90件中 51 - 60件表示
  • My Little Lover

    My Little Loverから見たHEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP

    akkoと藤井の2人で出演していた頃は『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』に出るとダウンタウンから「デートの帰りですか?」と冷やかされていた。My Little Lover フレッシュアイペディアより)

  • My Little Lover

    My Little Loverから見た日本

    My Little Lover(マイ・リトル・ラバー)は、日本の音楽ユニット。以前は小林武史、藤井謙二が所属していたが、現在はボーカルのakkoのソロプロジェクトとして活動している。所属事務所は烏龍舎、現在の所属レコード会社はOORONG RECORDS。略称は「マイラバ」。My Little Lover フレッシュアイペディアより)

  • My Little Lover

    My Little Loverから見た日傘 〜japanese beauty〜

    そうした2年半以上の沈黙を経て、2001年2月28日、アルバムからの先行シングルとして『shooting star 〜シューティングスター〜』を発表。続く2001年4月18日に『日傘 〜japanese beauty〜』が発売される。My Little Lover フレッシュアイペディアより)

  • My Little Lover

    My Little Loverから見たエレクトリックベース

    1stアルバム『evergreen』からメンバーに加入。ほとんど全ての作詞作曲、編曲を行い、バンドの音楽プロデューサーだった。PVや音楽番組ではベースを演奏していたこともある。2006年にエイベックスへ移籍した際、メンバーから脱退しているが、MY LITTLE LOVER の公式ホームページ上には小林のプロファイルが記載されており、脱退後も楽曲提供、アレンジ、プロデュースを行っている。My Little Lover フレッシュアイペディアより)

  • My Little Lover

    My Little Loverから見たANIMAL LIFE

    この後は長期でシングルを単発的に出すこととなった。その中で1stアルバムで提示した世界観とは異なった様々なスタイルが発表される。『ALICE』(1996年4月22日)が100万枚を超える大ヒット。同年中に『NOW AND THEN 〜失われた時を求めて〜』(1996年10月28日)、『YES 〜free flower〜』(1996年12月2日)とシングルを発表。『ANIMAL LIFE』(1997年6月25日)ではMY LITTLE LOVER featuring AKKO名義で発表され、akkoと3人の女性という奇抜な編成でメディアに登場した。『Shuffle』(1997年8月20日)はCMにも使われヒット。その後も『Private eyes』(1997年11月12日)(初の12cmシングル)、『空の下で』(1998年1月21日)とシングルリリースが続いた。My Little Lover フレッシュアイペディアより)

  • My Little Lover

    My Little Loverから見たHAPPY END PARADE〜tribute to はっぴいえんど〜

    HAPPY END PARADE〜tribute to はっぴいえんど〜(2002年5月22日)My Little Lover フレッシュアイペディアより)

  • My Little Lover

    My Little Loverから見たiTunes Store

    2007年度から週刊誌でも度々噂は流れていたが、2008年1月に小林とakkoが離婚したことが正式に発表された。小林は「自分はメンバーではないが、ただ、マイラバの事務所の社長としてマイラバとの付き合いはずっと続きます」と語っている。2008年3月から5月までシングルを2曲、小林武史の作曲で出すと発表し、3曲目はアルバム作品として5月に発売された。デビュー日の5月1日に1夜限りのアニバーサリーライブを決行。ゲストで小林が出演。同日に7枚目のアルバム『アイデンティティー』を発売。7月21日に、小林武史と櫻井和寿が主催の野外フェスティバル、ap bank fes '08に初出演。数日後にはHIGHER GROUND 2008やSETSTOCK'08、8月にはa-nationと、立て続けに野外フェスティバルに出演した。近年は歌番組やトーク番組にもときおり登場し、iTunes Store限定配信のアコースティックアレンジアルバム『acoakko』でもストア内ランキング1位を獲得した。My Little Lover フレッシュアイペディアより)

  • My Little Lover

    My Little Loverから見たり・ぼん

    11月8日にシングル『り・ぼん(c/w インスピレーション)』、12月6日にアルバム『akko』を発売。小林は作詞、作曲、編曲に関わっていないが、キーボーディストとして数曲参加しており、アルバムにはエグゼクティブ・プロデューサーとしてクレジットされている。My Little Lover フレッシュアイペディアより)

  • My Little Lover

    My Little Loverから見たFANTASY (MY LITTLE LOVERのアルバム)

    2004年にアルバム『FANTASY』を発表。シングル曲を一切含まない、すべて書き下ろしのオリジナルアルバムで、大規模な宣伝は行われず、メディア露出も雑誌インタビュー程度と少なめであった。その後、同名映画の主題歌「深呼吸の必要」を収録したシングル『風と空のキリム(2004年4月28日)』を発売。その後はまたしても長い沈黙期間に入る。My Little Lover フレッシュアイペディアより)

  • My Little Lover

    My Little Loverから見たMan & Woman/My Painting

    小林武史が、知人に紹介され関心を持ったakkoと、かねてよりデビューさせたかったというギタリストの藤井謙二の2人組ユニットをプロデュースする形でMY LITTLE LOVERとして、1995年5月1日にデビューさせた。曲は小林がほぼ全て作詞、作曲、アレンジした。二人はテレビにも出演したこともあり、『Man & Woman/My Painting』(最高位7位)(1995年5月1日)、『白いカイト』(最高位11位)(1995年7月3日)はいずれも50万枚を超え、新人としては高セールスを見せた。さらに翌月『Hello, Again 〜昔からある場所〜』(1995年8月21日)を発売。ドラマ主題歌でもあったこの曲が大ヒット。180万枚を超え、トップミュージシャンとして認知されることになる。また、小林はMr.Childrenのプロデューサーとしても大ブレイクしている最中で、その手腕の高さが評価された。その冬には1stアルバム『evergreen』をリリース。約280万枚を売り上げた。My Little Lover フレッシュアイペディアより)

90件中 51 - 60件表示