351件中 81 - 90件表示
  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たYahoo! JAPAN

    WEB企画協力:ヤフー(Yahoo! JAPAN、GYAO!)M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たダントーホールディングス

    協力:ニユーテレス、日本テレビアート、フジアール、vic、スタジオMIC、KBC映像、オムニバス・ジャパン、アクロスザユニバース、本多芸能スポーツサービス、ジー・マックス、ダントー、松谷化学、レモンスタジオ、六本木ヒルズ森タワー、明治神宮野球場、東邦航空、シミズオクト、日本VTRスタジオ、digidelic、マエダオート、有明コロシアム、すきな、アイ・ティ・エス、HIBINO、インターナショナルクリエイティブ、榊原テレビ機配、サイバード、ニュークリアス、SJP、日放、関西東通、KDDI、さがみ、ヤマモリ、東京特殊効果、東京衣裳、川口カツラ店、GPA、glow、COURIER、東京無線タクシー、タカハシレーシングM-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たP&G

    提供読みは従来の朝日放送のアナウンサーではなく、ナレーションの畑中フーが担当。提供クレジットのうちAflacとP&Gはカラー表示した。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たハリガネロック

    東京会場の審査員(7人)には1人100点の持ち点が与えられる。このほか、札幌・大阪・福岡の吉本興業の劇場に集まった各100人の一般客が1人1点で審査する(合計300点)。東京会場の審査員と合計すると満点は1000点。ただ、唯一関東出身のコンビであったおぎやはぎ、松竹芸能所属のますだおかだとアメリカザリガニ、すでに大阪から東京に進出し東京吉本に所属のDonDokoDon等に対して大阪会場の得票が低い(下記参照)など公平性に欠けるとの意見が出たり、この方式になることが大会直前になって出場者に伝えられるなど、混乱を招いた。また、会場の比率は吉本の芸人ファンが多く、その結果吉本所属のコンビに票が集中するなどの事態が多く発生し、明らかにシステムの欠陥があったため批判の的となった(ただし、今大会のこの審査方法で準優勝を果たしたハリガネロック(当時)のメンバーであったユウキロックは自身の著書内でこの非難の声に対して苦言を呈している(詳細はハリガネロックの項も参照)など、この審査方法に肯定的な人物も少なからず存在している)。10組のうち、得点上位2組が決勝と異なるネタを披露し、東京会場の審査員がステージ上で1人ずつ順番にどちらが面白かったかボタンを押して投票して優勝コンビを決定。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たDonDokoDon

    島田紳助は構想時に、出場資格を若手に限定したことについて、「昔の司法試験のように、30代になっても結果が出ない場合は、止めないと不幸である」と発言していたものの、大学を卒業してからコンビ結成した場合や、コンビを再結成した場合は、30代以降でも優に出場が可能であった。第1回大会は、大学生や会社員を経由して芸人になったますだおかだやDonDokoDonらを除けば、決勝進出者の大多数は20代であったが、大会後期では、決勝進出者の多数がキャリアを積んだ30代の芸人であった。一例として、第10回大会では、銀シャリの鰻・ハライチ・ジャルジャルの5人だけが20代であり、他の決勝進出者15人は30代であった。決勝進出者の高齢化に伴い、第1回大会では結成2年・21歳のキングコングに「脅威のルーキー」というキャッチフレーズが付いていたが、第10回大会では、結成7年・27歳のジャルジャルに「スーパールーキー」というキャッチフレーズが付いていた。また、歴代最多となる9回の決勝進出を果たし、当大会の象徴的存在であった笑い飯は26歳になる年に結成している為、ラストチャンスで優勝した頃には、36歳になっていた。その後第13回大会ではスーパーマラドーナ田中が40歳で決勝進出を果たしている。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た佐々木匡哉

    プロデューサー:佐々木匡哉(ABC、2016年は同会場ディレクター)、佐々木聡・中田美津子(2人共よしもとクリエイティブ・エージェンシー)M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た長谷川朝二

    予選審査員(50音順):浅利哲也、稲見周平、宇田川岳史、大池晶、大井洋一、大塚智仁、金山敏治、北島一人、倉本美津留、小倉マサ志、小堂稔典、庄司卓生、スマイルメロディー、高橋東希也、ハスミマサオ、長谷川朝二(長谷川→以前は構成担当)、前田政二、村上太、森、やまだともカズ、吉原洋、和田儀浩M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た喜多ゆかり

    2015年には、同年8月から予選1回戦をスタート。11月19日に準決勝が開かれた。12月6日には、朝日放送創立65周年記念番組として、14:35 - 16:30に敗者復活戦、18:30 - 21:00に決勝戦の生中継を全国ネットで実施した。また、朝日放送のラジオでは、同日の18:00 - 21:00に『ラジオでウラ実況!?M-1グランプリ2015』を生放送。決勝戦のサイマル中継をはさみながら、メッセンジャーあいはら・桂三度・畑中フー(第3回以降のテレビ中継でVTRナレーターを担当)・喜多ゆかり(朝日放送アナウンサー)が関西ローカル向けに当グランプリや出場者にまつわるエピソードを披露した。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た村上ショージ

    「ややウケちょいウケ」:村上ショージとぜんじろうによる即席コンビM-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た銀シャリ (お笑い)

    朝日放送のテレビでは決勝の前週にあたる11月26日12:55 - 13:55の枠(同日は『新婚さんいらっしゃい!』『パネルクイズ アタック25』を休止)にて、テレビ朝日系列フルネット24局にて全国ネットでの事前特番として『M-1グランプリ2017村に芸能人がやってきた!〜M-1王者の漫才旅〜』を放送。同番組は5代目王者のブラックマヨネーズと6代目王者のチュートリアルが司会を担当。番組では、第2期歴代王者2組(トレンディエンジェル、銀シャリ)が日本のとある村を訪れ、村民のオーダーメイドによる漫才を披露するものである。続く翌週12月3日に14:35 - 16:30で敗者復活戦と18:57 - 22:10で決勝を生放送。朝日放送のラジオでも、同局アナウンサー・塚本麻里衣の進行で、決勝の様子をサイマル形式で組み込んだ、『ラジオでウラ実況!?M-1グランプリ2017』を19:00 - 22:30に放送した。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

351件中 81 - 90件表示

「M-1グランプリ」のニューストピックワード