1518件中 91 - 100件表示
  • アドルフ・ホイジンガー

    アドルフ・ホイジンガーから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    アドルフ・ホイジンガー(Adolf Heusinger、1897年8月4日 - 1982年11月30日)は、ドイツの軍人。 ドイツ国防軍で陸軍総司令部作戦課長、参謀長代行を務める。戦後は西ドイツの再軍備に関わり、初代連邦軍総監、NATO軍事委員会委員長を歴任した。アドルフ・ホイジンガー フレッシュアイペディアより)

  • オスカー・ラフォンテーヌ

    オスカー・ラフォンテーヌから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    彼はSPD党内でも左派としてその名を轟かせた。最初に注目されたのは1970年代後半の平和運動の盛り上がりにおいてだった。NATOの抑止力充実を進めていたのは他ならぬSPDのヘルムート・シュミット首相だったが、ラフォンテーヌは党内のハンス・エップラーや同じ若手のゲアハルト・シュレーダーらと共に西ドイツのNATOからの脱退などを要求し公然とシュミットを批判した。しかし党内の多数派はシュミットの政策を是としたため、ラフォンテーヌは悔し紛れにシュミットを「強制収容所も経営出来る」と批判して、のちに謝罪した。1983年の大規模なミサイル配備抗議の座り込みにも、作家のハインリッヒ・ベルらと共に参加している。オスカー・ラフォンテーヌ フレッシュアイペディアより)

  • 頭字語

    頭字語から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    アクロニム ():連なったアルファベットを通常の単語と同じように発音して読むもの。例: AIDS(エイズ)、OPEC(オーペク/オペック)、NATO(ナトー)など。頭字語 フレッシュアイペディアより)

  • グレネードランチャー

    グレネードランチャーから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    現在、北大西洋条約機構を中心に、フラッシュサプレッサーの外径を22mmとし、これにグレネードランチャーとしての機能を付加することが一般的になっている。このため、現代のアサルトライフルはソケットアダプターが不要であり、また銃への負荷や反動が軽い弾丸トラップ式の普及もあって、ほぼあらゆるアサルトライフルをグレネードランチャーとして利用できるようになっている。グレネードランチャー フレッシュアイペディアより)

  • マーシャル・プラン

    マーシャル・プランから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    ベルリン封鎖に端を発したドイツの東西分裂の固定化などを通じて、既に東西世界は対立の様相を鮮明にしつつあった。ソ連の原爆保有発覚、国共内戦での中国人民解放軍(中国共産党の軍事部門)の勝利は、西側世界に衝撃を与えた。一方、米国と西欧諸国は北大西洋条約機構 (NATO) を設立(1949年4月4日)し、米国は西欧に対して大きな軍事的影響力を保持した。マーシャル・プラン フレッシュアイペディアより)

  • ユニバーサル横メルカトル図法

    ユニバーサル横メルカトル図法から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    アメリカ軍やNATOの位置表示システムでは、ゾーンを緯度8度ずつ南緯80度から72度のCから北緯72度から84度のXまで(ただし数字の1と0に紛らわしいIとOは使用しない)の20に分割して、ゾーン番号と合わせて大雑把な位置指定を行う。ユニバーサル横メルカトル図法 フレッシュアイペディアより)

  • 第三次世界大戦

    第三次世界大戦から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1983年 エイブル・アーチャー83演習(ソ連、NATOの核ミサイル発射演習を本物の核攻撃の偽装と誤解)第三次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • サイドワインダー (ミサイル)

    サイドワインダー (ミサイル)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    しかし、このような制約にもかかわらず、AIM-9A/Bは、当時の短距離空対空ミサイルとしては、非常に卓越したものであった。1955年6月には、当時アメリカ空軍が運用していたAIM-4C/D (GAR-2A/B)との比較試験において優越性が示されたことから、AIM-9BがGAR-8として採用されることとなった。また、北大西洋条約機構を中心に、同盟国に対しても広く輸出された。中華民国空軍は、保有するF-86F×100機にAIM-9Bの運用能力を付与する改修を行ない、これらの機体によって空対空ミサイルの初撃墜が記録されることとなった。1962年の生産中止までに、80,000発以上のAIM-9Bが生産された。また、下記に示すように、AIM-9Bはいくつかの国で模倣された。サイドワインダー (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • コソボ治安軍

    コソボ治安軍から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1999年のコソボ紛争の後、国際連合の安全保障理事会は決議1244を議決し、北大西洋条約機構(NATO)主導のKFORがコソボの治安を担うものとされた。KFORは1999年6月12日に国際連合の命令に基づいてコソボに進駐した。決議1244が議決された当時、コソボではセルビア人によるユーゴスラビア連邦共和国の軍や準軍事組織と、アルバニア人のコソボ解放軍との間で戦闘が続けられ、コソボは重大な人道上の危機にあった。民族間対立は最高潮に達し、記録的な数の死者が出た。ほぼ1百万人が難民となった。コソボ治安軍 フレッシュアイペディアより)

  • フォークランド紛争

    フォークランド紛争から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1982年3月19日にアルゼンチン海軍艦艇がフォークランド諸島の英領サウス・ジョージア島に2度にわたって寄航し、イギリスに無断で民間人を上陸させた(サウスジョージア侵攻)。イギリスはサウス・ジョージア島からのアルゼンチン民間人の強制退去命令を出すとともに3月28日に米国の支援を要請し、原子力潜水艦の派遣を決定した。4月2日にはアルゼンチン正規陸軍が同島に侵攻。4月25日にサウス・ジョージア島にイギリス軍が逆上陸、即日奪還した。アルゼンチン軍は航空攻撃でイギリス艦船を撃沈するなど当初は優位に戦いを進めたものの、イギリス軍は経験豊富な陸軍特殊部隊による陸戦や長距離爆撃機による空爆、また同盟国アメリカやEC及びNATO諸国の支援を受けた情報戦を有利に進め、アルゼンチンの戦力を徐々に削り、6月7日にはフォークランド諸島に地上部隊を上陸、6月14日にはアルゼンチン軍が正式に降伏。戦闘は終結した。フォークランド紛争 フレッシュアイペディアより)

1518件中 91 - 100件表示

「NATO」のニューストピックワード