351件中 11 - 20件表示
  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た麒麟 (お笑いコンビ)

    敗者復活戦の審査方法は抽選で選出された一般審査員100名とプロの審査員5名が審査を行い、得点を総合して1組が選出される。第11回大会以降は公式サイト上での視聴者投票方式に変更され、最多得票数の1組が決勝進出となる。投票受付は全組のネタが終了してから開始され、決勝戦が始まる18:30が締め切りとなる。また、敗者復活戦の中継に出演したスタジオMCの陣内智則及びゲスト(詳細は下記を参照)も、ゲスト審査員として投票している。ネタ順は第1 - 9回大会が抽選で、第10回大会以降は予選の順位が低い順で決められ(つまり、最後にネタを披露した組が予選9位である。放送時の画面にはコンビ名のテロップとともに順位も表示される)、持ち時間は4分間(第11回大会以降は3分)である。持ち時間を経過すると終了時間の目安となるサイレンが鳴り出し、さらに一定時間(30秒)が経つと強制終了となり、合図となる爆破音のSEが鳴る。敗者復活戦が初めて導入された第2回大会にて、トップバッターの麒麟がこのルールによりネタの途中で強制終了となった。しかし、第6回大会ではわざと失格を狙って5分前後までネタを披露し続けたコンビもあったが、退場するまで強制終了とはならなかった。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た畑中フー

    2015年には、同年8月から予選1回戦をスタート。11月19日に準決勝が開かれた。12月6日には、朝日放送創立65周年記念番組として、14:35 - 16:30に敗者復活戦、18:30 - 21:00に決勝戦の生中継を全国ネットで実施した。また、朝日放送のラジオでは、同日の18:00 - 21:00に『ラジオでウラ実況!?M-1グランプリ2015』を生放送。決勝戦のサイマル中継をはさみながら、メッセンジャーあいはら・桂三度・畑中フー(第3回以降のテレビ中継でVTRナレーターを担当)・喜多ゆかり(朝日放送アナウンサー)が関西ローカル向けに当グランプリや出場者にまつわるエピソードを披露した。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たファミリーマート

    なお、2010年まで冠スポンサーであったオートバックスはスポンサーにつかず、複数社による「プレミアムスポンサー」の協賛体制へ移行。2015年には、Cygames、日清食品、ファミリーマート、ユニクロの4社が「プレミアムスポンサー」に付いた。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た剛力彩芽剛力 彩芽

    司会:東野幸治、剛力彩芽M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た亜矢乃

    「Wあやの」(太田彩乃、大網亜矢乃):グラビアアイドルM-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た佐藤夏希

    「なちのん」(佐藤夏希、野呂佳代):AKB48メンバーM-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た城咲仁城咲 仁

    「元ホスト」:(城咲仁、ピン芸人のランディー・ヲ様)M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たサンドウィッチマン (お笑いコンビ)サンドウィッチマン

    NON STYLEは第5回大会のブラックマヨネーズ以来となる、決勝初選出初優勝(第7回のサンドウィッチマンは敗者復活)。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た吉田ヒロ

    「ヒロ&中條」(吉田ヒロ、中條健一)M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たジャルジャル

    島田紳助は構想時に、出場資格を若手に限定したことについて、「昔の司法試験のように、30代になっても結果が出ない場合は、止めないと不幸である」と発言していたものの、大学を卒業してからコンビ結成した場合や、コンビを再結成した場合は、30代以降でも優に出場が可能であった。第1回大会は、大学生や会社員を経由して芸人になったますだおかだやDonDokoDonらを除けば、決勝進出者の大多数は20代であったが、大会後期では、決勝進出者の多数がキャリアを積んだ30代の芸人であった。一例として、第10回大会では、銀シャリの鰻・ハライチ・ジャルジャルの5人だけが20代であり、他の決勝進出者15人は30代であった。決勝進出者の高齢化に伴い、第1回大会では結成2年・21歳のキングコングに「脅威のルーキー」というキャッチフレーズが付いていたが、第10回大会では、結成7年・27歳のジャルジャルに「スーパールーキー」というキャッチフレーズが付いていた。また、歴代最多となる9回の決勝進出を果たし、当大会の象徴的存在であった笑い飯は26歳になる年に結成している為、ラストチャンスで優勝した頃には、36歳になっていた。その後第13回大会ではスーパーマラドーナ田中が40歳で決勝進出を果たしている。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

351件中 11 - 20件表示

「M-1グランプリ」のニューストピックワード