132件中 41 - 50件表示
  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見たMr.Children "HOME" TOUR 2007 -in the field-

    アルバムを発売した後はツアーの名前にアルバムの名前を含んだライブツアーを行っており、時にはドームやスタジアムなどの大規模な会場でアルバム名を含めたツアー名でライブを行うこともある。「ap bank fes」を除いた野外ライブの参加がなくなった一方で、『HOME』から『SENSE』までは、例としてアルバム『HOME』発売後に『Mr.Children "HOME" TOUR 2007』『Mr\.Children "HOME" TOUR 2007 -in the field-』といった1つのアルバムごとに、2度のライブツアーを行っている。アルバムの後に行うツアーではアルバムツアーをし、その次に行うライブツアーではドームやスタジアムなどでライブを行っている。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見たmusic clips ALIVE

    公式にミュージックビデオ集として発売されたのは『music clips ALIVE』のみで、VHSとLDでの発売となっていたためDVD化はされていない(収録曲は「タイムマシーンに乗って」「Everything (It's you)」「花 -Mémento-Mori-」「Brandnew my lover」「ボレロ」「ALIVE」の6曲)。ベストアルバム『Mr.Children 2001-2005 <micro>』『Mr.Children 2005-2010 <macro>』の初回限定盤に付属するDVDに、「優しい歌」から「エソラ」までの制作されたミュージックビデオ(「ひびき」を除く)が10曲ずつ計20曲収録されている。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見たMr.Children / Split The Difference

    メジャーデビューアルバム『EVERYTHING』では「Mr.Children」と「MR.CHILDREN」の表記(表ジャケットと中ジャケット)、さらに「MR. CHILDREN」(スペース有り)や「Mr.CHILDREN」という表記も混在しており、それ以降の作品や雑誌などでも箇所によって表記が異なるものが数多く存在している。略称は「ミスチル」で定着しており、メンバーが「ミスチル」と略すことは少ないが、『Mr\.Children / Split The Difference』では桜井が「ミスチルの顔出し看板を作ってほしい」と発言したことが確認できる。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見たSign (Mr.Childrenの曲)

    1997年4月から活動休止期間に入り、1年半の休止期間を経て1998年10月に15thシングル「終わりなき旅」で本格的に活動を再開。2001年には区切りとなる2枚のベストアルバム『Mr.Children 1992-1995』『Mr.Children 1996-2000』を発売し、2002年にはデビュー10周年を迎えた。同年桜井が小脳梗塞を患ったため、一時はその後のアーティスト生命が危ぶまれたものの、半年の療養を経て24thシングル「HERO」で音楽活動を再開。2004年には「Sign」でバンドとしては史上初となる2度目の日本レコード大賞を受賞。2007年には13thアルバム『HOME』で初のオリコン年間アルバムチャート1位を獲得した。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見た花 -Memento-Mori-

    1993年発売の4thシングル「CROSS ROAD」がオリコンチャートで最高順位が6位ながらも50週チャートインするロングヒットで初のミリオンセラーを達成すると、1994年発売の5thシングル「innocent world」で同チャート初登場1位を獲得。同年の年間シングルチャートでも1位を獲得し、同曲で第36回日本レコード大賞・大賞を受賞した。1995年には当時の史上最速記録でオリコン集計によるシングル総売上が1000万枚を突破、その後は11thシングル「花 -Mémento-Mori-」までの8作連続でミリオンセラーを記録するなど一気に邦楽界のトップシーンに登り詰めた。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見たMR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012

    1度のライブにおける平均的なデータとしては曲数は23曲前後、公演時間は約2時間30分-3時間30分。MCは桜井が単独で話す場合が多いが、『MR\.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012』では鈴木も話していた。MCの時間は1994年から徐々に減り始め、1996年からは1度のライブで数回行われるMC時間を合計しても15分程度になり、曲を聴いて欲しいという姿勢が顕著になっている。ライブ中は田原と中川と鈴木は例外を省き、定位置から動かず演奏しているが、ミニステージが会場中央に設置されているライブではそこにメンバー全員が移動して演奏することがある。積極的にステージ上を動いて観客を盛り上げるのは桜井の役目になっている。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見たinnocent world

    1993年発売の4thシングル「CROSS ROAD」がオリコンチャートで最高順位が6位ながらも50週チャートインするロングヒットで初のミリオンセラーを達成すると、1994年発売の5thシングル「innocent world」で同チャート初登場1位を獲得。同年の年間シングルチャートでも1位を獲得し、同曲で第36回日本レコード大賞・大賞を受賞した。1995年には当時の史上最速記録でオリコン集計によるシングル総売上が1000万枚を突破、その後は11thシングル「花 -Mémento-Mori-」までの8作連続でミリオンセラーを記録するなど一気に邦楽界のトップシーンに登り詰めた。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見た奇跡の地球

    年間シングルチャートトップ10獲得作品数:14作(「奇跡の地球」含む・歴代2位)Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見たHERO (Mr.Childrenの曲)

    1997年4月から活動休止期間に入り、1年半の休止期間を経て1998年10月に15thシングル「終わりなき旅」で本格的に活動を再開。2001年には区切りとなる2枚のベストアルバム『Mr.Children 1992-1995』『Mr.Children 1996-2000』を発売し、2002年にはデビュー10周年を迎えた。同年桜井が小脳梗塞を患ったため、一時はその後のアーティスト生命が危ぶまれたものの、半年の療養を経て24thシングル「HERO」で音楽活動を再開。2004年には「Sign」でバンドとしては史上初となる2度目の日本レコード大賞を受賞。2007年には13thアルバム『HOME』で初のオリコン年間アルバムチャート1位を獲得した。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

  • Mr.Children

    Mr.Childrenから見たap bank

    アルバムを発売した後はツアーの名前にアルバムの名前を含んだライブツアーを行っており、時にはドームやスタジアムなどの大規模な会場でアルバム名を含めたツアー名でライブを行うこともある。「ap bank fes」を除いた野外ライブの参加がなくなった一方で、『HOME』から『SENSE』までは、例としてアルバム『HOME』発売後に『Mr.Children "HOME" TOUR 2007』『Mr.Children "HOME" TOUR 2007 -in the field-』といった1つのアルバムごとに、2度のライブツアーを行っている。アルバムの後に行うツアーではアルバムツアーをし、その次に行うライブツアーではドームやスタジアムなどでライブを行っている。Mr.Children フレッシュアイペディアより)

132件中 41 - 50件表示