132件中 11 - 20件表示
  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見たTHE WALLS

    1985年、同じ関東高等学校(現・聖徳学園高等学校)に通う桜井和寿・田原健一・中川敬輔が中心となり5人組バンド「Beatnik」を結成し、1987年にバンド名を「THE WALLS」に改名。1988年、田原、中川の中学時代の同級生で他のバンドで活動していた鈴木英哉が加入して現在の4人体制となる。1989年1月1日に「Mr.Children」と改名した。その後ライブハウス「渋谷La.mama」を中心に約3年5か月間アマチュアとして活動し、1991年11月には後に20年以上にわたって全作品のプロデュースを勤めることとなる小林武史と初めて対面する。小林はMr.Childrenとの初対面を「(雰囲気が)暗いし、演奏も決して上手くは無かった」と回想している。1992年5月10日に小林プロデュースでミニアルバム『EVERYTHING』を発売し、トイズファクトリーからメジャーデビュー。アマチュア時代からライブチケットを完売できるほど人気が高かったため、関係者からは期待されていたが数年の間は全く売れなかった(同期のバンドの中で最も売れなかったとメンバーは語っている。同期にはスピッツなどがいる)。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見た脳梗塞

    1997年4月から活動休止期間に入り、1年半の休止期間を経て1998年10月に15thシングル「終わりなき旅」で本格的に活動を再開。2001年には区切りとなる2枚のベストアルバム『Mr.Children 1992-1995』『Mr.Children 1996-2000』を発売し、2002年にはデビュー10周年を迎えた。同年桜井が小脳梗塞を患ったため、一時はその後のアーティスト生命が危ぶまれたものの、半年の療養を経て24thシングル「HERO」で音楽活動を再開。2004年には「Sign」でバンドとしては史上初となる2度目の日本レコード大賞を受賞。2007年には13thアルバム『HOME』で初のオリコン年間アルバムチャート1位を獲得した。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見たトイズファクトリー

    Mr.Children(ミスターチルドレン)は、日本のロック・バンド。略称は「ミスチル」。音楽プロデューサーは小林武史。所属事務所は烏龍舎。所属レコード会社はトイズファクトリー。公式ファンクラブ名は「FATHER&MOTHER」。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見たBank Band

    2004年1月:Bank Bandを小林と桜井を中心に結成し、活動を始める。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見たロバート・キャパ

    「THE WALLS」から「Mr.Children」に改名したのは、正確には1988年12月末。渋谷のファミリーレストラン「ロイヤルホスト」に4人が集合し、紙ナプキンに書いて案を出し合った。まずは在り来りな「THE」から始まるバンド名はもう止めるということで意見が一致。そして4人は当時「チルドレン」という言葉の響きを気に入っていて、好きなものにもそれを含む名称が多かった。イギリスのバンド「THE MISSION」が1988年に発売したアルバム『CHILDREN』、同じくイギリスのバンド「The Railway Children」、世界中の飢えや貧困に苦しむ子供を写したロバート・キャパの写真集『戦争・平和・子どもたち』など。ただ、大人になった後も「Children」のままでは困るため、正反対の「Mr.」を付けることになった。そして切りが良いという理由で公的な改名日を年明けの1989年1月1日に設定した。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見た田原健一

    1985年、同じ関東高等学校(現・聖徳学園高等学校)に通う桜井和寿・田原健一・中川敬輔が中心となり5人組バンド「Beatnik」を結成し、1987年にバンド名を「THE WALLS」に改名。1988年、田原、中川の中学時代の同級生で他のバンドで活動していた鈴木英哉が加入して現在の4人体制となる。1989年1月1日に「Mr.Children」と改名した。その後ライブハウス「渋谷La.mama」を中心に約3年5か月間アマチュアとして活動し、1991年11月には後に20年以上にわたって全作品のプロデュースを勤めることとなる小林武史と初めて対面する。小林はMr.Childrenとの初対面を「(雰囲気が)暗いし、演奏も決して上手くは無かった」と回想している。1992年5月10日に小林プロデュースでミニアルバム『EVERYTHING』を発売し、トイズファクトリーからメジャーデビュー。アマチュア時代からライブチケットを完売できるほど人気が高かったため、関係者からは期待されていたが数年の間は全く売れなかった(同期のバンドの中で最も売れなかったとメンバーは語っている。同期にはスピッツなどがいる)。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見た鈴木英哉

    1985年、同じ関東高等学校(現・聖徳学園高等学校)に通う桜井和寿・田原健一・中川敬輔が中心となり5人組バンド「Beatnik」を結成し、1987年にバンド名を「THE WALLS」に改名。1988年、田原、中川の中学時代の同級生で他のバンドで活動していた鈴木英哉が加入して現在の4人体制となる。1989年1月1日に「Mr.Children」と改名した。その後ライブハウス「渋谷La.mama」を中心に約3年5か月間アマチュアとして活動し、1991年11月には後に20年以上にわたって全作品のプロデュースを勤めることとなる小林武史と初めて対面する。小林はMr.Childrenとの初対面を「(雰囲気が)暗いし、演奏も決して上手くは無かった」と回想している。1992年5月10日に小林プロデュースでミニアルバム『EVERYTHING』を発売し、トイズファクトリーからメジャーデビュー。アマチュア時代からライブチケットを完売できるほど人気が高かったため、関係者からは期待されていたが数年の間は全く売れなかった(同期のバンドの中で最も売れなかったとメンバーは語っている。同期にはスピッツなどがいる)。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見た中川敬輔

    1985年、同じ関東高等学校(現・聖徳学園高等学校)に通う桜井和寿・田原健一・中川敬輔が中心となり5人組バンド「Beatnik」を結成し、1987年にバンド名を「THE WALLS」に改名。1988年、田原、中川の中学時代の同級生で他のバンドで活動していた鈴木英哉が加入して現在の4人体制となる。1989年1月1日に「Mr.Children」と改名した。その後ライブハウス「渋谷La.mama」を中心に約3年5か月間アマチュアとして活動し、1991年11月には後に20年以上にわたって全作品のプロデュースを勤めることとなる小林武史と初めて対面する。小林はMr.Childrenとの初対面を「(雰囲気が)暗いし、演奏も決して上手くは無かった」と回想している。1992年5月10日に小林プロデュースでミニアルバム『EVERYTHING』を発売し、トイズファクトリーからメジャーデビュー。アマチュア時代からライブチケットを完売できるほど人気が高かったため、関係者からは期待されていたが数年の間は全く売れなかった(同期のバンドの中で最も売れなかったとメンバーは語っている。同期にはスピッツなどがいる)。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見た桑田佳祐&Mr.Children

    1995年1月23日:サザンオールスターズの桑田佳祐との合同作品として、桑田佳祐&Mr\.Children名義でコラボレーションシングル「奇跡の地球」を発売。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見たthe pillows

    2006年9月26日-10月11日:全国のZepp会場にて、the pillowsと共に対バンツアーを開催。Mr.Childrenの対バンのツアーは2012年10月現在では最後となる。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

132件中 11 - 20件表示

「Mr.Children」のニューストピックワード