132件中 31 - 40件表示
  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見た烏龍舎

    Mr.Children(ミスターチルドレン)は、日本のロック・バンド。略称は「ミスチル」。音楽プロデューサーは小林武史。所属事務所は烏龍舎。所属レコード会社はトイズファクトリー。公式ファンクラブ名は「FATHER&MOTHER」。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見たHOME (Mr.Childrenのアルバム)

    1997年4月から活動休止期間に入り、1年半の休止期間を経て1998年10月に15thシングル「終わりなき旅」で本格的に活動を再開。2001年には区切りとなる2枚のベストアルバム『Mr.Children 1992-1995』『Mr.Children 1996-2000』を発売し、2002年にはデビュー10周年を迎えた。同年桜井が小脳梗塞を患ったため、一時はその後のアーティスト生命が危ぶまれたものの、半年の療養を経て24thシングル「HERO」で音楽活動を再開。2004年には「Sign」でバンドとしては史上初となる2度目の日本レコード大賞を受賞。2007年には13thアルバム『HOME』で初のオリコン年間アルバムチャート1位を獲得した。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見たMr.Children 2001-2005 <micro>

    現在もコンスタントに楽曲を発表し、ライブ活動も精力的に行なっており、デビュー20周年を迎える2012年5月10日には2度目のベストアルバム『Mr\.Children 2001-2005 <micro>』『Mr.Children 2005-2010 <macro>』を発売した。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見たMr.Children 1992-1995

    1997年4月から活動休止期間に入り、1年半の休止期間を経て1998年10月に15thシングル「終わりなき旅」で本格的に活動を再開。2001年には区切りとなる2枚のベストアルバム『Mr\.Children 1992-1995』『Mr.Children 1996-2000』を発売し、2002年にはデビュー10周年を迎えた。同年桜井が小脳梗塞を患ったため、一時はその後のアーティスト生命が危ぶまれたものの、半年の療養を経て24thシングル「HERO」で音楽活動を再開。2004年には「Sign」でバンドとしては史上初となる2度目の日本レコード大賞を受賞。2007年には13thアルバム『HOME』で初のオリコン年間アルバムチャート1位を獲得した。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見たEVERYTHING (アルバム)

    1985年、同じ関東高等学校(現・聖徳学園高等学校)に通う桜井和寿・田原健一・中川敬輔が中心となり5人組バンド「Beatnik」を結成し、1987年にバンド名を「THE WALLS」に改名。1988年、田原、中川の中学時代の同級生で他のバンドで活動していた鈴木英哉が加入して現在の4人体制となる。1989年1月1日に「Mr.Children」と改名した。その後ライブハウス「渋谷La.mama」を中心に約3年5か月間アマチュアとして活動し、1991年11月には後に20年以上にわたって全作品のプロデュースを勤めることとなる小林武史と初めて対面する。小林はMr.Childrenとの初対面を「(雰囲気が)暗いし、演奏も決して上手くは無かった」と回想している。1992年5月10日に小林プロデュースでミニアルバム『EVERYTHING』を発売し、トイズファクトリーからメジャーデビュー。アマチュア時代からライブチケットを完売できるほど人気が高かったため、関係者からは期待されていたが数年の間は全く売れなかった(同期のバンドの中で最も売れなかったとメンバーは語っている。同期にはスピッツなどがいる)。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見たMr.Children 1996-2000

    1997年4月から活動休止期間に入り、1年半の休止期間を経て1998年10月に15thシングル「終わりなき旅」で本格的に活動を再開。2001年には区切りとなる2枚のベストアルバム『Mr.Children 1992-1995』『Mr\.Children 1996-2000』を発売し、2002年にはデビュー10周年を迎えた。同年桜井が小脳梗塞を患ったため、一時はその後のアーティスト生命が危ぶまれたものの、半年の療養を経て24thシングル「HERO」で音楽活動を再開。2004年には「Sign」でバンドとしては史上初となる2度目の日本レコード大賞を受賞。2007年には13thアルバム『HOME』で初のオリコン年間アルバムチャート1位を獲得した。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見たMr.Children 2005-2010 <macro>

    現在もコンスタントに楽曲を発表し、ライブ活動も精力的に行なっており、デビュー20周年を迎える2012年5月10日には2度目のベストアルバム『Mr.Children 2001-2005 <micro>』『Mr\.Children 2005-2010 <macro>』を発売した。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見た終わりなき旅

    1997年4月から活動休止期間に入り、1年半の休止期間を経て1998年10月に15thシングル「終わりなき旅」で本格的に活動を再開。2001年には区切りとなる2枚のベストアルバム『Mr.Children 1992-1995』『Mr.Children 1996-2000』を発売し、2002年にはデビュー10周年を迎えた。同年桜井が小脳梗塞を患ったため、一時はその後のアーティスト生命が危ぶまれたものの、半年の療養を経て24thシングル「HERO」で音楽活動を再開。2004年には「Sign」でバンドとしては史上初となる2度目の日本レコード大賞を受賞。2007年には13thアルバム『HOME』で初のオリコン年間アルバムチャート1位を獲得した。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見た第36回日本レコード大賞

    1993年発売の4thシングル「CROSS ROAD」がオリコンチャートで最高順位が6位ながらも50週チャートインするロングヒットで初のミリオンセラーを達成すると、1994年発売の5thシングル「innocent world」で同チャート初登場1位を獲得。同年の年間シングルチャートでも1位を獲得し、同曲で第36回日本レコード大賞・大賞を受賞した。1995年には当時の史上最速記録でオリコン集計によるシングル総売上が1000万枚を突破、その後は11thシングル「花 -Mémento-Mori-」までの8作連続でミリオンセラーを記録するなど一気に邦楽界のトップシーンに登り詰めた。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見たCROSS ROAD (Mr.Childrenの曲)

    1993年発売の4thシングル「CROSS ROAD」がオリコンチャートで最高順位が6位ながらも50週チャートインするロングヒットで初のミリオンセラーを達成すると、1994年発売の5thシングル「innocent world」で同チャート初登場1位を獲得。同年の年間シングルチャートでも1位を獲得し、同曲で第36回日本レコード大賞・大賞を受賞した。1995年には当時の史上最速記録でオリコン集計によるシングル総売上が1000万枚を突破、その後は11thシングル「花 -Mémento-Mori-」までの8作連続でミリオンセラーを記録するなど一気に邦楽界のトップシーンに登り詰めた。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

132件中 31 - 40件表示

「Mr.Children」のニューストピックワード