1949件中 101 - 110件表示
  • 国際連合コソボ暫定行政ミッション

    国際連合コソボ暫定行政ミッションから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    北大西洋条約機構(NATO)主導のコソボ平和維持部隊(KFOR)は、UNMIKの支援の下でコソボの治安維持に当たっているが、国際連合の下位に属するものではない。国際連合コソボ暫定行政ミッション フレッシュアイペディアより)

  • オスカー・ラフォンテーヌ

    オスカー・ラフォンテーヌから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    彼はSPD党内でも左派としてその名を轟かせた。最初に注目されたのは1970年代後半の平和運動の盛り上がりにおいてだった。NATOの抑止力充実を進めていたのは他ならぬSPDのヘルムート・シュミット首相だったが、ラフォンテーヌは党内のハンス・エップラーや同じ若手のゲアハルト・シュレーダーらと共に西ドイツのNATOからの脱退などを要求し公然とシュミットを批判した。しかし党内の多数派はシュミットの政策を是としたため、ラフォンテーヌは悔し紛れにシュミットを「強制収容所も経営出来る」と批判して、のちに謝罪した。1983年の大規模なミサイル配備抗議の座り込みにも、作家のハインリヒ・ベルらと共に参加している。オスカー・ラフォンテーヌ フレッシュアイペディアより)

  • 集団的自衛権

    集団的自衛権から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    冷戦期には、集団的自衛権に基づいて北大西洋条約機構(NATO)やワルシャワ条約機構(WTO)といった国際機関が設立され、集団的自衛を実践するための共同防衛体制が構築された。しかし冷戦が終結すると、ワルシャワ条約機構は解体されるなど、このような集団的自衛権に基づく共同防衛体制の必要性は低下していった。集団的自衛権 フレッシュアイペディアより)

  • 艦対空ミサイル

    艦対空ミサイルから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    アメリカ陸軍はモーラー計画の挫折を受けて、サイドワインダーをもとにしたMIM-72 チャパラルを採用しており、海軍もごく少数を購入したが、これは目標正面における交戦能力がなかったため、海軍の用途には全く適さないことが判明した。このため、海軍は同じく空対空ミサイルのAIM-7 スパローを艦載化することを決定し、これによって開発されたのがシースパローBPDMSである。これは極めて応急的なもので、限定的な能力しか有さなかったことから、のちに改良型のシースパロー IBPDMSが開発され、NATO共通の個艦防空火器として、NATOシースパロー・ミサイル・システム(NSSMS)となった。NSSMSは、のちに固有のMk 23 TAS目標識別レーダーなどを追加され、小規模ながら自己完結型の防空システムを形成することになり、のちのアメリカの艦艇自衛システムなどの嚆矢となった。艦対空ミサイル フレッシュアイペディアより)

  • マーシャル・プラン

    マーシャル・プランから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    ベルリン封鎖に端を発したドイツの東西分裂の固定化などを通じて、既に東西世界は対立の様相を鮮明にしつつあった。ソ連の原爆保有発覚、国共内戦での中国人民解放軍(中国共産党の軍事部門)の勝利は、西側世界に衝撃を与えた。一方、米国と西欧諸国は北大西洋条約機構 (NATO) を設立(1949年4月4日)し、米国は西欧に対して大きな軍事的影響力を保持した。マーシャル・プラン フレッシュアイペディアより)

  • 封じ込め

    封じ込めから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    「封じ込め」の語は、アメリカと西ヨーロッパ諸国による北大西洋条約の締結・北大西洋条約機構(NATO)の設立や相互防衛協定など、ハリー・S・トルーマン及び共和党の政策と最も関連している。ドワイト・D・アイゼンハウアーは、これと対立するドクトリンである巻き返し政策を弄したが、1956年のハンガリー動乱への介入については拒絶した。リンドン・ジョンソンは、ヴェトナム政策正当化のために「封じ込め」の語を用いた。封じ込め フレッシュアイペディアより)

  • カナダとアメリカ合衆国の関係

    カナダとアメリカ合衆国の関係から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    しかし二度の世界大戦で協力したことによって、カナダとアメリカ合衆国の間では以前あった敵意の大半が失われた。旧宗主国イギリスの世界帝国としての影響力が減退するにつれて、カナダとアメリカ合衆国は非常に密接なパートナーとなった。冷戦の間もカナダはアメリカ合衆国の密接な同盟国であり、NATOの原加盟国として英仏やベネルクス三国などと名を連ねた。アングロアメリカを一つの地域連合と考えた場合には北極海やベーリング海峡を挟んでロシア地域と直接対峙する格好となるため、米国とカナダの連携は他の西側諸国にとっても非常に重要であった。カナダとアメリカ合衆国の関係 フレッシュアイペディアより)

  • 日本とクロアチアの関係

    日本とクロアチアの関係から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1941年から1945年にかけて両国は正式な同盟関係(日独伊三国同盟)にあり、2009年以降には準同盟関係(日米同盟およびNATOによりアメリカ合衆国を共通の同盟国とする関係)となっており、日本とクロアチアは伝統的に深い友好関係にある。日本とクロアチアの関係 フレッシュアイペディアより)

  • トマホーク (ミサイル)

    トマホーク (ミサイル)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    BGM-109Gは、1983年からヨーロッパのNATO諸国に配備されたが、1987年12月に米ソがINF全廃条約に調印すると、GLCMはまさにこの条約の規制対象であったため、1988年から撤去が開始された。1991年5月には撤去が完全に完了し、全数が保管中である。トマホーク (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • ヴォイスラヴ・シェシェリ

    ヴォイスラヴ・シェシェリから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    シェシェリは、ユーゴスラビア国内で活動する外国メディアや人権団体に反論し、「もし我々が北大西洋条約機構の計画を全てつかむことができないのなら、我々は、各種のヘルシンキ人権委員会や売国奴組織などの手の届く範囲のものはつかむことができる。」そして「外国のプロパガンダの流布に加担したと我々が証明する者たち、ボイス・オブ・アメリカやドイチェ・ヴェレ、Radio Free Europe、ラジオ・フランス・アンテルナショナル、BBCラジオなどだ。もし彼らが侵略行為をしている場面を我々がおさえたら、彼らは何も良いことを期待することはできない。」と話した。ヴォイスラヴ・シェシェリ フレッシュアイペディアより)

1949件中 101 - 110件表示

「NATO」のニューストピックワード