866件中 21 - 30件表示
  • ジョーク東郷

    ジョーク東郷から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    2003年にお笑いコンビ『侍ピーターパン』を結成、当時はマセキ芸能社に所属。侍ピーターパン解散後、2005年に英哲とお笑いコンビ『庵。』(いおり)を結成。結成前から英哲と知り合いだったこともあり、ある日漫画喫茶のアルバイトでお互いに会ってから、6か月間結成の話を持ちかけて口説き続け、結成に至ったという。庵。は2005年のM-1グランプリで、準決勝まで進出した。ジョーク東郷 フレッシュアイペディアより)

  • ダブルネーム

    ダブルネームから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    同パターンのEXILE『Lovers Again』のメロディに乗せて、街で芸能人を見かけた話をするというネタでM-1グランプリ2008にて準決勝進出を果たした。ダブルネーム フレッシュアイペディアより)

  • ソラシド (お笑いコンビ)

    ソラシド (お笑いコンビ)から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    後輩芸人のスマイルを自宅に呼び、自分達の単独ライブの映像を見せ、最後に台所から持ってきた包丁を畳に突き刺し「どうもソラシドです」「これがソラシドの漫才や」と発言。その後、スマイルの二人の目をじっと見ながら引き抜いた包丁を舐めた。その年、M-1グランプリ予選2回戦敗退。ソラシド (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • 吉田敬

    吉田敬から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    その後、実家の京都に一時帰郷するが、1998年に前々から組みたいと思っていた元「関西キング」の小杉竜一と「ブラックマヨネーズ」を結成。2002年からラジオ番組『ブラックマヨネーズのずぼりらじお』の放送が開始される。2005年、第5回M-1グランプリで優勝。2011年1月6日『なるみ・ブラマヨの叫びまショウ!〜これを知らないなんて!どうかしてるぜ!〜』(ABCテレビ)で初のMC(普段コンビでは小杉が進行役を担当)を務めた。吉田敬 フレッシュアイペディアより)

  • THE MANZAI (お笑いのコンテスト)

    THE MANZAI (お笑いのコンテスト)から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    前年まで若手漫才師のコンクールとして行われていた『M-1グランプリ』(朝日放送・テレビ朝日系列)の後継プロジェクトとして、1980年代に放送されていた『THE MANZAI』を復活させる形で開催された。THE MANZAI (お笑いのコンテスト) フレッシュアイペディアより)

  • キングオブコメディ

    キングオブコメディから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    改名後間もなくNHK『爆笑オンエアバトル』(2001年9月8日放送、361KB獲得)に出演し、翌年より2年連続で『M-1グランプリ』の準決勝に進出。2003年2月、初の単独ライブ「ボッキ」を敢行した。キングオブコメディ フレッシュアイペディアより)

  • カナリア (お笑い)

    カナリア (お笑い)から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    98年にボンは「ババリア」、安達は「シュガーライフ」というコンビを組み、共に、M-1グランプリで準決勝進出経験がある。大阪・baseよしもとを中心に活動していたが、2003年に相次いで解散。安達が声を掛け同年カナリアを結成し、同時に東京に拠点を移した。なお上京したきっかけは、千原ジュニアの「お笑いやるなら大阪より東京の方がいい、マクドナルドのアルバイトでも大阪より東京の方が絶対ええやろ」という発言に納得したからだと語っている。しかし、上京後にジュニア本人にその事を話すと「(同じマクドナルドなら)東京でも大阪でもマニュアルに従うだけ」と言われ落胆したという。カナリア (お笑い) フレッシュアイペディアより)

  • 日本お笑い史

    日本お笑い史から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    ボキャブラブーム後お笑い界はしばらく冬の時代に突入。そんな中1999年に『爆笑オンエアバトル』(NHK)の放送がスタートし、若手のお笑い芸人たちを発掘しようとする動きが起き、『エンタの神様』『笑いの金メダル』『爆笑レッドカーペット』などいわゆる「ネタ見せ番組」が増え始める。2001年には島田紳助企画立案の新たな漫才コンテスト『M-1グランプリ』が立ち上がった。同初代チャンピオンの中川家が東京進出。日本お笑い史 フレッシュアイペディアより)

  • R-1ぐらんぷり

    R-1ぐらんぷりから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    一人芸で誰が一番おもしろいかを決める大会であり、同じ吉本主催の若手漫才師のコンクール・「M-1グランプリ」の成功に続く形で開催された。タイトルの「R」は本来落語を意味しており、第1回大会(2002年)は座布団の上で漫談を披露することが決まりだった。しかし第2回以降は落語に限らず「とにかく面白い1人芸」を披露することがルールとなっている(古典落語以外なら基本的に何でもあり)。落語家、モノマネ芸人、漫談家・一人コント師だけでなく、普段はコンビ、グループで活動している芸人、アマチュアでも個人で参加出来る。R-1ぐらんぷり フレッシュアイペディアより)

  • 喜多ゆかり

    喜多ゆかりから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    日本大学豊山女子高等学校から日本大学芸術学部放送学科へ進学。学生時代には、『深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)を録音したうえで、通学中に聴いていたという。その一方で、大学時代には、『M-1グランプリ』に「いか天ピーナッツ」のコンビ名で出場。最高成績は3回戦進出だった。喜多ゆかり フレッシュアイペディアより)

866件中 21 - 30件表示

「M-1グランプリ」のニューストピックワード