266件中 21 - 30件表示
  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たタカアンドトシ

    第4回ではタカアンドトシと笑い飯が同点になった。このときは審査員7人のうち3人が点数が割れており、2人が笑い飯よりタカアンドトシに高い点数をつけていたため、タカアンドトシを上位に認定した。この2組は最後に敗者復活枠で披露した麒麟がその点数を上回り、最終決戦に残らなかったため特に混乱はなかったものの、実は4組以上が1位、3組以上が2位、2組以上が同点で3位になるというような場合を想定していなかった。第5回大会以降しばらくはこのような事態は起きていなかったが、第10回でパンクブーブーと笑い飯が再び1位で同点になった。両者とも最終決戦に残ったものの、ネタ順決めに影響する関係で、4人が高い点数をつけていたパンクブーブーを1位とした(ただしテロップには両者1位と表示されている)。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た柴田英嗣柴田 英嗣

    初めて関西出身でないコンビが優勝した。人力舎所属の優勝者は唯一。また、関東地方出身の優勝者は山崎弘也(埼玉)のみ、中部地方出身の優勝者は柴田英嗣(静岡)のみである。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たネゴシックス

    「たばこ」(ネゴシックス、中山功太):ピン芸人M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た松本人志

    大会実行委員長は島田紳助。紳助は、「自身の現在のタレント生活が成立しているのはデビュー当時から8年間続けた漫才(島田紳助・松本竜介)があってこそ」と考えており、またその漫才を途中で辞めた罪悪感から「何か恩返ししなければ」と常々考えていた。また、「松紳」(日本テレビ系)放送内で紳助と共に9回審査員を務めた松本人志と「単純におもろい奴を決めるコンテストがしたい」と話をする中でその構想は具体化していった。また紳助は、自身の進行する番組「行列のできる法律相談所」でM-1を始めた理由を以下の様に語っている。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たX-GUN

    さらに、2008年ではエルシャラカーニが結成より11年以上経過したコンビではあるが、「現在のコンビ名での活動が10年以下」であったため出場が認められた(2005・2006年の丁半コロコロも同様の処置、前述のカンニングも「とんこつなんこつ」という名前で参加したため、出場が認められた)。しかし、ザ・パンチは現在のコンビ名での活動は2003年からであるが、2008年がラストイヤーとされていた。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た竹山隆範カンニング竹山

    覆面を被った「とんこつなんこつ」(正体はカンニングの竹山隆範と中島忠幸)M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た赤坂泰彦

    ちなみに優勝者決定後の表彰でも賞金贈呈後はトロフィーや花束など贈呈者の名前が呼ばれてからステージに立ったり、司会の赤坂泰彦が中川家を「石川家」、ハリガネロックを「アメリカンロック」(アメリカザリガニと混同したと思われる)と、コンビ名を言い間違えたりと円滑に進まなかった為、審査員の松本人志が「もう滅茶苦茶ですやん!」と発言、赤坂はその場で謝罪した。以後、赤坂はM-1グランプリに一度も出演していない。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たナインティナイン

    しかし、M-1グランプリの終了をきっかけに目標を失い辞めてしまう若手芸人が続出してしまったため、そのことに責任を感じた紳助によって2011年より後継プロジェクトとして、フジテレビ系列で「THE MANZAI」が開催されることが2011年4月26日決定し、同じく島田紳助が大会実行委員長を務めることとなった。司会はナインティナイン。しかし、紳助がこの年の8月に自らの不祥事の責任を取って芸能界を引退してしまい、一時期は大会開催も危ぶまれたが、大会を続行する形になった。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たフットボールアワー

    フットボールアワー 535点(順位変動なし)M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た山崎弘也山崎 弘也

    初めて関西出身でないコンビが優勝した。人力舎所属の優勝者は唯一。また、関東地方出身の優勝者は山崎弘也(埼玉)のみ、中部地方出身の優勝者は柴田英嗣(静岡)のみである。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

266件中 21 - 30件表示

「M-1グランプリ」のニューストピックワード