695件中 41 - 50件表示
  • RICAちゃん

    RICAちゃんから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    M-1グランプリ 2006・初戦敗退 - 養成所の同期生で、現マッスルパーク勤務、『SASUKE』にも出場した大屋元秀と「サクマドロップ」として出場RICAちゃん フレッシュアイペディアより)

  • すきゃんぴ

    すきゃんぴから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    2008年のM-1グランプリは、9月5日にすきゃんぴとして出場した他、10月12日にはみきみきだけ『までぃっく☆』としても出場。すきゃんぴとしては1回戦敗退だったが、までぃっく☆としては2回戦まで進出。すきゃんぴ フレッシュアイペディアより)

  • ボルトボルズ

    ボルトボルズから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    2006年 第6回M-1グランプリ準決勝進出ボルトボルズ フレッシュアイペディアより)

  • BODY (お笑いコンビ)

    BODY (お笑いコンビ)から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    2人はそれぞれピン芸人としても活動しているが、2005年のM-1グランプリに出場するために結成され、その後もコンビとして活動している。BODY (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • 谷良一

    谷良一から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    谷 良一(たに りょういち) はよしもとファンダンゴの代表取締役。滋賀県出身。M-1グランプリの執行役員も勤める。谷良一 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・アンモナイト

    ザ・アンモナイトから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    2008年10月、共にピン芸人として活動していた安達しほり(旧名・安達女史)とよしこさんにより結成。同月に行われ「M-1グランプリ」1回戦に出場、2回戦まで進出。その後も「ホリプロお笑いジェンヌライブ」など各ライブなどにコンビで出演。なお、よしこさんは結成後しばらくはピン芸人としての出演もあった。ザ・アンモナイト フレッシュアイペディアより)

  • ガリベンズ

    ガリベンズから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    矢野は結成前にピン芸人として活動し、その後Gたかしとコンビを組んで活動していた。それ以前にもトリオを組んでおり第1回M-1グランプリに出場していた(詳細不明)。ガリベンズ フレッシュアイペディアより)

  • 庵。

    庵。から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    2005年のM-1グランプリでは、準決勝まで進出した。なお、2007年のM-1グランプリでは『庵。』としてハングル漫才を、さらにゴルゴネタを『ビッグ・セイフ作戦』という名前で同じ大会にコンビ名を変えて出場していた。庵。 フレッシュアイペディアより)

  • りあるキッズ

    りあるキッズから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    2003年、うめだ花月が再オープンし、常時出られる舞台を得る。また、第3回M-1グランプリ決勝進出を果たす。正統派のしゃべくり漫才で高い評価を得るも、この年は高得点が続出し、600点を超えたにも関わらず5位に終わってしまう。その際島田洋七に「いとしこいしを超えた、めちゃくちゃおもしろい。」と絶賛された。りあるキッズ フレッシュアイペディアより)

  • まえだまえだ

    まえだまえだから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    『エンタの神様』出演芸人としては史上最年少である。2007年の12月にエンタ初登場。2008年からエンタの神様で1月、3月、5月、7月、9月、11月と必ず奇数の月に1度出演している。M-1グランプリは最年少記録が1歳のため史上最年少はならなかった。まえだまえだ フレッシュアイペディアより)

695件中 41 - 50件表示

「M-1グランプリ」のニューストピックワード

  • MBSラジオ ラジオ演芸第5回ヤングスネーク杯

  • 相席スタート

  • 終わってから楽屋でずっと号泣して、3日間くらい泣いて暮らしました。