前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示
  • レドックス・フロー電池

    レドックス・フロー電池から見たナトリウム・硫黄電池ナトリウム・硫黄電池

    日本では、1985年(昭和60年)から開発を進めていた住友電気工業株式会社が2000年(平成12年)ごろから製品の販売を開始した。大型化に適しているため、電力貯蔵用設備として日間負荷変動の平準化や瞬時低電圧(瞬断)対策、風力発電の発電力均等化などが主な用途である。溶融塩を用いた電池についての住友電気工業の試算によると電池体積がリチウムイオン電池の約1/2、ナトリウム・硫黄電池の約1/4に小型化可能である。また同社は2012年(平成24年)7月に同社横浜製作所で蓄電容量 5 MWh のレドックスフロー電池と集光型太陽光発電装置を組み合わせたメガワット級大規模蓄発電システムの実証運転を開始した。。レドックス・フロー電池 フレッシュアイペディアより)

  • ナトリウム硫黄電池

    ナトリウム硫黄電池から見たナトリウム・硫黄電池ナトリウム・硫黄電池

    ナトリウム硫黄電池 フレッシュアイペディアより)

  • 能代火力発電所

    能代火力発電所から見たナトリウム・硫黄電池ナトリウム・硫黄電池

    地震および津波により複数の発電施設が被災し、電力供給力が大幅に低下したため、ナトリウム・硫黄電池による8万kW(2千kW × 40台)の蓄電設備新設を計画し、2012年1月の運用開始を予定して着工した。しかし9月21日に東京電力所有の同型電池が火災を起こしたため、工事を中断 。メーカーの日本ガイシによる調査で事故原因が判明せず、電力需要が増える2012年夏までの設置が見込めなくなったことから、2012年3月30日に計画中止が発表された。能代火力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • Βアルミナ固体電解質

    Βアルミナ固体電解質から見たナトリウム・硫黄電池ナトリウム・硫黄電池

    BASEはフォード自動車が電気自動車のバッテリーとしてナトリウム・硫黄電池(NaS電池)を開発する過程で最初に開発した。NaS電池は陽極に硫黄、陰極にナトリウムを活物質として使用する。β?アルミナは高温でナトリウムイオン伝導性を持つので電解質として使用される。300℃ で作動し、両極とも液体であるが、電解質は固体である。内部抵抗は低く保たれ NaS電池は優れた特性を示す。充放電により継続的に使用できる。その後、日本ガイシなどが定置用の大規模蓄電池として研究開発を行い、NAS電池の名称で商品化に成功した。既にいくつかの商業施設では停電対策や負荷平準化に用いられている。最近では、太陽光や風力などの自然エネルギーの欠点である、電力出力の変動を吸収する平準化用として、あるいは夜間電力を蓄電し昼間のピーク需要時に放電するピークシフト用として注目を浴びている。β?アルミナ固体電解質の性能、耐久性がナトリウム硫黄電池の鍵を握っているといっても過言ではない。Βアルミナ固体電解質 フレッシュアイペディアより)

  • Βアルミナ固体電解質

    Βアルミナ固体電解質から見たNAS電池ナトリウム・硫黄電池

    BASEはフォード自動車が電気自動車のバッテリーとしてナトリウム・硫黄電池(NaS電池)を開発する過程で最初に開発した。NaS電池は陽極に硫黄、陰極にナトリウムを活物質として使用する。β?アルミナは高温でナトリウムイオン伝導性を持つので電解質として使用される。300℃ で作動し、両極とも液体であるが、電解質は固体である。内部抵抗は低く保たれ NaS電池は優れた特性を示す。充放電により継続的に使用できる。その後、日本ガイシなどが定置用の大規模蓄電池として研究開発を行い、NAS電池の名称で商品化に成功した。既にいくつかの商業施設では停電対策や負荷平準化に用いられている。最近では、太陽光や風力などの自然エネルギーの欠点である、電力出力の変動を吸収する平準化用として、あるいは夜間電力を蓄電し昼間のピーク需要時に放電するピークシフト用として注目を浴びている。β?アルミナ固体電解質の性能、耐久性がナトリウム硫黄電池の鍵を握っているといっても過言ではない。Βアルミナ固体電解質 フレッシュアイペディアより)

  • 溶融塩

    溶融塩から見たナトリウム・硫黄電池ナトリウム・硫黄電池

    レドックス・フロー電池(電解液循環型電池)は二次電池の一種であり、充放電回数が1万回以上、構造が単純で大型化が容易という利点があるが充電容量が小さいため実用化は困難であった。このレドックス・フロー電池ではバナジウム等を溶解した水溶液でバナジウム等を酸化還元させてエネルギーを保存する。この水溶液をイオン液体に置き換える事で溶解するイオン量を増大させ単位体積当たりの充電容量を増加させる事が可能となる。住友電工社の試算によると電池体積がリチウムイオン電池の約1/2、ナトリウム・硫黄電池の約1/4に小型化可能である。溶融塩 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都水道局

    東京都水道局から見たナトリウム・硫黄電池ナトリウム・硫黄電池

    2003年3月 - NaS電池の運用開始(新町給水所・江東給水所)。上北台浄水所完成。東京都水道局 フレッシュアイペディアより)

  • 二又風力発電所

    二又風力発電所から見たナトリウム・硫黄電池ナトリウム・硫黄電池

    蓄電設備 - ナトリウム・硫黄電池 2,000kW×17ユニット(常時15ユニット併入)二又風力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 酸化アルミニウム

    酸化アルミニウムから見たナトリウム・硫黄電池ナトリウム・硫黄電池

    融解塩電気分解でアルミニウムの材料とするほか、陶芸などのセラミックス材料としても添加される。また、研削材等の高強度、高靱性、耐熱衝撃性を求められる分野や、自動車排ガス浄化触媒等の触媒の担体、歯科治療(インレー、クラウンなどの修復物・補綴物)などに広く利用される。βアルミナはナトリウム・硫黄電池の電解質に用いられる。酸化アルミニウム フレッシュアイペディアより)

  • スマートグリッド

    スマートグリッドから見たナトリウム・硫黄電池ナトリウム・硫黄電池

    スマートメーターの他、電力制御技術全般や超伝導ケーブル、NAS電池のような大規模蓄電池システムを売り込むビジネスチャンスとの見方が強い。高温超伝導送電線。スマートグリッド フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示

「NAS電池」のニューストピックワード