866件中 51 - 60件表示
  • ワタルwithオカン

    ワタルwithオカンから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    ワタルは2005年のM-1グランプリに出場する為に相方を探していたが、周囲の友人は就職活動で忙しく、中々相方が見つからなかった。困っている息子を見放せなかった母親は親子でコンビを組んで出場する事を提案し、2005年8月28日にコンビを結成した。M-1グランプリは2回戦で敗退したが、最も印象に残ったアマチュアに送られるNTT西日本賞(現在は廃止)を受賞した。ワタルwithオカン フレッシュアイペディアより)

  • シェーン (お笑い)

    シェーン (お笑い)から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    第5回M-1グランプリ(2005年)では準決勝まで進出した。シェーン (お笑い) フレッシュアイペディアより)

  • 青森代表あとむ君

    青森代表あとむ君から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    2015年M?1グランプリ「ファイナル兄弟」で出場。1回戦敗退。青森代表あとむ君 フレッシュアイペディアより)

  • ナンダーMAX (お笑い)

    ナンダーMAX (お笑い)から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    M-1グランプリ2008で一回戦を突破した。ナンダーMAX (お笑い) フレッシュアイペディアより)

  • さんびーち

    さんびーちから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    大学在学中の2006年に、同級生の木村耕介と「思い出作りのために」とコンビを結成、その約1か月後にはM-1グランプリに出場。「次のネタの事を考えていた」というほど、会場の反応で手応えを感じていたとのことであったが、この年は1回戦で敗退。その後、松竹芸能タレントスクールに11期生として入学。同校卒業後、コンビ『マッチポンプ』として松竹芸能に所属。さんびーち フレッシュアイペディアより)

  • ストリーク

    ストリークから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    2001年から2005年のM-1グランプリにて5年連続準決勝進出を決めたものの、一度も決勝に進出できないままコンビ結成10周年を迎えてしまった。なお2002年と2003年の敗者復活戦では、2年連続ストリークがトリだった。ストリーク フレッシュアイペディアより)

  • 滝口 ミラ

    滝口ミラから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    同年12月、「オートバックス M-1グランプリ2009」に出場し、3回戦進出。これは現役女性アイドルとしては初の事である滝口ミラ フレッシュアイペディアより)

  • 平野智美

    平野智美から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    局アナでありながら、2002年に同じく局アナの森谷威夫とコンビ「KBS女子アナ。(まる)」を組んでM-1グランプリに出場し、光文社発行の写真週刊誌「FLASH(フラッシュ)」2002年10月8日号に掲載された。平野智美 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤真広 (朝日放送ディレクター)

    近藤真広 (朝日放送ディレクター)から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    同志社大学文学部卒業後、1999年に朝日放送入社。番組宣伝部→制作局テレビ制作部などを経て、東京支社テレビ制作部へ所属。『M-1グランプリ』、『なにわ人情コメディ 横丁へよ〜こちょ!』など、主に吉本の若手が出演する、吉本興業共同制作番組のディレクターを担当していた。2007年10月に同局勤務の小林由佳と結婚。過去には『探偵!ナイトスクープ』のチーフディレクターや『美女裁判〜恋愛裁判員制度〜』の初のプロデューサーを担当していた。近藤真広 (朝日放送ディレクター) フレッシュアイペディアより)

  • オギヤハギ

    オギヤハギから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    2001年 M-1グランプリ2001出場 決勝10位オギヤハギ フレッシュアイペディアより)

866件中 51 - 60件表示

「M-1グランプリ」のニューストピックワード

  • 有吉弘行の SUNDAY NIGHT DREAMER

  • 女芸人No.1決定戦 THE W

  • 土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送