266件中 131 - 140件表示
  • Macintosh

    Macintoshから見たMozilla

    なお、ここで挙げられているもののほか、中小ベンダによるアプリケーションソフトウェアが多数あり、その中にはmacOS版しかないものもある。さらに、Mozilla、Googleのソフトウェアなど、他OSでも定番となっているクロスプラットフォームの無料ソフトウェアも多数利用可能。UNIXの知識があれば、UNIX向けのソフトウェアも利用可能になる。(初期状態でシェルからの基本的なUNIXの各種コマンドなどは利用できる。ただし、初期状態では開発環境は入っていないので、ソースコードで配布されているソフトをインストールする場合、macOSのメディアから開発環境である「Xcode」をインストールする必要がある)Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たMC68020

    Macintosh 初の完全32ビット機かつカラー対応の機種。16MHzの68020 MPUと68881 FPUを搭載し、オプションの68851 PMMU (Paged Memory Management Unit) を追加することで仮想記憶にも対応できた。FDDは800KB(後に2HD対応のアップグレードが出た)。FDDが800KBの機種は、この機種および前述のSEの前期型まで。30ピンSIMMスロット8本でRAMは最大8MB(68851 PMMUを搭載させた上で漢字Talk 7.1でMODE32もしくは32-Bit System Enablerを利用すれば、128MBまで利用できる)。IIおよびIIx、IIfxはビデオ回路を内蔵しておらず、ビデオカードに1スロット消費する。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たMacintosh 128K

    社内ライバルとも言えるLisaの完成から遅れること一年、1984年1月24日に初代Macintoshが発売された。発売当時の価格は2495ドルであった。初代MacintoshではOSや基本的なアプリがすべてROMに収容されていたため、メモリーやストレージの負担が小さく128kBのメモリーで多くの業務が可能であった。しかし大きなアプリケーションではメモリーが不足し、またフロッピーディスクをたびたび入れ替える必要があるなど実用性に問題があった。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たWWDC

    2005年6月6日、開発者向けのイベントWWDC 2005 において、1年後以降の消費電力あたりの性能向上が著しいことを理由に、2006年半ばよりCPUをPowerPCからインテルx86系のものへと順次切り替えていくことがアップルより発表された。2006年1月10日に前倒しでIntel Core Duoを搭載したiMacおよびMacBook Proが発表された。PowerPCベースのソフトはダイナミックリコンパイルソフトウェア"Rosetta"(ロゼッタ)を使うことでインテルプロセッサ上での動作が可能となる。また、PowerPCベースのコードとIntel Core向けのコードの双方を組み込んだUniversal Binaryもある。最初のIntel Core(Core Duoも含む)は32ビットであったが、64ビット版のIntel Core 2やXeon 5100シリーズのリリースとともにPower Mac G5の後継となるMac Proでは64ビット版インテルチップが搭載された。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たホイール

    PC/AT互換機とWindows陣営は長らく2ボタンマウスを採用して来たことから、Mac OS 8以降ではWindowsの右ボタンに相当するコンテキストメニューを採用するようになる。効率的な操作を追求するユーザーにはコンテキストメニューやExposéをマウスからワンクリックで呼び出すために、サードパーティーの多ボタンマウスを導入する者も少なくなかった。アップルはこれを受けて2005年にはMighty Mouseを発表した。Mighty Mouseは機械的には従来のワンボタンマウスのように1つのボタンがマウス全体を覆ったような形をしているが、マウスの特定部分(通常のクリックを左側、コンテキストメニューは右側に設定することが多い)が押されたことを電気的に検知することで多機能を実現している。また、ユーザーの設定で検知機能をオフにし、ワンボタンマウスと同じように使うこともできた。左右のボタンを強く押し込むと、Exposéが発動する。ホイールのようなスクロール機能を持つ小型のトラックボールも備えていたが、指の垢や埃が溜まるにつれてトラックボールの感度が著しく低下するという欠点があった。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たAdobe Photoshop Elements

    アドビシステムズ - Creative Suite、Photoshop、Photoshop Elements、Premere、Illustrator、Dreamweaver、Flash、InDesign、Acrobat、After Effects、Audition他Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たApple Desktop Bus

    30ピンのSIMMメモリースロットを採用し1MB(最大4MB)となる。SCSIを標準で搭載。このためスペースの関係上、シリアルポートのコネクタ形状がD-sub 9ピンから丸型DIN 8ピンに変更された(この機種ではまだADBが用いられていない)。EGWORDにより日本語が使えるようになった初めてのMac。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たPowerPC 970

    その後2003年には広帯域のCPUバスと強力な浮動小数点演算機能をもつ64ビットのPowerPC G5 (PowerPC 970) を搭載したPowerMac G5が登場した。これは一般向けのパソコンでは初となる64ビットCPU搭載マシンであり、4GBを上回るメモリ搭載が可能となった。OSの64ビット化はハードウェアよりもかなり遅れ、2005年のMac OS X v10.4 Tigerで部分的に64ビット対応となり、2007年のMac OS X v10.5 LeopardでCocoaを含めて64ビットに対応することとなった。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たカーネギーメロン大学

    MachTen : カーネギーメロン大学で研究されていたBSD派生のMachカーネルを持ち、Mac用UNIX互換環境としては割と古い部類に入る。当時このMachを用いているOSは少なく、NEXTSTEPとこのMachTenの他は数種しか存在していなかった。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たAdobe Premiere

    アドビシステムズ - Creative Suite、Photoshop、Photoshop Elements、Premere、Illustrator、Dreamweaver、Flash、InDesign、Acrobat、After Effects、Audition他Macintosh フレッシュアイペディアより)

266件中 131 - 140件表示