351件中 71 - 80件表示
  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た日本テレビ放送網

    2007年および2008年は、読売テレビ・日本テレビから放送中に挿入するVTRの提供を受けた。そのため、エンドロールに「映像提供 ytv' 日テレ」と両社共公式ロゴでクレジットされていた。また2008年にはU字工事が司会を務める番組の映像を提供したとちぎテレビもエンドロールにクレジットされた。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たヒビノ (音響映像)

    協力:ニユーテレス、日本テレビアート、フジアール、vic、スタジオMIC、KBC映像、オムニバス・ジャパン、アクロスザユニバース、本多芸能スポーツサービス、ジー・マックス、ダントー、松谷化学、レモンスタジオ、六本木ヒルズ森タワー、明治神宮野球場、東邦航空、シミズオクト、日本VTRスタジオ、digidelic、マエダオート、有明コロシアム、すきな、アイ・ティ・エス、HIBINO、インターナショナルクリエイティブ、榊原テレビ機配、サイバード、ニュークリアス、SJP、日放、関西東通、KDDI、さがみ、ヤマモリ、東京特殊効果、東京衣裳、川口カツラ店、GPA、glow、COURIER、東京無線タクシー、タカハシレーシングM-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たKDDI

    協力:ニユーテレス、日本テレビアート、フジアール、vic、スタジオMIC、KBC映像、オムニバス・ジャパン、アクロスザユニバース、本多芸能スポーツサービス、ジー・マックス、ダントー、松谷化学、レモンスタジオ、六本木ヒルズ森タワー、明治神宮野球場、東邦航空、シミズオクト、日本VTRスタジオ、digidelic、マエダオート、有明コロシアム、すきな、アイ・ティ・エス、HIBINO、インターナショナルクリエイティブ、榊原テレビ機配、サイバード、ニュークリアス、SJP、日放、関西東通、KDDI、さがみ、ヤマモリ、東京特殊効果、東京衣裳、川口カツラ店、GPA、glow、COURIER、東京無線タクシー、タカハシレーシングM-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たフジテレビジョン

    富山テレビ(フジテレビ系列・2003年・2007年のみ)M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た讀賣テレビ放送

    2007年および2008年は、読売テレビ・日本テレビから放送中に挿入するVTRの提供を受けた。そのため、エンドロールに「映像提供 ytv' 日テレ」と両社共公式ロゴでクレジットされていた。また2008年にはU字工事が司会を務める番組の映像を提供したとちぎテレビもエンドロールにクレジットされた。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たオートバックスセブン

    第10回までは、オートバックスセブンが特別協賛(冠スポンサー)となっていた。第10回までは、特別協賛会社の名をとり、正式名称は「オートバックス 〜M-1グランプリ〜」であった。決勝戦開催日がクリスマスに重なった2001年の第1回大会と2005年の第5回大会の2度の正式名称は「オートバックス・クリスマス・M-1グランプリ」であった。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た森ビル

    協力:よしもとクリエイティブ・エージェンシー、よしもとブロードエンタテインメント(旧よしもとビジョン/トラッシュ)、ビープス、ビーダッシュ、ウイング、TASKO inc.、BABY SOUND LUCK、ノンプロダクション/テイクシステムズ、テレビ朝日映像、テルミック、共立、ロッコウ・プロモーション、ヴァルス、森ビル、テレビ朝日クリエイト、テレビ朝日サービス、俳優座劇場、東京美術、アイネックス、ONS、テレフィット、京葉レヂボン、NK特機、つむら工芸、六分機、イングス、シンテイトラストM-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たサントリー

    Cygames・日清食品・ファミリーマートの3社が「プレミアムスポンサー」として続投したほか、新たにサントリーが「プレミアムスポンサー」に参加。8月1日から、東京・大阪を皮切りに、全国8都市で予選会を開催した。出場資格は、前年と同じく、プロ・アマを問わず結成15年以内の(2001年1月1日以降に結成した)コンビに限定。1回戦、2回戦、3回戦、準々決勝、準決勝を経た後に、12月4日に敗者復活戦と決勝戦を実施した。なお、準決勝敗退者には、敗者復活戦への出場権が与えられた。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たYahoo!

    敗者復活戦の模様は第4回大会よりスカイ・A sports+(CS)で生放送されている。これに加え第8回大会は朝日放送、テレビ朝日、メ〜テレ、北海道テレビ、九州朝日放送のワンセグ独立編成でも放送され、Yahoo!プレミアム会員向けのインターネット中継でも配信され、さらに第9回大会からは朝日放送とテレビ朝日系全国ネットで放送されるようになった。第10回大会からは前回よりは漫才の模様が放送されたり、スカイ・エーでの中継が地上波開始後も継続されるなど多少は改善されたが、それでもインターネット中継は地上波開始後に配信が打ち切られるのは変わらず、半分ほどが今までのダイジェストや舞台裏紹介であった。また第10回大会では、舞台袖の控室から出番待ちしている芸人の様子を伝える内容のUSTREAMでのインターネット中継が配信された。第11回大会以降は後述する視聴者投票による審査方法の導入に伴い、全組のネタが地上波全国ネットの生放送で流されるようになった。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たテレビ朝日

    「いか天ピーナッツ」(喜多ゆかり、戒能真理):朝日放送アナウンサーと放送局社員M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

351件中 71 - 80件表示

「M-1グランプリ」のニューストピックワード