695件中 81 - 90件表示
  • ノンスモーキン

    ノンスモーキンから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    漫才では普通の漫才の他に菊池が指を使って何人もの役を演じるネタも行っている。この漫才スタイルで、2008年にM-1グランプリ準決勝進出 を果たした。ノンスモーキン フレッシュアイペディアより)

  • 南海キャンディーズ

    南海キャンディーズから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    山崎は「西中サーキット」、山里は「足軽エンペラー」の共にボケを担当していたが、それぞれ解散後、山崎が「山崎二宮」のコンビを結成していた2003年6月に山里が山崎を誘い、コンビ結成、コンビ名はザ・プラン9のヤナギブソンが命名した。同年M-1グランプリ準決勝進出。翌2004年大会では、無名ながら決勝進出(麒麟枠)、準優勝を果たした。それがきっかけとなり、テレビ番組やラジオ、CMなどに出演。結成2年で多数のレギュラー番組、更に関西ローカルながら冠番組までも獲得した。2005年後半に活動拠点を大阪から東京へ移した。2005年のM-1グランプリにも出場するが最下位(9位)に沈んだ。敗因は山里曰く「稽古不足」。以後2006年、2007年のM-1グランプリへの出場を見送る。2006年大会の不参戦について、山里は自身のブログで「ただしっかりと漫才、ネタとは向き合い続けます!」と語っている。2008年には3年ぶりに参戦するも準決勝敗退。翌年の2009年大会には4大会ぶりの決勝進出を果たしたが8位に終わった。山里はガチガチに緊張したと語っている。後日、山里は審査員の松本人志から「すべてが0.5秒遅れていた」と敗因を指摘され、ネタを自分で見直してその通りだと反省した。また、山里によると「自分達のベストバウトは2009年の準決勝だった」らしい。山崎も同調している。南海キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁将棋 (お笑いコンビ)

    囲碁将棋 (お笑いコンビ)から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    文田はM-1グランプリ2010で準決勝で敗退した時に、それ以前に敗退していた仲間たちのエントリー番号の札をスーツの内側に貼っていたものを真栄田賢(スリムクラブ)に託した。その時真栄田は「お前たちはおれを取り返しにくるんだろ(敗者復活から勝ち上がってくるんだろ)」風な事を言ったが、かすれ声でよく聞き取れなかったらしい(2010年12月26日よしもとオンラインより)。囲碁将棋 (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • ストリーク

    ストリークから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    2001年から2005年のM-1グランプリにて5年連続準決勝進出を決めたものの、一度も決勝に進出できないままコンビ結成10周年を迎えてしまった。なお2002年と2003年の敗者復活戦では、2年連続ストリークがトリだった。ストリーク フレッシュアイペディアより)

  • 楽しんご

    楽しんごから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    2007年に『エンタの神様』の打ち合わせの現場で、番組プロデューサーの五味一男によりすぎはら美里と出会い、「姉弟」という設定で番組内での限定ユニット「Mint姉弟」(ミントきょうだい)を組み、「乙女な弟」としてボケを担当。「僕、やっちんちん」というフレーズで人気を博し、同番組に6回出演。なお、Mint姉弟としては、2009年中にはM-1グランプリ出場や、テレビショッピング専門チャンネル・QVC出演などの活動もある。活動は順調であったが、体調を崩し、しばらく休業する。楽しんご フレッシュアイペディアより)

  • 東国原英夫

    東国原英夫から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    2009年の『M-1グランプリ』に同大会の大会委員長である島田紳助から直々にオファーがかかり、漫才経験者でもあったことを活かし『M-1グランプリ2009』の審査員を務めた。なお、政治家経験者で審査員となったのは青島幸男、西川きよし、立川談志に次いで4人目で、現職政治家並びに都道府県知事が審査員を務めるのは初となった。東国原英夫 フレッシュアイペディアより)

  • 日本お笑い史

    日本お笑い史から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    ボキャブラブーム後お笑い界はしばらく冬の時代に突入。そんな中1999年に『爆笑オンエアバトル』(NHK)の放送がスタートし、若手のお笑い芸人たちを発掘しようとする動きが起き、いわゆる「ネタ見せ番組」が増え始める。2001年には島田紳助企画立案の新たな漫才コンテスト『M-1グランプリ』が立ち上がった。同初代チャンピオンの中川家が東京進出。日本お笑い史 フレッシュアイペディアより)

  • ブラックマヨネーズ

    ブラックマヨネーズから見たM-1グランプリM-1グランプリ

    ブラックマヨネーズ(BLACK MAYONNAISE)は、小杉竜一と吉田敬の2人による日本のお笑いコンビ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。1998年4月結成。2005年M-1グランプリ王者。略称はブラマヨ。ブラックマヨネーズ フレッシュアイペディアより)

  • 白鳥久美子

    白鳥久美子から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    2007年の夏にお笑い芸人に転身し、ホリプロに所属となる。同年中に「ホリプロお笑いジェンヌライブ」などに出演し、芸人デビュー。デビューしたばかりの頃からこの年の12月頃まで、同じホリプロ所属のORIEとコンビを組み、「南風」(この年のM-1グランプリはこのコンビ名で出場)、のち「オリトリー」として活動していたことがあった。白鳥久美子 フレッシュアイペディアより)

  • オール阪神・巨人

    オール阪神・巨人から見たM-1グランプリM-1グランプリ

    2007年から3年間M-1グランプリの審査員となった。優勝したサンドウィッチマンの準決勝落選を批判するなど、的確な採点内容と併せて視聴者からは賞賛の声が寄せられた。また、ブログで視聴者に対して自身の採点基準をより明確にしている。2010年大会では自身の体調との兼ね合いで審査員を辞退したことも明らかにしている。オール阪神・巨人 フレッシュアイペディアより)

695件中 81 - 90件表示

「M-1グランプリ」のニューストピックワード