695件中 11 - 20件表示
  • THE MANZAI (お笑いのコンテスト)

    THE MANZAI (お笑いのコンテスト)から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    前年まで行われていた『M-1グランプリ』(朝日放送・テレビ朝日系列)の後継プロジェクトとして、1980年代に放送されていた『THE MANZAI』を復活させる形で開催された。THE MANZAI (お笑いのコンテスト) フレッシュアイペディアより)

  • サンドウィッチマン

    サンドウィッチマン (お笑いコンビ)から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    サンドウィッチマンは、日本のお笑いコンビ。所属事務所はグレープカンパニー。1998年9月にコンビ結成。2007年M-1グランプリ王者。コンビ名はサンドウィッチマンに由来。後述にあるが、元はトリオで活動していて、真ん中にいるメンバーがガリガリだったため、サンドウィッチのようだということでサンドウィッチマンと命名した。他に候補として三途の川、三角関係、三角州などがあった。サンドウィッチマン (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • NON STYLE

    NON STYLEから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    爆笑オンエアバトル第9代目チャンピオン。2008年M-1グランプリ王者。NON STYLE フレッシュアイペディアより)

  • ソラシド (お笑いコンビ)

    ソラシド (お笑いコンビ)から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    後輩芸人のスマイルを自宅に呼び、自分達の単独ライブの映像を見せ、最後に台所から持ってきた包丁を畳に突き刺し「どうもソラシドです」「これがソラシドの漫才や」と発言。その後、スマイルの二人の目をじっと見ながら引き抜いた包丁を舐めた。その年、M-1グランプリ予選2回戦敗退。ソラシド (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • ダブルネーム

    ダブルネームから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    同パターンのEXILE『Lovers Again』のメロディに乗せて、街で芸能人を見かけた話をするというネタでM-1グランプリ2008にて準決勝進出を果たした。ダブルネーム フレッシュアイペディアより)

  • ハリガネロック

    ハリガネロックから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    2010のM-1グランプリでは敗者復活戦の講評をtwitter上で行い、パンクブーブー黒瀬ら出場していた芸人らからは止めてほしいといわれていた。ハリガネロック フレッシュアイペディアより)

  • かわら長介

    かわら長介から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    2004年10月には、放送作家など、笑いに関わる人材の養成を目的とした学校「魁塾」を創設、塾長を務めている。現在は、ダウンタウン出演番組を中心として吉本興業関係の仕事に多数関与しており、吉本興業が主催するM-1グランプリの3回戦・準決勝審査員である。かわら長介 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田敬

    吉田敬から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    2002年からラジオ番組『ブラックマヨネーズのずぼりらじお』の放送が開始される。2005年、第5回M-1グランプリで優勝。吉田敬 フレッシュアイペディアより)

  • ダイアン

    ダイアンから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    M-1グランプリへは2001年から出場するが2006年まで準決勝敗退が続く。2007年大会で初の決勝進出を果たすが結果は7位となった。審査員からも「(順位は7位だが)悪くはない」などの好評価を得た。津田は「また頑張って、ここに帰って来ます!」と宣言し会場から喝采を浴びた。そして、その言葉通り2008年も決勝進出を果たすが、ネタ順が一番手と不利な条件だった事もあり、結果は6位。審査員の松本人志によると、「ダイアンはトップバッターでなければ優勝していた可能性もあったのでは」との声が芸人内ではあったらしい。ダイアン フレッシュアイペディアより)

  • アンタッチャブル

    アンタッチャブル (お笑いコンビ)から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    アンタッチャブルは日本のお笑いコンビである。通称「アンタ」。所属事務所はプロダクション人力舎。爆笑オンエアバトル第6代チャンピオン、2004年M-1グランプリ優勝者。アンタッチャブル (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

695件中 11 - 20件表示

「M-1グランプリ」のニューストピックワード