1949件中 91 - 100件表示
  • ワルシャワ条約機構

    ワルシャワ条約機構から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    西ドイツの再軍備および北大西洋条約批准、北大西洋条約機構(NATO)加入という事態に対抗して作られた。露語での略称は'またはと表す。英語での略称はWTOまたはWPO、WarPac'。ワルシャワ条約機構解散後に創設された同じ略称の世界貿易機構と混同されやすいためにTreaty(条約)ではなくPact(協定)を用いたWPOの略称が多く使われる。ワルシャワ条約機構 フレッシュアイペディアより)

  • ホーカー・シドレー P.1127

    ホーカー・シドレー P.1127から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1954年、フランスの技術者ミシェル・ウィボー (Michel Wibault)は、ブリストル オライオン ターボプロップエンジンを用いてエンジン前方に配置した四基の遠心式ブロワーをシャフト駆動し、ブロワーのケーシングごと回転偏向させることで垂直離着陸を可能とする対地攻撃機「ジロプテール」(Gyropter) を提案した。フランス政府、航空機メーカーともこの提案に興味を示さなかったため、ウィボーは1956年にアメリカが出資するNATOの相互兵器開発計画 (Mutual Weapons Development Project, MWDP) に提案し、この案がブリストル・エンジン社にもたらされた。ウィボーの提案したエンジン配置はかさばりすぎ、また、実用には重すぎたため、ブリストル・エンジンのスタンリー・フッカーは一対の軸流ファンと可変ノズルを用いたBE48 エンジンを設計、更に1957年半ばには同社のオーフュースの前段にオリンパスを組み合わせ、前段からの低温排気を回転可能なパイプで推力を偏向できる様にしたエンジンを提案した。この案はホーカーに伝えられ、シドニー・カムの指導のもとラルフ・フーパーが検討を行ったが、エンジン全体を地面に対し30度傾けても実用とはならないことが判明した。そこで、前段のみならず後段の排気も偏向させることが決定され、1958年初頭には更なる推力を得るため二段のファンが追加された。同時に、ジェットエンジンを構成する2つの軸(スプール)のうち、ファン/低圧圧縮機-低圧タービンの軸と、高圧圧縮機-高圧タービンの軸とを逆回転させることでジャイロ効果の低減が図られた。ホーカー・シドレー P.1127 フレッシュアイペディアより)

  • セルビア・モンテネグロ

    セルビア・モンテネグロから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1999年3月24日 - 北大西洋条約機構(NATO)がユーゴスラビア全土に対する空爆を開始。セルビア・モンテネグロ フレッシュアイペディアより)

  • スロボダン・ミロシェヴィッチ

    スロボダン・ミロシェヴィッチから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    欧州ではベラルーシのルカシェンコ大統領と並ぶ独裁者と見られ、いわゆる戦争犯罪に手を染めた人物として有名であった。1992年のユーゴスラビア社会主義連邦崩壊後は一貫してNATO諸国と対立し、一連のユーゴスラビア紛争における戦争犯罪人として身柄を拘束された。戦犯として国際司法裁判所のあるオランダ王国ハーグで起訴されていたが、2006年3月11日に、「人道に対する罪」(欧州ではナチスドイツ関係者を裁いたニュルンベルク裁判以来の適用となるジェノサイド罪で被告となっていた)に対する国際検事団による協同審議中に持病が悪化し、収監先のハーグにて獄死した。冷戦時代を締めくくる戦犯として知られる。満65歳没。スロボダン・ミロシェヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • デーレントルプ

    デーレントルプから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    デーレントルプは、ノルトライン=ヴェストファーレン州北東部、オストヴェストファーレン=リッペ地方すなわちデトモルト行政管区の東部に位置する。この町はノルトリッペ(北リッペ)地方に含まれる。隣接する最も大きな都市は、約 7 km 西のかつて郡庁所在地 レムゴーである。トイトブルクの森に面した現在の郡庁所在地デトモルトは、南西 18 km に位置している。最寄りの大都市ビーレフェルトは 35 km 西に存在する。自然環境上、この町の町域は、の一部であるリッペ山地に完全に含まれる。リッペ山地は、この町の町域では、強く浸食を受けた丘陵地の様相を呈している。山は森に覆われ、谷は集中的に農業に利用されている。町境から約 20 km 北をヴェーザー川が流れている。町内で最も大きな川は西に向かって流れるベーガ川である。ベーガ川の主な支流には、北から合流するヒルバッハ川と、南から合流するディーケバッハ川がある。ベーガ川の北、ヒレントルプ地区の南にポルトクーレと呼ばれる湖がある。この湖は、広さ約 2.9 ha で、この町最大の静水面である。町域の最低地点は、デーレントルプ西部のベーガ川の谷にある海抜 116 m の地点である。最高地点は、町の北東部、シュヴェーレントルプ近郊のシュタインベルクで、海抜 387 m である。1992年までこの山頂には NATO のミサイル防衛基地があり、その近くには多くの墳丘墓が存在している。冷戦時代、軍事的に利用されていたデーレンベルクの山頂(海抜 387 m)は、わずかに町境の外側にある。町境は、この山の南斜面の海抜 366 m を通っている。この町はトイトブルクの森 / エッゲ山地自然公園に完全に含まれるが、トイトブルクの森にもエッゲ山地にも接していない。デーレントルプ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の軍事

    アメリカ合衆国の軍事から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    アメリカ合衆国は北米大陸を領有し、東西を大洋に挟まれた地理にあり、南方はメキシコ、北方はカナダと隣接している。アメリカ大統領を最高指揮官としてアメリカ合衆国軍が編制されており、核兵器を保有している。建国以来、強大な常備軍を持たない伝統的な軍事思想であり、また孤立的な地理的位置からモンロー主義を採用していた。しかし冷戦期に対ソ封じ込め政策を実施するため、北大西洋条約機構など世界各国と集団安全保障体制を構築し、軍事力が常備化して世界的に部隊を地域的統合作戦部隊に編制して配備している。その主要な国防政策としては、米国本土の防衛、欧州・北東アジア・東アジア沿岸部・中東・南西アジアの重要地域の前方抑止、小規模緊急事態への対処である。軍事力の目標として2地域で同時に作戦を遂行し、うち1地域においては敵を決定的に撃破するものとされている。さらに新たな脅威に対抗するために世界的な米軍再編をも進めている。2001年の同時多発テロ以降には対テロ戦争の国家方針を打ち出してアフガニスタン侵攻やイラク戦争を実施した。アメリカ合衆国の軍事 フレッシュアイペディアより)

  • アラブの春

    アラブの春から見たNATO北大西洋条約機構

    カダフィ大佐による独裁体制が敷かれているリビアでも、カダフィの退陣を要求するデモが2月17日に発生、2月20日には首都トリポリに拡大し放送局や公的機関事務所が襲撃・占拠され、軍はデモ参加者に無差別攻撃を開始し多数の犠牲者が出た。政府側はサハラ以南のアフリカから多額の時給で民兵を雇用し、反政府派も施政権が及ばなくなったとされる東部や南部を武器をとり掌握するなど勢力を拡大、首都での戦いが避けられないという見方が報道によりなされた。これをうけ国連安保理は「民間人に対する暴力」としリビアに対し経済制裁と強い非難決議を採択した。その後、半年間に及ぶ事実上の内戦状態に突入したが、NATOによる軍事介入などの支援の成果もあり、8月24日には首都トリポリが陥落、42年間に及ぶカダフィ政権が崩壊した(2011年リビア内戦)。さらに、シリアでもアサド政権側の政府軍と反体制組織等による事実上の内戦状態に突入しており、死者数が数万人に及ぶなど泥沼化している(シリア内戦)。先のカダフィ政権崩壊後の動きとして、イエメンではこれまで続いてきた抗議運動の高まりにより、北イエメン時代から約33年間に渡り政権を維持してきたサーレハが大統領権限を委譲し辞職するに至った(2011年イエメン騒乱)。アラブの春 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの歴史

    カナダの歴史から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    戦後のカナダは国際連合とNATOに当初から加盟した。さて敗戦国ドイツは南部をアメリカに保護された。初代専務理事にカトリックのベルギー人を戴いた国際通貨基金が欧州の復興に幅を利かせた。1949年、イギリス法北アメリカ法第二号によって、連邦下院の議席配分など連邦権限に関する憲法改正権を獲得した。カナダは朝鮮戦争で2万7000の兵力を派遣した。1952年にはカナダ生まれの総督が初めて任命された。このヴィンセント・マッセイ(Vincent Massey)は、1951年に政府委員会の長として報告書を提出し、カナダ文化の成長にアメリカは邪魔だと訴えていた。1956年のスエズ危機では合衆国をともない、英仏と対立しながら問題解決を図った。1957年に格差調整補助金制度が採用された。連邦と州が財源として共有する個人/法人所得税と相続税が、全州市民一人あたりの歳入をそろえるために「持たざる州」へ交付されることになった。これが助成金に化けてカナダ横断パイプライン(TransCanada pipeline)となった。ここへラファージュが部品を出荷した。そしてアルバータのエドモントンがパイプラインのハブとして栄えた。カナダの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • STANAG マガジン

    STANAG マガジンから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    STANAG マガジン(STANAG 4179-compliant firearm magazines)は、NATOが1980年10月に提案した5.56x45mm弾用着脱式弾倉である。STANAG マガジン フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国のメートル法化

    アメリカ合衆国のメートル法化から見たNATO北大西洋条約機構

    米軍は、NATO同盟国との相互運用性を確保する必要性から、ほぼ全ての武器の口径に、それがたとえ異なる測定値に由来または導出する口径であっても、メートル法単位を使用している(例えば、ではなく7.62 mm、ではなく5.56 mm)。しかし、米国の主要なハンドロードのマニュアルでは、弾丸の直径・カートリッジの全長・粉体充填重量・速度・最大圧力などの関連する全ての測定に対して、それがヨーロッパで設計された完全にメートル法単位で丸められたものであっても、米国慣用単位を使用している。アメリカ合衆国のメートル法化 フレッシュアイペディアより)

1949件中 91 - 100件表示

「NATO」のニューストピックワード