前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示
  • ナトリウム・硫黄電池

    ナトリウム・硫黄電池から見た日本ガイシ

    日本ガイシが製造し、日本ガイシと東京電力が販売している。近年の太陽光発電や風力発電の導入量拡大に伴い、生産量の増強を進めている。風力発電企業や大手電力事業者と共同で電力需給調整事業に参画する例も見られる。ナトリウム・硫黄電池 フレッシュアイペディアより)

  • ナトリウム・硫黄電池

    ナトリウム・硫黄電池から見た東京電力

    日本ガイシが製造し、日本ガイシと東京電力が販売している。近年の太陽光発電や風力発電の導入量拡大に伴い、生産量の増強を進めている。風力発電企業や大手電力事業者と共同で電力需給調整事業に参画する例も見られる。ナトリウム・硫黄電池 フレッシュアイペディアより)

  • ナトリウム・硫黄電池

    ナトリウム・硫黄電池から見た太陽光発電

    従来の鉛蓄電池に比べて体積・重量が3分の1程度とコンパクトなため、揚水発電と同様の機能を都市部などの需要地の近辺に設置できる。また出力変動の大きな風力発電・太陽光発電と組み合わせ出力を安定化させたり、需要家に設置して、割安な夜間電力の利用とともに、停電時の非常時電源を兼用できる。また構成材料が資源的に豊富かつ長寿命、自己放電が少ない、充放電の効率も高い、量産によるコストダウンも期待できるなどの長所を併せ持つ。ナトリウム・硫黄電池 フレッシュアイペディアより)

  • ナトリウム・硫黄電池

    ナトリウム・硫黄電池から見た風力発電

    従来の鉛蓄電池に比べて体積・重量が3分の1程度とコンパクトなため、揚水発電と同様の機能を都市部などの需要地の近辺に設置できる。また出力変動の大きな風力発電・太陽光発電と組み合わせ出力を安定化させたり、需要家に設置して、割安な夜間電力の利用とともに、停電時の非常時電源を兼用できる。また構成材料が資源的に豊富かつ長寿命、自己放電が少ない、充放電の効率も高い、量産によるコストダウンも期待できるなどの長所を併せ持つ。ナトリウム・硫黄電池 フレッシュアイペディアより)

  • ナトリウム・硫黄電池

    ナトリウム・硫黄電池から見た商標

    ナトリウム・硫黄電池(なとりうむ・いおうでんち、sodium-sulfur battery)とは、負極にナトリウムを、正極に硫黄を、電解質にβ-アルミナを利用した高温作動型二次電池である。NAS電池(なすでんち)またはNAS(なす)とも呼ばれる。特に大規模の電力貯蔵用に作られ、昼夜の負荷平準などに用いられる。ちなみにNAS電池は日本ガイシの登録商標である。ナトリウム・硫黄電池 フレッシュアイペディアより)

  • ナトリウム・硫黄電池

    ナトリウム・硫黄電池から見た停電

    従来の鉛蓄電池に比べて体積・重量が3分の1程度とコンパクトなため、揚水発電と同様の機能を都市部などの需要地の近辺に設置できる。また出力変動の大きな風力発電・太陽光発電と組み合わせ出力を安定化させたり、需要家に設置して、割安な夜間電力の利用とともに、停電時の非常時電源を兼用できる。また構成材料が資源的に豊富かつ長寿命、自己放電が少ない、充放電の効率も高い、量産によるコストダウンも期待できるなどの長所を併せ持つ。ナトリウム・硫黄電池 フレッシュアイペディアより)

  • ナトリウム・硫黄電池

    ナトリウム・硫黄電池から見た電力貯蔵

    ナトリウム・硫黄電池(なとりうむ・いおうでんち、sodium-sulfur battery)とは、負極にナトリウムを、正極に硫黄を、電解質にβ-アルミナを利用した高温作動型二次電池である。NAS電池(なすでんち)またはNAS(なす)とも呼ばれる。特に大規模の電力貯蔵用に作られ、昼夜の負荷平準などに用いられる。ちなみにNAS電池は日本ガイシの登録商標である。ナトリウム・硫黄電池 フレッシュアイペディアより)

  • ナトリウム・硫黄電池

    ナトリウム・硫黄電池から見た電解質

    ナトリウム・硫黄電池(なとりうむ・いおうでんち、sodium-sulfur battery)とは、負極にナトリウムを、正極に硫黄を、電解質にβ-アルミナを利用した高温作動型二次電池である。NAS電池(なすでんち)またはNAS(なす)とも呼ばれる。特に大規模の電力貯蔵用に作られ、昼夜の負荷平準などに用いられる。ちなみにNAS電池は日本ガイシの登録商標である。ナトリウム・硫黄電池 フレッシュアイペディアより)

  • ナトリウム・硫黄電池

    ナトリウム・硫黄電池から見た二硫化物

    放電初期では上記の反応が進行するが、放電が進行して未反応の硫黄がすべて消費されると、Na2S5は次第に、より高い原子価の硫黄の組成(Na2Sx, x=2~5)の多硫化物に転化していき、やがて二硫化ナトリウム(Na2S2)となる。ただし、Na2S2は内部抵抗が高く充電特性が悪いため、通常はNa2S2を生成しない範囲内で作動させる。充電反応は、上記放電反応の逆反応が進行する。ナトリウム・硫黄電池 フレッシュアイペディアより)

  • ナトリウム・硫黄電池

    ナトリウム・硫黄電池から見た揚水発電

    従来の鉛蓄電池に比べて体積・重量が3分の1程度とコンパクトなため、揚水発電と同様の機能を都市部などの需要地の近辺に設置できる。また出力変動の大きな風力発電・太陽光発電と組み合わせ出力を安定化させたり、需要家に設置して、割安な夜間電力の利用とともに、停電時の非常時電源を兼用できる。また構成材料が資源的に豊富かつ長寿命、自己放電が少ない、充放電の効率も高い、量産によるコストダウンも期待できるなどの長所を併せ持つ。ナトリウム・硫黄電池 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示

「NAS電池」のニューストピックワード