前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
266件中 1 - 10件表示
  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た今田耕司

    なお、M-1の放送・主催を務めた朝日放送と吉本はそのM-1の後継番組として「KAMIWAZA〜神芸〜」を11月29日に発表、2012年1月8日に第1回の決勝をゴールデンタイム (18:56-20:54) で放送した。決勝のMCは「M-1」と同様、今田耕司を起用。また、番組ゼネラルマネージャーにビートたけしが決定している。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たザ・プラン9

    2人組のコンビだけでなく3人以上のグループでも出場できる。2006年にザ・プラン9が2人組以外のグループとして初の決勝進出を果たしている。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たカンニング (お笑いコンビ)

    参加資格はオープンであり、結成もしくは現在のコンビ名での活動開始から10年以内(現在は10年と364日以内)のコンビであればプロ、アマチュア、国籍などの一切を問わず出場できる。即興で結成されたコンビにも門戸を開いている。ただし、結成年は自己申告であるためカンニングなど結成から10年をゆうに越えた出場者も存在する。また、デビューした年は同じでもラストイヤーが異なるコンビも多々存在する。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たパンクブーブー

    第10回大会は予選の順位が低い順に敗者復活戦でネタを披露した(つまり、最後にネタを披露したパンクブーブーが予選9位)。コンビ名のテロップとともに順位も表示されていた。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た麒麟 (お笑いコンビ)

    敗者復活戦の審査方法は抽選で選出された100名の一般審査員とプロの審査員5名が審査を行い、得点を総合して1組が選出される。ネタ順は抽選で、持ち時間は4分間である。4分を経過すると終了時間の目安となるサイレンが鳴り出し、さらに一定時間が経つと強制終了となり、合図となる爆破音のBGMが鳴る。敗者復活戦が初めて導入された第2回大会にて、トップバッターの麒麟がこのルールによりネタの途中で強制終了となった。しかし、第6回大会ではわざと失格をねらって5分前後までネタを披露しつづけたコンビもあったが、退場するまで強制終了とはならなかった。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た島田紳助

    『M-1グランプリ』(エムワングランプリ)は、島田紳助が企画し、吉本興業が主催する10年間続いた漫才のコンテストである。通称「M-1」。2001年から2010年まで毎年12月に開催されていた。オートバックスセブンが特別協賛(冠スポンサー)となり、朝日放送 (ABC) が制作し、テレビ朝日系列が放送していた。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た日本テレビ放送網

    大会実行委員長は島田紳助。紳助は、「自身の現在のタレント生活が成立しているのはデビュー当時から8年間続けた漫才(島田紳助・松本竜介)があってこそ」と考えており、またその漫才を途中で辞めた罪悪感から「何か恩返ししなければ」と常々考えていた。また、「松紳」(日本テレビ系)放送内で紳助と共に9回審査員を務めた松本人志と「単純におもろい奴を決めるコンテストがしたい」と話をする中でその構想は具体化していった。また紳助は、自身の進行する番組「行列のできる法律相談所」でM-1を始めた理由を以下の様に語っている。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たAKB48

    「なちのん」(佐藤夏希、野呂佳代):AKB48メンバーM-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た亜矢乃亜矢乃

    「Wあやの」(太田彩乃、大網亜矢乃):グラビアアイドルM-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た佐藤夏希

    「なちのん」(佐藤夏希、野呂佳代):AKB48メンバーM-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
266件中 1 - 10件表示

「M-1グランプリ」のニューストピックワード