266件中 41 - 50件表示
  • Macintosh

    Macintoshから見たLinuxディストリビューション

    その他にも、Ubuntu、SUSE、Fedora、Debian、Gentoo、Vine など様々なディストリビューションが対応している。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たMicrosoft Windows XP

    インテルのプロセッサを採用しているが、Windows XPがインテル搭載Macの採用するファームウェア "EFI" に対応していないことから既存のWindows XPを動作させることは当初疑問視されていたが、アップルからFirmware UpdateとBoot Campベータ版の提供が開始されたことにより、Intel Mac上でWindows XP SP2を動作させることができるようになった。Boot Campは2007年10月に発売されたMac OS X v10.5 Leopardで標準機能として含まれた。また公式な対応ではないが、ブートローダをEFIに対応させたLinuxなどWindows以外の一部のOSも起動が確認されている。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たAdobe Illustrator

    アドビシステムズ - Creative Suite、Photoshop、Photoshop Elements、Premere、Illustrator、Dreamweaver、Flash、InDesign、Acrobat、After Effects、Audition他Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見た教育

    1997年に買収したNeXTの技術ベースのOS、 Mac OS X(現・macOS) に2001年に移行して以来、Mathematicaが移植される等、Unix系ソフトウェアが容易に移植できるようになり、理学・工学分野での採用例も増えた。アメリカ合衆国では教育分野(初等教育から高等教育機関)でよく利用される。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見た林檎

    1979年、開発チームのジェフ・ラスキン (Jef Raskin) が、当時の会長であるマイク・マークラに自分が好きな林檎の品種名から着想して綴りを変えた名称の「Macintosh」という製品のアイデアを話したことに始まる。本来の林檎の品種ではMcIntoshの綴りだが、主に同名のオーディオ製品と区別するために「Mc」の間に「a」を入れたことによって現在もそのまま用いられている。ジェフ・ラスキンがはじめた「Macintosh」プロジェクトにおける設計案は、現在知られる「Macintosh」とは、基本的なコンセプトが大きく異なっており、(ラスキンがアップル退社後に開発したキヤノン・キャットに似た)テキストベースのインターフェースを持つマシンとして構想されていた。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たGoogle

    なお、ここで挙げられているもののほか、中小ベンダによるアプリケーションソフトウェアが多数あり、その中にはmacOS版しかないものもある。さらに、Mozilla、Googleのソフトウェアなど、他OSでも定番となっているクロスプラットフォームの無料ソフトウェアも多数利用可能。UNIXの知識があれば、UNIX向けのソフトウェアも利用可能になる。(初期状態でシェルからの基本的なUNIXの各種コマンドなどは利用できる。ただし、初期状態では開発環境は入っていないので、ソースコードで配布されているソフトをインストールする場合、macOSのメディアから開発環境である「Xcode」をインストールする必要がある)Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たLinux

    インテルのプロセッサを採用しているが、Windows XPがインテル搭載Macの採用するファームウェア "EFI" に対応していないことから既存のWindows XPを動作させることは当初疑問視されていたが、アップルからFirmware UpdateとBoot Campベータ版の提供が開始されたことにより、Intel Mac上でWindows XP SP2を動作させることができるようになった。Boot Campは2007年10月に発売されたMac OS X v10.5 Leopardで標準機能として含まれた。また公式な対応ではないが、ブートローダをEFIに対応させたLinuxなどWindows以外の一部のOSも起動が確認されている。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たフロッピーディスク

    初代。その大きさはオフィスにおける電話のサイズから作られた。OSの性能にくらべ、RAM領域が128Kと狭く、実用性に乏しいものであった。68000CPU (8MHz) を採用し、400KB(片面の1DD)フロッピーディスクドライブ (FDD) 内蔵。筐体デザインはよくフロッグデザインと誤解されるが、ジェリー・マノック(アップル)の手によるものである。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たUNIX

    2001年以降、macOSがUNIXベースのものであること(Mac OS X v10.5からは正式なUNIXとなった)により、UNIXユーザの注目を集めており、販売ベースで世界最大のUNIXマシンである。さらに、アップルは、Final Cutの買収と発売 以降、映像関係のアプリケーションをリリースして映像業界の市場を開拓した。一方、印刷・出版・デザイン・音楽関係などの古くからのユーザは Mac OS 9以前のバージョンのOSを使用し続けていることが多かったが、現在ではそれらの業種でもmacOSが主流になっている。Macintosh フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たジェフ・ラスキン

    1979年、開発チームのジェフ・ラスキン (Jef Raskin) が、当時の会長であるマイク・マークラに自分が好きな林檎の品種名から着想して綴りを変えた名称の「Macintosh」という製品のアイデアを話したことに始まる。本来の林檎の品種ではMcIntoshの綴りだが、主に同名のオーディオ製品と区別するために「Mc」の間に「a」を入れたことによって現在もそのまま用いられている。ジェフ・ラスキンがはじめた「Macintosh」プロジェクトにおける設計案は、現在知られる「Macintosh」とは、基本的なコンセプトが大きく異なっており、(ラスキンがアップル退社後に開発したキヤノン・キャットに似た)テキストベースのインターフェースを持つマシンとして構想されていた。Macintosh フレッシュアイペディアより)

266件中 41 - 50件表示