266件中 41 - 50件表示
  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た中島忠幸

    覆面を被った「とんこつなんこつ」(正体はカンニングの竹山隆範と中島忠幸M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た中川家

    中川家 596点(順位変動なし)M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た石田靖

    「石田・花子」(石田靖、山田花子)M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た明石家さんま

    第10回大会では紳助自らが上田晋也、名倉潤、明石家さんまに審査員として参加するよう依頼したが、上田には「勘弁して下さい」、名倉には「紳助さんの頼みならなんでも聞きますけど、それだけは勘弁して下さい。10年早いですわ」、さんまには「俺がつけたら全員0点や」と言われ断られた。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たトータルテンボス

    なお、これとは逆にファイナリストとなっても決勝での成績が振るわなかった場合、世間によからぬ印象をあたえたり、仕事が減少する例もあり、これを「M-1逆効果」という。これについて決勝進出を3回経験したトータルテンボスは、「本当は日本9位なのに、あそこ(決勝戦)でビリになると、まるで日本で一番面白くないやつみたいに言われちゃう。恐ろしいですよ。」と語っている。しかし、それでも前年のM-1で決勝進出を果たしたか、果たしていないかで仕事量に変化があるコンビも存在する。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た藤井隆

    敗者復活戦勝者は、発表後即座に敗者復活戦が行われた会場から決勝のスタジオに車で向かう。第5回大会まではワゴンカー、第6回大会は特製の装飾が施されたオープンカー、第7回大会は競走馬輸送用のトラックで決勝スタジオまで向かう予定だった。だが第6回大会は開催日がクリスマス・イヴだったため渋滞により途中から自転車に、第7回大会もやはり渋滞でバイクに乗り換える事態になった。なお、第8回大会からは東京無線のタクシーで移動した。第8回大会に敗者復活戦司会である藤井隆が「6年間模索してきてようやくたどり着いた手段」と評価していたタクシーであったものの、それでも第9回大会は混雑のため途中でバイクに乗り換える事態となった。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た上田晋也上田 晋也

    第10回大会では紳助自らが上田晋也、名倉潤、明石家さんまに審査員として参加するよう依頼したが、上田には「勘弁して下さい」、名倉には「紳助さんの頼みならなんでも聞きますけど、それだけは勘弁して下さい。10年早いですわ」、さんまには「俺がつけたら全員0点や」と言われ断られた。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た木村祐一

    「イタキム」(板尾創路、木村祐一M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た大井競馬場

    敗者復活戦会場がこの回から大井競馬場になった。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たR-1ぐらんぷり

    この最終決戦の制度は後に『ABCお笑い新人グランプリ』や『R-1ぐらんぷり』など他の演芸コンテストの決勝大会でもM-1にならって採用された。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

266件中 41 - 50件表示

「M-1グランプリ」のニューストピックワード