266件中 101 - 110件表示
  • Macintosh

    Macintoshから見たSIMM

    30ピンのSIMMメモリースロットを採用し1MB(最大4MB)となる。SCSIを標準で搭載。このためスペースの関係上、シリアルポートのコネクタ形状がD-sub 9ピンから丸型DIN 8ピンに変更された(この機種ではまだADBが用いられていない)。EGWORDにより日本語が使えるようになった初めてのMac。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たコマンドキー

    Macのキーボードは使用頻度の高いキーをタイピングしやすい位置に配置し、シンプルですっきりした外観になっている。Windowsで利用されているキーボードと比較するとDeleteキーが一つ(バックスペースを兼ねる)、コマンドキーとオプションキーがある、テンキーが標準では省略されている、PrintScreenなどの機能キーが存在しない、などの違いがある。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たイースシリーズ

    1987年-1991年の当時、日本で発売されていたパーソナルコンピュータとしては、コンピュータ用ロールプレイングゲーム イースシリーズが1本も移植されていない2例のうちの1つである(もう1例は富士通のFM TOWNS)。「イースI」の発売された1987年当時、日本においてMacはホビーユースに気軽に買えるような値段ではなかったので当然の流れといえたが(Apple IIには移植されている)、LC(初代LC)などの手頃な価格のカラー機が登場した1990年代に入って以降も、現在に至るまで1タイトルも移植されていない。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見た地球シミュレータ

    バージニア工科大学は、2003年に1,100台のPowerMac G5 Dual 2 GHz(2004年 - 2008年は、1,150台のXserve G5 2.3 GHz Clusterモデル。)を繋げて並列計算させるスーパーコンピュータ System X を構築した。このコンピュータは、2003年11月16日にTOP500 Supercomputer sites が発表したランキングで、世界第3位の計算速度にランクされた。大学自身による構築であったため、このシステムにかかった費用は約520万ドルで、スーパーコンピュータとして破格の安価であった(当時第1位のスーパーコンピュータであった地球シミュレータの開発費は5億ドル以上)。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たパロアルト研究所

    1979年に創業者スティーブ・ジョブズらがゼロックス社のPARCを訪問した際に、アラン・ケイらが構築した暫定Dynabook環境(Smalltalk-76をGUI OSとして動作するAlto)にインスピレーションを得て、ジョブズが陣頭指揮を執るLisaのプロジェクトに大きな影響を与えることになる。ほどなくしてLisaプロジェクトから外されたジョブズがMacintoshプロジェクトをのっとったことにより、ケイらのSmalltalkのGUIの特徴(オーバーラップするウインドウ、メニュー中心のマウスを使った操作、マルチフォント等)とゼロックス社が一足さきに製品化したStarシステムの特徴(アイコンベースのファイラ)を併せ持つLisaの廉価版という位置づけの製品へと舵の方向が大きく切られることになった。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たRISC

    1991年に、アップルとIBM、モトローラが提携を発表し、3社によるRISCチップのPowerPCが開発されることとなる。このPowerPCは従来と比較して圧倒的な高性能ではあったが、680x0シリーズとは互換性がなく、今までのソフトウェア資産を利用するにはMac OS側で68LC040チップ相当のコードをPowerPC命令に動的コード変換をすることでソフトウェア互換を確保した。Mac OSのコード変換機構はPowerPCコードと680x0コードの混在するソフトウェアを実行可能で、開発者は動作速度に影響を及ぼす使用頻度の高いコードから順次PowerPCコードへの書き換えを進めることができた。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たATOK

    現行のmacOS環境で稼動するパッケージソフトウェアのうち、主要なものを挙げる。ここで挙げられている他社製のソフトウェアは、すべてWindows版も存在する。また、アプリケーションではないのでリストには挙げられていないが、ジャストシステムが日本語入力プログラムATOKを提供している。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たブートローダ

    インテルのプロセッサを採用しているが、Windows XPがインテル搭載Macの採用するファームウェア "EFI" に対応していないことから既存のWindows XPを動作させることは当初疑問視されていたが、アップルからFirmware UpdateとBoot Campベータ版の提供が開始されたことにより、Intel Mac上でWindows XP SP2を動作させることができるようになった。Boot Campは2007年10月に発売されたMac OS X v10.5 Leopardで標準機能として含まれた。また公式な対応ではないが、ブートローダをEFIに対応させたLinuxなどWindows以外の一部のOSも起動が確認されている。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たClassic

    CPUには発売以来モトローラ製のMC68000系が採用されていたが、1994年にはIBM・モトローラとともにPowerPCを共同開発してMC68000系から切り替えた。2006年からインテルのIA-32やIntel 64ベースのCPUと旧来のPC/ATハードウェアとは違うUEFIでブートするハードウェアを持つようになった。Intel Macに対応するMac OS X v10.4以降は、Mac OS 9.2.2以前のソフトウェアの実行環境(Classic環境)が廃止され、Mac OS 9.2.2以前用のソフトウェアが動作しなくなった。Mac OS X Lion以降では、インテル対応ソフトウェアのみが動作するようになった。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たDIMM

    Performaシリーズでは初のミニタワー型筐体で、PowerPC 603eを搭載している。筐体上部には隠された専用5インチベイが存在し、本国ではこのベイ専用のマウントが存在した。ロジックはPower Macintosh 8500等と同様の5V作動168ピンDIMMを採用し、CS-II(CSとは一部のモデムカードのみ互換性があるが、基本的に別物)やPower Macシリーズと同様のPCIバススロットを持つAlchemyロジックを搭載しているが、この64X0も筐体構造の問題からハーフサイズ6インチ長のカードに限られた。PCIスロットは二つ(Alchemyと後述するGazelleのPCIスロットは仕様上は最大二つで、筐体とライザーカードにより変わる)。名称はクロックによって分けられており、6410は180MHz、6420は200MHzとされていた。6420ではトリニトロン管の17インチディスプレイが付属していたが、グラフィック性能の悪さからフルカラー出力ができないお粗末なものであった(6410は15インチか17インチを選択できた)。Macintosh フレッシュアイペディアより)

266件中 101 - 110件表示