866件中 91 - 100件表示
  • ザ・アンモナイト

    ザ・アンモナイトから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    2008年10月、共にピン芸人として活動していた安達しほり(旧名・安達女史)とよしこさんにより結成。同月に行われ「M-1グランプリ」1回戦に出場、2回戦まで進出。その後も「ホリプロお笑いジェンヌライブ」など各ライブなどにコンビで出演。なお、よしこさんは結成後しばらくはピン芸人としての出演もあった。ザ・アンモナイト フレッシュアイペディアより)

  • いなかのくるま (お笑いコンビ)

    いなかのくるま (お笑いコンビ)から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    M-1グランプリ 2015 三回戦敗退いなかのくるま (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • 女芸人No.1決定戦 THE W

    女芸人No.1決定戦 THE Wから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    M-1グランプリ」(朝日放送・テレビ朝日共同制作、テレビ朝日系列)や「R-1ぐらんぷり」(関西テレビ制作、フジテレビ系列)、「キングオブコント」(TBSテレビ制作)及び過去にコンテストとして実施された「THE MANZAI」(フジテレビ制作)に次ぐ吉本興業主催のお笑い王座決定戦で史上初の女性芸人日本一を決めるお笑いコンテストである。女芸人No.1決定戦 THE W フレッシュアイペディアより)

  • オール阪神・巨人

    オール阪神・巨人から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    M-1グランプリでは第7回で初めて審査員となったが、寸評を求められた時にはできるだけのアドヴァイスを行い、言葉が足りなかったと思ったコンビには、後で楽屋に赴きフォローを行ったりと、真剣に取り組んだという。また2007年に敗者復活から優勝したサンドウィッチマンが、非常に面白いのに何故準決勝で落ちたのかがわからず、そのことを率直にコメントするなどもしている。オール阪神・巨人 フレッシュアイペディアより)

  • ガリベンズ

    ガリベンズから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    矢野は結成前にピン芸人として活動し、その後Gたかしとコンビを組んで活動していた。それ以前にもトリオを組んでおり第1回M-1グランプリに出場していた(詳細不明)。ガリベンズ フレッシュアイペディアより)

  • 島田紳助

    島田紳助から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    2001年には吉本興業から「漫才復活のために知恵を貸してください」と頼まれ、漫才選手権大会(テレビ番組でもある)『M-1グランプリ』を企画。大会委員長として審査員も務めた。厳しい審査の中でますだおかだ、フットボールアワー、ブラックマヨネーズ、チュートリアル、サンドウィッチマンなど数多くの若手漫才師を世に送り出す。おぎやはぎ、南海キャンディーズ、オードリーなど優勝には至らなかったもののこの大会をきっかけにブレイクしたコンビも多い。2008年度からは「国民的行事」と呼ばれるほどの注目度と人気が高まった(この年、関西地区での平均視聴率35%以上、瞬間視聴率は40%以上を記録した)。2010年で惜しまれつつ一旦終了したが、紳助は「惜しまれて終わるのが一番良い」と述べている。島田紳助 フレッシュアイペディアより)

  • とろサーモン (お笑いコンビ)

    とろサーモン (お笑いコンビ)から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    とろサーモンは吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属のお笑いコンビ。2002年7月結成。キャッチフレーズは「おいしいとこどり定食」。 2017年M-1グランプリ王者。2人とも宮崎県出身。とろサーモン (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • R藤本

    R藤本から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    2009年のM-1グランプリでは、バード238と2人で『バード238とR藤本』というコンビを組んで出場するも2回戦敗退。また2015年のM-1グランプリではR藤本、ぴっかり高木、海山昆布の3人で『サイヤ人地球襲来!』というトリオを組んで出場するも2回戦敗退した。R藤本 フレッシュアイペディアより)

  • Aマッソ

    Aマッソから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    漫才、コントとも演じている。M-1グランプリ、キングオブコントとも出場したことがある。きつめな関西弁ベースのしゃべくり漫才の他、Wボケ、Wツッコミのスタイルの漫才も披露したことがあり、『冗談手帖』(BSフジ)に出演した時には、リズムネタを創作して演じた。本人たち曰く、持っているネタの本数は200本くらいとのこと。ネタは「思い出の話」「海水浴」「射的」「ゲーム」など身近な所から採り上げ、言葉は加納が既視感で選んで作っている。一方で、女性芸人によくみられる女性のあるあるネタやOLや女子高生などのキャラでのネタは、「世の女性の平均値のようなものを知らず、元々好きだったのがそのようなタイプの笑いじゃなかったから」ということでやることが無い。Aマッソ フレッシュアイペディアより)

  • プロダクション人力舎

    プロダクション人力舎から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    所属芸人は、コント専門、もしくは、コント中心に活動するコンビ・グループが多い。そのことから「コントの人力舎」と称される事がある。代表例として、東京03とキングオブコメディがキングオブコントを制覇するなど、実力は高い。その影響か「バカ爆走!」を始め事務所のライブでは普通のライブとは異なり、芸人が登場する際に拍手をしないのが定着している。また、おぎやはぎがM-1グランプリの決勝に進出してからは、漫才でも活躍する芸人も増えており、アンタッチャブルがM-1グランプリを制覇するなどしている。プロダクション人力舎 フレッシュアイペディアより)

866件中 91 - 100件表示

「M-1グランプリ」のニューストピックワード