1518件中 101 - 110件表示
  • Su-27 (航空機)

    Su-27 (航空機)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    Su-27は「フランカー」(:ラグビーやアメリカンフットボールのポジションの一つ)という名称でも呼ばれるが、これは北大西洋条約機構 (NATO) のつけたNATOコードネームである。ただし、近年ではロシアでも対外的にこの名称を用いている場合がある。Su-27 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • フィンマルク県

    フィンマルク県から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    また、ポーサンゲル区のバナクにあるはノルウェー王国軍とNATO加盟国によって使われている。軍関連産業のために付近にシューティングレンジを導入している。 はハルカバッレ訓練場に近くまた、が東にあり、ロシアとの国境線の警備を担当している。フィンマルク県 フレッシュアイペディアより)

  • ブリュッセル

    ブリュッセルから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1830年、ブリュッセルの王立モネ劇場でオペラの上演中に興奮した観客が暴動を起こし、ベルギー独立革命の引き金を引いた。革命に際しては、ブリュッセルはその中心地となり、1831年にベルギー王国の首都となった。第二次世界大戦後の1958年には盛大な万国博覧会を開催し、北大西洋条約機構と欧州委員会の本部をブリュッセルへと誘致した。ブリュッセル フレッシュアイペディアより)

  • 冷戦

    冷戦から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    これら共産勢力のアジア台頭に脅威を感じたアメリカは、1951年8月に旧植民地フィリピンと米比相互防衛条約、9月に一国占領していた旧敵日本と日米安全保障条約、同月にイギリス連邦のオーストラリア・ニュージーランドと太平洋安全保障条約 (ANZUS)、朝鮮戦争後の1953年8月に韓国と米韓相互防衛条約、1954年に中華民国と米華相互防衛条約を立て続けに結び、1954年9月にはアジア版NATOといえる東南アジア条約機構 (SEATO) を設立して西側に引き入れた他、中華民国への支援を強化した。また中東でも、アメリカをオブザーバーとした中東条約機構(バグダッド条約機構、METO)を設立し、共産主義の封じ込みを図った。冷戦 フレッシュアイペディアより)

  • R-36 (ミサイル)

    R-36 (ミサイル)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    R-36(ロシア語:'エール・トリーッツァチ・シェースチ)は、ソビエト連邦の大陸間弾道ミサイル(ICBM)およびロケットである。オリジナルなR-36にはGRAUインデックス8K67を付与された。北大西洋条約機構(NATO)では、本型番にはスカープ(Scarp:断崖絶壁の意)というNATOコードネームを用いた。また、DoD番号ではSS-9と呼ばれた。派生型であるR-36Mに対しては、GRAUインデックス15A14、及びその改良型ミサイルR-36MUTTh (SS-18 Mod 4)には15A18を付与された。北大西洋条約機構(NATO)では、「サタン」(Satan:魔王の意)というNATOコードネームを用いた。また、DoD番号ではSS-18'と呼ばれた。R-36 (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • ノーフォーク (バージニア州)

    ノーフォーク (バージニア州)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    ノーフォークはチェサピーク湾の湾口という立地条件に加え、ハンプトン・ローズという天然の良港に恵まれていることから、港湾都市、また軍事都市として発展してきた歴史を持っている。ノーフォークは世界最大の海軍基地で、アメリカ統合戦力軍、アメリカ艦隊総軍、アメリカ海兵隊総軍、統合戦力軍特殊作戦軍団、および北大西洋条約機構(NATO)の変革連合軍が司令部を置くノーフォーク海軍基地を抱えている。ノーフォークやニューポートニューズ、エリザベス川対岸のポーツマスでは、軍需産業、特に軍艦を建造する造船業が発展している。また、ノーフォークの港湾は軍のみならず民間においても重要度が高く、特にコンテナ貨物の取扱量においてはアメリカ合衆国大西洋岸有数である。加えて、ノーフォークはクルーズの拠点としても、乗船客・クルーズ船会社の両方から高い評価を得ている。ノーフォーク (バージニア州) フレッシュアイペディアより)

  • スロベニア

    スロベニアから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    スロベニアは西はイタリア、北はオーストリア、南や南東はクロアチア、北東でハンガリーとそれぞれ国境を接している。国土面積はで、人口は205万人を擁する。で、欧州連合や北大西洋条約機構の加盟国である。スロベニアではアルプス山脈とディナル・アルプス山脈、地中海のアドリア海に沿った少ない海岸部分のヨーロッパの4つの大きな地理的な部分が接している。スロベニア フレッシュアイペディアより)

  • コソボ

    コソボから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    戦闘員ではないアルバニア人が攻撃を受け、多くのアルバニア人が隣接するマケドニア共和国やアルバニア、モンテネグロなどに流出し、再びセルビア側の「非人道的行為」がクローズアップされるようになった。国連やEUは、セルビアとコソボの間に立って調停活動を行うことになった。1999年3月からは、NATOが国際世論に押されてセルビアに対する大規模な空爆を実施するに至った。この空爆は約3ヶ月続き、国際社会からの圧力に対抗しきれなくなったセルビアはコソボからの撤退を開始、翌年までに全ての連邦軍を撤退させた。これによってコソボはセルビア政府からの実効支配から完全に脱することになった。代わって国連の暫定統治機構である国際連合コソボ暫定行政ミッション(United Nations Interim Administration Mission in Kosovo: UNMIK)が置かれ、軍事部門としてNATO主体の国際部隊(KFOR)が駐留を開始した。それ以降、主にセルビア系住民が多数を占める限られた一部の地域と一部の出先機関を除いて、セルビア政府による実効支配は及ばなくなった。コソボ フレッシュアイペディアより)

  • フランス

    フランスから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    第二次世界大戦後の冷戦構造の中でフランスは自由主義陣営(西側)に属し、北大西洋条約機構の原加盟国でもあるが、ド・ゴールはヨーロッパの自主性を主張してアメリカと距離を置いた独自路線を取り、米ソと並ぶ第三極を目指した。こうした政治姿勢はド・ゴール主義と呼ばれ、1960年の核兵器保有もその一環である。フランス フレッシュアイペディアより)

  • フィッシュポット

    フィッシュポットから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    北大西洋条約機構 (NATO) は、ソ連の戦闘機に対してこの単語をNATOコードネームとして使用した。以下の機体に対して使用されたが、他のコードネーム一般の例に漏れず開発側の実態とは認識にずれがあるため使用にあたっては注意が必要。フィッシュポット フレッシュアイペディアより)

1518件中 101 - 110件表示

「NATO」のニューストピックワード