943件中 41 - 50件表示
  • Resource Interchange File Format

    Resource Interchange File Formatから見たMacintoshMacintosh

    (RIFF、「資源交換用ファイル形式」の意味)は、タグ付きのデータを格納するための汎用メタファイル形式である。1991年、マイクロソフトとIBMが提案し、マイクロソフトのWindows 3.1のマルチメディアファイルのデフォルトフォーマットとして採用された。エレクトロニック・アーツが1985年に策定した (IFF、「交換用ファイル形式」の意味) に基づいている。RIFFはIBM PCが使っているx86プロセッサに合わせて多バイト整数をリトルエンディアン形式で格納するのに対して、IFFはAmigaやMacintoshで使われていたため、68kプロセッサのビッグエンディアンを採用していた点が異なる。なお、アップルは1988年にIFFに基づいたビッグエンディアンのAIFFを策定している。Resource Interchange File Format フレッシュアイペディアより)

  • ペイントソフト

    ペイントソフトから見たMacintoshMacintosh

    「ペイント系」「画像編集ソフト」とも呼ばれるが、これはMacintosh初期のグラフィックソフトであったMacPaintが由来である説が有力である。道具としての使いやすさを強調するときや、DTPなど他のアプリケーションソフトの一部機能として使うときには、「ペイントツール」という呼び方もある。ペイントソフト フレッシュアイペディアより)

  • ニフティサーブ

    ニフティサーブから見たMacintoshMacintosh

    1995年から提供されていたWindows・Macintosh用のニフティサーブ専用GUI統合通信ソフトである。専用のアクセスポイントへのダイアルアップ接続かインターネット経由での接続によってニフティサーブへアクセスできた。設定や操作が文字ターミナルを使うよりは簡単であり、ライトユーザーに好まれた。統合ソフトであるため電子メールクライアントを内包していたが、現代の電子メールクライアントのように複数アカウントには対応していなかった。ニフティサーブ フレッシュアイペディアより)

  • 富士通Habitat

    富士通Habitatから見たMacintoshMacintosh

    元々はアメリカでルーカスフィルムが運営していたLucasfilm's Habitatのライセンスを富士通が購入し、日本での提供を開始したもの。1989年末からFM TOWNS専用ソフトとしてテスト運用が行われ、1990年2月10日に正式サービス開始。この日は「富士通Habitat建国記念日」とされた。その後同社のFMRシリーズや、NECのPC-9800シリーズ、Macintosh向けにもクライアントソフトが提供された。J-チャットまで引き継がれたため、多くのMacintoshユーザーも存在した。但しOS9までのサポートになっていた。富士通Habitat フレッシュアイペディアより)

  • DINコネクタ

    DINコネクタから見たMacintoshMacintosh

    Macにおいて一時期使用されたADBポート、プリンタ/モデムポート (AppleTalk)DINコネクタ フレッシュアイペディアより)

  • DETROX

    DETROXから見たMacintoshMacintosh

    UNCOMPROMISING ELEMENTS代表取締役社長兼最高経営責任者統括事業本部長常任執行役特別顧問総合戦略室室長常勤監査役ヒールズ事業本部統括本部長包括運営局局長ヴァイスプレジデントチーフチェアマンアジア地区担当エクゼクティブプロデューサー。Macintoshに精通しており、ウェブサイトの構築などを行っている。また、得意分野はヘッドバンギングとAdobe Flash。現在はPHP: Hypertext Preprocessorも習得し使用し始めた。Macintosh以外のコンピューターも扱う事ができる。主に東京を中心に活動している。DETROX フレッシュアイペディアより)

  • Apple IIc

    Apple IIcから見たMacintoshMacintosh

    その後、初期のMacintoshシリーズのデザインで一躍名をはせることになるフロッグデザインにとって、このIIcは初めてのアップル社との大型プロジェクトであると同時に、後にMacintosh IIシリーズのデザインを展開していく上での基礎となったプロダクト・デザインであったと言える。Apple IIc フレッシュアイペディアより)

  • ダグラス・アダムズ

    ダグラス・アダムズから見たMacintoshMacintosh

    ファンが "Bop Ad" と呼ぶのは、サインが読みにくく "Bop Ad" のように読めるためである。動物や環境保護活動家でもあり、速い車とカメラとApple Macを愛した。無神論者であり、水たまりが世界を認識したとしたら「これは私がいる興味深い世界であり、私がいる興味深い穴は私に中々うまく合ってる。実のところこの穴はものすごくよく合っているから、私を入れるために作られたに違いない!」と思うだろうという有名な言葉がある。生物学者リチャード・ドーキンスは著書『神は妄想である』(2006) をアダムズに捧げ、アダムズの死について「科学は友人を失い、文学は有名人を失い、マウンテンゴリラとクロサイは勇敢な擁護者を失った」と記している。ダグラス・アダムズ フレッシュアイペディアより)

  • エンターキー

    エンターキーから見たMacintoshMacintosh

    ただしMacintosh用の大半のキーボードや、PC/AT互換機用の一部のキーボードでは、メインキーの方を「Return」、テンキーに付属する方を「Enter」と呼び分ける。(生成するスキャンコードも異なるので使い分ける場合もある)。エンターキー フレッシュアイペディアより)

  • CodeWarrior

    CodeWarriorから見たMacintoshMacintosh

    CodeWarriorがMacintosh用の開発ツールの市場を席巻したきっかけは、モトローラのMC68000 (68K) シリーズからPowerPCへのMPUの移行であった。Appleの純正開発ツールである「MPW」や、68K時代には圧倒的なシェアを持っていたシマンテック社の「ThinkC」のPowerPCへの移行が遅れ、いち早くPowerPCの対応を行ったCodeWarriorがMacintoshの開発ツールとして市場を独占するようになった。言語としてはC、C++、PascalおよびJavaをサポートしていた。CodeWarrior フレッシュアイペディアより)

943件中 41 - 50件表示

「Mac」のニューストピックワード