866件中 61 - 70件表示
  • マジンガーZIP!

    マジンガーZIP!から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    光子力研究所の責任者。甲児からは教授と呼ばれるが、それとは裏腹にかなり身勝手な行動を起こす性格である。身長は180cmと公言していたが、実際には176cmであった。また、マジンガーZIP!に勝手に余計な機能をつける他、アフロダイAに小顔メイクを施したり、くびれを出すように余計なリファインを行う。またマジンガーZIP!の修繕のコストダウンのために価格.comによる部品の価格の比較を検討している一方で、利益を得るため新商品開発にも余念がなく、なおかつ金欲が強い。一方で万一のことを考えてアフロダイAの口の部分を柔らかくしたり、往年のプロレスラーやプロボクサーのデータを入力の際も、現役時代ではなく引退後のデータを入力したり、さやかに対しても年頃の娘を心配してやたらと早い門限を定めたり、三博士に対して光子力音頭の作詞・作曲を早期に終わらせるよう迫るなど心配性な面もある。スタンガンを使用した武術を弓弦之助武術として、火炎放射器を使用した空手を弓弦之助流空手としてそれぞれ広めたいらしい。光子力研究所も半ば私物化しており、マジンガーZIP!の格納庫にほとんど使ってないわけのわからないメカや、さやかのへその緒の入った箱を置いたりしている他、さやかの恋愛についても気にしており、これらの件で甲児やボスを殴ったこともある他、行きつけのスナック「アーバン」のママとホバーパイルダーに乗って撮影しネット上にアップしたところ、光子力研究所へ抗議電話が寄せられたこともある一方で、元カノのことは忘れたいらしい。ビーフストロガノフが好物。鉄仮面兵に自室の机の引き出しに入れていた物を盗まれそうになったことがあるが、引き出しに入っていたのインクの出なくなった蛍光ペン、寿司に付いている醤油、無くしたと思っていた片方の靴下、M-1グランプリ2006の自分なりの採点表などであった。節分の際には豆まき用に専用のライフルや爆弾、ロケットランチャーを開発していた。光子力研究所の財政状況が厳しいとの理由でいらないCDをディスクユニオンに持って行ったが大した額にならなかったため三博士の1人を解雇しようとしたが、結局誰を解雇するか選べずに終わっている。さやかが戦闘で危篤状態になったというシチュエーションを作り、甲児に堺雅人・ビートたけし・おすぎのものまねをやらせて弄んだりもしている。Dr.ヘルの地球征服作戦中止宣言の後には、光子力研究所を「光子力ロボット村」と改称し、ようやく完成した光子力音頭のCDを販売する等、生き残りに必死の模様。マジンガーZIP! フレッシュアイペディアより)

  • マーフィー (お笑い芸人)

    マーフィー (お笑い芸人)から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    同じ事務所所属のぐたくが『熱血!平成教育学院』(フジテレビ)にてADマーフィーの話をしたところ、Yahoo! JAPANの2008年12月15日付検索ランキングにおいて13位にランクインするという現象が起きた(1)。またM-1グランプリ2009では、そのぐたくとコンビ『ヒポクリ』を組んで出場した。本人曰く、この回で5年ぶりのM-1出場だったという。翌年のM-1グランプリ2010にも、『ヤシチ』というコンビで出場。マーフィー (お笑い芸人) フレッシュアイペディアより)

  • ヒカリゴケ (お笑いコンビ)

    ヒカリゴケ (お笑いコンビ)から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    M-1グランプリ2007にて、大阪から敗者復活戦会場に向かう夜行バスに、松竹芸能の芸人からは国沢がたった一人だけで乗り込んだ。「松竹一人だけです」とバスを降りた直後カメラに向かって話す国沢の様子が、DVDの特典映像にコンビ名のテロップ付きで収録されている。ヒカリゴケ (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • ソーセージ (お笑い)

    ソーセージ (お笑い)から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    2008年 M-1グランプリ 準決勝進出ソーセージ (お笑い) フレッシュアイペディアより)

  • 田畑藤本

    田畑藤本から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    東京NSC在学中に出場したM-1グランプリ2007では、2回戦敗退。2008では、3回戦敗退。田畑藤本 フレッシュアイペディアより)

  • クロンモロン

    クロンモロンから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    M-1グランプリ2008でアマチュアとして出場し、準決勝へ進出した。クロンモロン フレッシュアイペディアより)

  • 谷良一

    谷良一から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    谷 良一(たに りょういち) はよしもとファンダンゴの代表取締役。滋賀県出身。M-1グランプリの執行役員も勤める。谷良一 フレッシュアイペディアより)

  • ノンスモーキン

    ノンスモーキンから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    漫才では普通の漫才の他に菊池が指を使って何人もの役を演じるネタも行っている。この漫才スタイルで、2008年にM-1グランプリ準決勝進出 を果たした。ノンスモーキン フレッシュアイペディアより)

  • 中田カウス・ボタン

    中田カウス・ボタンから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    ボケ担当。愛媛県今治市(旧越智郡伯方町)出身。子供のころ雑誌に付録として載っていた住所録を見て横山エンタツの自宅に行き弟子入り懇願したが断られ断念。その後大阪の千日劇場で観た暁伸・ミスハワイの漫才に魅了され、自宅に押しかけ弟子入りを懇願したがこちらも断られ、暁伸・ミスハワイの友人であったあひる艦隊を紹介され、ボーヤとして地元愛媛の仕事に帯同。のちに上方柳次・柳太門下を経て中田ダイマル・ラケット一門に入る。2002年からM-1グランプリ決勝戦の審査員を務めており、回数では松本人志に次ぐ9回。出演者のチェックは予選から行っており、2005年は1回戦から舞台袖ではなく、客席側からチェックしているのが目撃されている。中田カウス・ボタン フレッシュアイペディアより)

  • チョップリン

    チョップリンから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    M-1グランプリにも出場している通り漫才をしないわけではない。しかし、NHK上方漫才コンテスト、上方漫才大賞ではコントを披露した。チョップリン フレッシュアイペディアより)

866件中 61 - 70件表示

「M-1グランプリ」のニューストピックワード