266件中 91 - 100件表示
  • Macintosh

    Macintoshから見たAdvanced Technology Attachment

    Power Macintosh 9500/8500等になって初めてMacに搭載されたPCIスロットをはじめ、IDE、AGPなど、PC/AT互換機で既に実装され、いわば「枯れている」ハードウェア機構がMacintoshに導入された。これらの機構はハードウェアでも独自路線を進もうとしたAppleが路線を変更し、開発コスト(当然、購入価格にも影響する)の上昇やパーツ導入の困難化を避けるために導入した妥当な判断といえる。ハードウェアにトラブルが起きがちと云われるようになったのもSCSI→IDE (ATA)、NuBus→PCI/AGPといった基本パーツの変更を行った頃とほぼ重なっており、アップルは次々に「機能拡張ファイル」を更新/追加することで対応していった。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たMacintosh互換機

    ハードウェアとしてのMacは一時期のMacintosh互換機路線(PowerComputing、パイオニア、akia、UMAXなどが互換機を製造した)を除けば、ほとんど単一メーカの製品であり、それが他の無数に存在する(PC/AT互換機)メーカ全ての対抗馬として意識され続けてきた。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たApple I

    ジェフ・ラスキンは、それ以前にアップルでApple IおよびApple IIのマニュアル作成を行っていた際、技術用語や命令口調の排除、カラー写真および画像の多用、背綴じでなくリングを使った綴じ方を採用し ユーザが操作をしながら参照し易いようにする、などの配慮を怠らなかった。これらは当時のコンピュータ業界では新しい試みで、NASAの宇宙開発プロジェクトからヒントを得たとされている。彼は、これらマニュアルデザインの方向性、プロジェクト自体の立ちあげおよび名称の発案という点においては、発売後の「Macintosh」時代に足跡を残したといえる 。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たPostScript

    時を同じくしてページレイアウトソフトウェアAldus Pagemakerがリリースされた。Pagemakerはアドビ社の開発したページ記述言語PostScriptを搭載し、コンピュータとプリンターの組み合わせが変わっても出力結果を維持するという環境を初めて実現、DTPの世界を切り拓いた。またこの時期、マイクロソフトからはMacintosh専用ソフトウェアとしてMicrosoft Excelがリリースされ、GUIに特化した優れた操作性と機能性によりベストセラーとなった。Macintoshは、512Kモデルの登場とDTPの波、 そしてExcelなどのビジネス用ソフトの充実とハードディスクドライブの普及があいまったことにより、ビジネスでの新たなニーズの掘り起こしに成功し、オフィス環境への大量導入が始まったのである。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たトラックボール

    キーボードを手前に置くラップトップやノートパソコンが当たり前だった時代、最初のPowerBookである100シリーズ(PowerBook 100、140、170)では、キーボードの位置を奥に配置し、手前に広いパームレストを設けその中央にトラックボールを設置していた。当時、各社がさまざまなポインティングデバイスを考案する中、キーボードの親指の位置に配置されたトラックボールは、タイピング中のポジションからそれほど手を離すことなくポインターを操作することができ、特別な操作を必要としないことから大いに歓迎され、他社も同様のデザインを採用していった。しかしトラックボールはマウス同様、機械的な動作を読み取ってデータに置き換えていたことから、塵や埃によって動作が妨げられるマイナス要因も持ち合わせていた。その上に機械的な構造で厚みがあるトラックボールは薄型・軽量化に不利なことから徐々に敬遠されがちになって行く。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たトリニトロン

    一体型初のカラーディスプレイ化を行ったものでSONYのトリニトロン管を採用している。従来のフロッグデザインとは異なった丸みを帯びたスタイルで、後のMacintoshではこちらを継承している。CPUは68030 (16MHz)。データバスは16ビットで最大RAM容量は10MB。PostPetに登場するひみつメカのモデルになったことでも有名。後に後述のColor Classic IIと同様に、中古相場が暴騰した時期がある。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たPerforma

    アップルは、Mac以前の製品Apple IIや本格的なDTP時代の到来をもたらしたMacintosh IIシリーズでは、簡単に開けられるボディに高い拡張性をそなえ、ボードの交換サービスで旧機種との互換性を保ちつつ長寿命を実現した製品を発表してきた。その一方で、簡潔なデザインに到達するために、「過去との互換性は画期的な製品進歩の抵抗である」(創業者であるジョブズの発言)として大胆に切り捨てるのも、よく知られた同社の伝統である。かつての低価格機種であるPerformaやLC、Classic等のシリーズでは拡張スロット(バス)が1基ないしは2基採用されて来たが、iMacやiBookではFireWireやUSBによる外部拡張のみとする設計思想が明確になった。密閉されたボディをもち、拡張ボードを挿すためのスロットが一切設けられなかった初代Macintoshを再現するかのように、iMacにおけるPCIスロットの廃止や、iBookにおけるPCカードスロットの省略、MacBook Airにおけるメモリスロットの排除などが行われた。Mac ProやMacBook Proなどの拡張性の高い機種でハードの拡張を行うことによって、随時OS等の進歩についていくことが容易になる一方、ハードウェアの高性能化に追随するには内部拡張を行うより買い替えてしまったほうが割安な場合もある。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たパームレスト

    現在のノートパソコンのほとんど(ThinkPadの旧モデルや一部のモバイル機を除く)は、キーボードの手前にパームレスト(コンピュータを操作中に手首を載せる部分)を配置し、その中央部にタッチパッド(トラックパッド)を搭載している。このデザインはアップルによって初めてポータブルコンピュータに導入されたものである。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たUnified Extensible Firmware Interface

    インテルのプロセッサを採用しているが、Windows XPがインテル搭載Macの採用するファームウェア "EFI" に対応していないことから既存のWindows XPを動作させることは当初疑問視されていたが、アップルからFirmware UpdateとBoot Campベータ版の提供が開始されたことにより、Intel Mac上でWindows XP SP2を動作させることができるようになった。Boot Campは2007年10月に発売されたMac OS X v10.5 Leopardで標準機能として含まれた。また公式な対応ではないが、ブートローダをEFIに対応させたLinuxなどWindows以外の一部のOSも起動が確認されている。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たLisa (コンピュータ)

    1979年に創業者スティーブ・ジョブズらがゼロックス社のPARCを訪問した際に、アラン・ケイらが構築した暫定Dynabook環境(Smalltalk-76をGUI OSとして動作するAlto)にインスピレーションを得て、ジョブズが陣頭指揮を執るLisaのプロジェクトに大きな影響を与えることになる。ほどなくしてLisaプロジェクトから外されたジョブズがMacintoshプロジェクトをのっとったことにより、ケイらのSmalltalkのGUIの特徴(オーバーラップするウインドウ、メニュー中心のマウスを使った操作、マルチフォント等)とゼロックス社が一足さきに製品化したStarシステムの特徴(アイコンベースのファイラ)を併せ持つLisaの廉価版という位置づけの製品へと舵の方向が大きく切られることになった。Macintosh フレッシュアイペディアより)

266件中 91 - 100件表示