前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
351件中 1 - 10件表示
  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た今田耕司

    なお、M-1の放送・主催を務めた朝日放送と吉本はM-1の後継番組として、大道芸人やパフォーマーの日本一を決める「KAMIWAZA〜神芸〜」の制作を11月29日に発表、2012年1月8日に第1回の決勝をゴールデンタイム (18:56-20:54) で放送した。決勝のMCは「M-1」と同様、今田耕司を起用。また、番組ゼネラルマネージャーをビートたけしが担当した。しかし視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)は振るわず、結局翌2013年に第二回を放映したのみで打ち切られ、KAMIWAZAの実行委員会も消滅している。朝日放送は「KAMIWAZA」の打ち切りについて一切表明していない。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た吉本興業

    『M-1グランプリ』(エムワングランプリ)は、吉本興業が主催する漫才のコンクールである。通称「M-1」。2001年から2010年までと2015年から、毎年12月(2010年までは下旬、2015年からは上旬)に開催されている。朝日放送 (ABC) が制作し、テレビ朝日系列で放送を行っている。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た上戸彩上戸 彩

    この回から女性司会者が上戸彩になった。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た小籔千豊

    「おくにと申します。」:小籔千豊と土肥ポン太による即席コンビM-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たディープ・パープル

    大会テーマ曲:スモーク・オン・ザ・ウォーター / ディープ・パープル(第1回から、現在はエンディングでのみ使用されている)M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たますだおかだますだおかだ

    島田紳助は構想時に、出場資格を若手に限定したことについて、「昔の司法試験のように、30代になっても結果が出ない場合は、止めないと不幸である」と発言していたものの、大学を卒業してからコンビ結成した場合や、コンビを再結成した場合は、30代以降でも優に出場が可能であった。第1回大会は、大学生や会社員を経由して芸人になったますだおかだやDonDokoDonらを除けば、決勝進出者の大多数は20代であったが、大会後期では、決勝進出者の多数がキャリアを積んだ30代の芸人であった。一例として、第10回大会では、銀シャリの鰻・ハライチ・ジャルジャルの5人だけが20代であり、他の決勝進出者15人は30代であった。決勝進出者の高齢化に伴い、第1回大会では結成2年・21歳のキングコングに「脅威のルーキー」というキャッチフレーズが付いていたが、第10回大会では、結成7年・27歳のジャルジャルに「スーパールーキー」というキャッチフレーズが付いていた。また、歴代最多となる9回の決勝進出を果たし、当大会の象徴的存在であった笑い飯は26歳になる年に結成している為、ラストチャンスで優勝した頃には、36歳になっていた。その後第13回大会ではスーパーマラドーナ田中が40歳で決勝進出を果たしている。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た上沼恵美子

    決勝戦では、審査員を歴代大会最少の5人に限定。前回から中川家礼二が続投する一方で、博多大吉を新たに迎えた。さらに、復活前の審査員だった上沼恵美子・オール巨人・松本人志が復帰した。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たザ・プラン9

    2人組のコンビだけでなく3人以上のグループでも出場できる。2006年にザ・プラン9が2人組以外のグループとして初の決勝進出を果たしている。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たアンタッチャブル (お笑いコンビ)アンタッチャブル

    2014年7月30日に、朝日放送の脇阪聰史社長が2015年にM-1を復活させることを発表した 。当初は「『THE MANZAI』との開催時期の重複を回避する」として夏季の開催が伝えられていたが、結局は復活前と同じく冬季の開催へ落ち着いた。また、復活を機に出場資格を変更。「プロ・アマ・所属事務所を問わず2人以上で、結成が2000年1月1日以降であり15年以内のコンビ」という基準に達していれば出場できるようになった。さらに、決勝戦の審査員の顔触れも一新。第1回から第10回までの歴代王者10組のうち、スケジュールの都合で辞退した第4回王者のアンタッチャブルを除く9組から、1組あたり1名(合計9名)を起用している(詳細後述)。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たチュートリアル (お笑いコンビ)

    朝日放送のテレビでは決勝の前週にあたる11月26日12:55 - 13:55の枠(同日は『新婚さんいらっしゃい!』『パネルクイズ アタック25』を休止)にて、テレビ朝日系列フルネット24局にて全国ネットでの事前特番として『M-1グランプリ2017村に芸能人がやってきた!〜M-1王者の漫才旅〜』を放送。同番組は5代目王者のブラックマヨネーズと6代目王者のチュートリアルが司会を担当。番組では、第2期歴代王者2組(トレンディエンジェル、銀シャリ)が日本のとある村を訪れ、村民のオーダーメイドによる漫才を披露するものである。続く翌週12月3日に14:35 - 16:30で敗者復活戦と18:57 - 22:10で決勝を生放送。朝日放送のラジオでも、同局アナウンサー・塚本麻里衣の進行で、決勝の様子をサイマル形式で組み込んだ、『ラジオでウラ実況!?M-1グランプリ2017』を19:00 - 22:30に放送した。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
351件中 1 - 10件表示

「M-1グランプリ」のニューストピックワード