前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1949件中 1 - 10件表示
  • Mixed Excitation Linear Prediction

    Mixed Excitation Linear Predictionから見たNATO北大西洋条約機構

    2.4kbps MELP は最初、米軍用のMIL-STD-3005 で規格化された。その拡張版である MELPe は米軍/NATOの共通規格として STANAG4591 で規格化されている。主に軍用の暗号化戦術無線通信システムや政府用の暗号化電話のための音声符号化方式として使用されている。Mixed Excitation Linear Prediction フレッシュアイペディアより)

  • MiG-29 (航空機)

    MiG-29 (航空機)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    MiG-29(ミグ29、ロシア語:ミーグ・ドヴァーッツァヂ・ヂェーヴャチ)は、ソ連のミグ設計局で開発された戦闘機である。ロシアでの愛称は「ラーストチカ(ラースタチカ)」すなわち「燕」であるが、これは、女性に対する優しい呼びかけでもある。北大西洋条約機構(NATO)の使用するNATOコードネームは「フルクラム/ファルクラム(Fulcrum)」。MiG-29 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のジョージア

    2014年のジョージアから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    6月8日 ? 独立状態にある南オセチアにおいて、議会選挙が実施された。ジョージア、欧州連合、北大西洋条約機構は、これを承認しないと述べた。2014年のジョージア フレッシュアイペディアより)

  • エストニア

    エストニアから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    エストニア共和国(エストニアきょうわこく、)、通称エストニア()は、北ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、通貨はユーロ、人口は134万人。首都はタリンである。エストニア フレッシュアイペディアより)

  • トルコ陸軍

    トルコ陸軍から見たNATO北大西洋条約機構

    設立は第一次世界大戦の敗戦から始まる一連の動きにより1920年であり、第二次世界大戦ではドイツからの要請をかわし続けたために終結まで中立国だったが、冷戦初期から西側諸国としてNATOによる集団的自衛権維持と、国益に沿う個別的自衛権行使を担当している。PKOなど国連関連の活動にも積極的に参加すると共に、近代的な装備を保有する世界全体で10位以内に入るとされる強大な戦力を持つ陸軍である。トルコ陸軍 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ軍のC4Iシステム

    ドイツ軍のC4Iシステムから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    本項では、ドイツ連邦軍のC4Iシステムについて扱う。ドイツ連邦軍は、北大西洋条約機構(NATO)各国軍のなかでも、もっとも早期よりC4I化を推進してきた軍隊である。このためもあり、戦略級システムや作戦級システムについては、軍種間での独立性が強いのが特徴である。ただし統合運用には十分な意が払われており、戦術級システム間での情報共有なども積極的に推進されている。ドイツ軍のC4Iシステム フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ陸軍

    メキシコ陸軍から見たNATO北大西洋条約機構

    第一次世界大戦中(1917年)には、協商国側ドイツ帝国に対して、メキシコ政府宛てに書かれたとされるツィンメルマン電報事件の発覚により、アメリカ合衆国政府が日英同盟やフランス及びイタリアなど連合国側で対独宣戦布告(戦勝国五大国参照)を行う理由となった。このドイツ帝国外務大臣から新大陸メキシコ政府へ発進された電報「ツィンメルマン電報」の内容は、「アメリカ合衆国南東部旧テキサス共和国地域へのメキシコ陸軍による先制攻撃によって、それを兵器援助などドイツ帝国が援助し、第一次世界大戦でドイツ帝国が勝利した場合には、メキシコが米墨戦争によって、アメリカ合衆国に奪われたテキサス州、ニューメキシコ州、アリゾナ州(いずれも元メキシコ領)を、メキシコ政府に向けて返還させる講和条約を結ぶ」というものであったが、これが事前に傍受されて、アメリカ合衆国は第一次世界大戦に対協商国宣戦布告を行い、軍の参謀本部などに軍事的な可能性を研究させるなど、真剣に対米国宣戦も考えていたとされる当時のメキシコ政府は、最終的にメキシコ政府はこの「ツィンメルマン電報事件」によるドイツ帝国政府からの参戦要請を断った。以後は、アメリカ合衆国と冷戦期にはFTAを結ぶなどしており、西側諸国の一員として冷戦終結まで過ごしていた為に、現在もメキシコ陸軍の標準装備はNATO規格である。メキシコ陸軍 フレッシュアイペディアより)

  • 国際治安支援部隊

    国際治安支援部隊から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    国際治安支援部隊(こくさいちあんしえんぶたい 英: International Security Assistance Force)は、国際平和活動のひとつ。アフガニスタンの治安維持を通じアフガニスタン政府を支援する目的で、2001年12月5日のボン合意に基づく2001年12月20日の国連安保理決議1386号により設立された。当初は有志国の集まりからなる多国籍軍により構成されていたが、現在は北大西洋条約機構(NATO)が統括する。略称はISAF(アイサフ)。国際治安支援部隊 フレッシュアイペディアより)

  • 89式5.56mm小銃

    89式5.56mm小銃から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1950年代、NATOによる小火器用弾薬の標準化が行われ、アメリカ軍のM14やM60が使用していた弾薬が7.62x51mm NATO弾として採用された。以降、ドイツ(西ドイツ)H&K社のG3 シリーズ、ベルギーFN社のFALやMAGなどで採用され、それらが多くの国で使用されることとなる。日本においても減装弾ではあったが、7.62mm弾を使用するアサルトライフルの開発が行われ、64式7.62mm小銃として1964年に制式化、自衛隊や海上保安庁へ配備が行われた。89式5.56mm小銃 フレッシュアイペディアより)

  • リトアニア

    リトアニアから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    リトアニア共和国(リトアニアきょうわこく、)、通称リトアニア()は、ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、通貨はユーロ、人口は325万人、首都はヴィリニュスである。リトアニア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1949件中 1 - 10件表示

「NATO」のニューストピックワード