語版(副題:ア・クアン・マスターを打倒せよ!)がBMGビクターから発売された。スターコントロール フレッシュアイペディアより)

  • コマンドキー

    コマンドキーから見たMacintoshMacintosh

    コマンドキーは、Macintosh (Mac) やiPad、Newtonなどのアップル製ハードウェア用キーボードに備わる修飾キーの一つである。キートップには、(コマンド)マークが刻印されている。2007年7月より前のアップル製品のコマンドキーには、マークのほか、アップルロゴも刻印されていた。コマンドキー フレッシュアイペディアより)

  • エンターキー

    エンターキーから見たMacintoshMacintosh

    ただしMacintosh用の大半のキーボードや、PC/AT互換機用の一部のキーボードでは、メインキーの方を「Return」、テンキーに付属する方を「Enter」と呼び分ける。(生成するスキャンコードも異なるので使い分ける場合もある)。エンターキー フレッシュアイペディアより)

  • エーベルージュ

    エーベルージュから見たMacintoshMacintosh

    1996年7月にWindows版およびMacintosh版が発売。初回特典としてマウスパッドが付属した。同年11月にはプレイステーション(PS)への移植が発表され、1997年5月にタカラよりPS版およびセガサターン(SS)版が発売された。その際にフルボイス化されている。また2000年8月には、サイバーフロントよりWindows版の廉価版(PCゲームBESTシリーズ Vol.31)が発売された。このほかに、中国語版と韓国語版が発売されている。エーベルージュ フレッシュアイペディアより)

  • 松 (ワープロ)

    松 (ワープロ)から見たMacintoshMacintosh

    マウスにも対応した。スクロールは、マウスを前後へドラッグすることにより実現可能で、当時のMacintoshの操作と同様であった。松 (ワープロ) フレッシュアイペディアより)

  • マイクロドライプリンタ

    マイクロドライプリンタから見たMacintoshMacintosh

    またMD-2000、2010、2300、4000ではDOS/V用の「J」型、Macintosh用の「S」型があり、J型はシリアル接続のESC/P・RGLプリンター、S型はSCSI接続のRGLプリンターであった(後に登場した「Micro Dry RIP」というソフトウェアインタープリタによりAdobe PostScriptに対応)。MD-1000、1300、1500、MD-5000シリーズではJ型を基本とし、Macintoshではアダプターを介してSCSI接続する方法に改められ(MD-1000、1300、1500ではアダプター付属のものをD型と称し、これもMicro Dry RIPによりMacintosh環境でのみPostScriptに対応)、1999年10月発売のMD-5500では、やはりそれまでアダプターを介して行われていたUSB接続が標準となった。マイクロドライプリンタ フレッシュアイペディアより)

  • iPhoneを探す

    iPhoneを探すから見たMacintoshMacintosh

    iPhoneを探す(、他のデバイスによって「iPadを探す」、「iPodを探す」、「Macを探す」と表示される)とはアップルが提供している、iOSデバイスやMacintoshの位置を検出して表示するアプリケーションとサービスである。このサービスはiOS 5とOS X 10.7.2 "Lion"以降のiCloudで使用出来る。ただし、最初からOSにバンドルされているわけではなくiOS 5.0以降で動作しているiOSデバイスでApp Storeから無料でダウンロードできる。iPhoneを探す フレッシュアイペディアより)

  • Oberin

    Oberinから見たMacintoshMacintosh

    Oberin(オベリン)は、Macintoshで動作する無料の多人数参加型オンラインロールプレイングゲーム(MMORPG)である。Oberin フレッシュアイペディアより)

  • SX-Window

    SX-Windowから見たMacintoshMacintosh

    SX-WINDOWは標準DOSのHuman68kと協調して動作している。したがって、Human68kからみればSX-WINDOWは一プロセスに過ぎない。SX-WINDOWは自プロセス内で各タスクを扱っている。X68000シリーズはリニアアドレッシングなので素直な構成で作られている。SX-WINDOWは当時のWindowsやMacintoshと同様、イベントドリブンによるマルチタスクである。SX-Window フレッシュアイペディアより)

  • Atari ST

    Atari STから見たMacintoshMacintosh

    モトローラのMPUであるMC68000をベースにしたパソコンであり、512KB以上のメモリと3.5インチフロッピーディスクを搭載。同様に68000を搭載していたアップル社のMacintoshやコモドールのAmigaに似たアーキテクチャを持つ。MacintoshはGUIを広く普及させた初めてのパソコンであるが、当時はまだ小さなモノクロの内蔵モニタしか利用できなかった。一方STはビットマップカラーのGUIを世界で初めて搭載した。Shiraz Shivjiが設計した革新的なワンチップのグラフィックサブシステムは、初期のBBCマイクロや現在広く利用されている共有メモリシステムのように、CPUとクロックサイクル毎に交互にアクセスする方式を採用しており、システムメモリの全領域を共有できる。またMIDIをパソコンとして初めて標準でサポートした。Atari ST フレッシュアイペディアより)

1079件中 31 - 40件表示

「Mac」のニューストピックワード