1949件中 111 - 120件表示
  • コソボ

    コソボから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    戦闘員ではないアルバニア人が攻撃を受け、多くのアルバニア人が隣接するマケドニア共和国やアルバニア、モンテネグロなどに流出し、再びセルビア側の「非人道的行為」がクローズアップされるようになった。国連やEUは、セルビアとコソボの間に立って調停活動を行うことになった。1999年3月からは、NATOが国際世論に押されてセルビアに対する大規模な空爆を実施するに至った。この空爆は約3か月続き、国際社会からの圧力に対抗しきれなくなったセルビアはコソボからの撤退を開始、翌年までに全ての連邦軍を撤退させた。これによってコソボはセルビア政府からの実効支配から完全に脱することになった。代わって国連の暫定統治機構である国際連合コソボ暫定行政ミッション(United Nations Interim Administration Mission in Kosovo、UNMIK)が置かれ、軍事部門としてNATO主体の国際部隊 (KFOR) が駐留を開始した。それ以降、主にセルビア系住民が多数を占める限られた一部の地域と一部の出先機関を除いて、セルビア政府による実効支配は及ばなくなった。コソボ フレッシュアイペディアより)

  • 英葡永久同盟

    英葡永久同盟から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    第二次世界大戦後の東西冷戦下では、1949年に北大西洋条約機構の原加盟国として西側陣営に早くから参加し、戦後に超大国化したアメリカ合衆国を盟主とする国家連合の枠組みの中でイギリスとの新たな協調関係を築き上げた。英葡永久同盟 フレッシュアイペディアより)

  • チャレンジャー1

    チャレンジャー1から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    (ちなみに、NATO加盟国による合同軍事演習の時、各国の戦車兵たちは自国の戦車が最も良いと言いつつ、「実戦では何に乗りたいか?」と問われた際に、「チャレンジャーに乗りたい」と言った戦車兵が最も多かったという逸話が生まれたのも、この装甲から来ている面が大きい)。チャレンジャー1 フレッシュアイペディアより)

  • 国際信号旗

    国際信号旗から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    なお、NATOでは別途、専用のコードを用意している。国際信号旗 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国共和党の歴史

    アメリカ合衆国共和党の歴史から見たNATO北大西洋条約機構

    1952年の大統領選挙で、共和党内の国際主義派は、保守派の領袖ロバート・タフトの孤立主義的外交政策に対抗するため、国際主義者でデューイ派に近かった、第二次大戦の英雄でNATO軍最高司令官ドワイト・D・アイゼンハワー将軍の擁立を目論み、ヘンリー・カボット・ロッジ・ジュニア率いる小さな派閥がその説得に成功した。タフト派の支配下にある各地の共和党の影響力を削ぐために、アイゼンハワー派は全国に「アイゼンハワーを支持する市民」という草の根団体を立ち上げた。この団体は中道・国際主義政策を支持する改革派を増やすことで共和党の復興を目指すもので、アイゼンハワー以外には特に支持する候補を挙げず、地元に密着した勧誘活動や小規模集会を展開して民主党員や無所属の人々も歓迎し、アイゼンハワーの勝利に結びつけた。アイゼンハワーの大統領就任は20年に及んだ民主党のホワイトハウス独占を打ち破り、2期続いた。アメリカ合衆国共和党の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • SH-60 シーホーク

    SH-60 シーホークから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    NATO軍のヘリコプターとしてHH-60Hが登場。NATO海軍部司令官のピケ中将を、アドリア海に展開するニミッツ級航空母艦「カール・ヴィンソン」まで輸送する。SH-60 シーホーク フレッシュアイペディアより)

  • 北大西洋条約

    北大西洋条約から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    条約の根幹は、集団安全保障体制を構築するのみならず、いずれの加盟国に対する攻撃も全加盟国に対する攻撃とみなし集団的自衛権を発動することにある。北大西洋条約機構(NATO)は、この条約に基づいて結成されたものである。北大西洋条約 フレッシュアイペディアより)

  • C4Iシステム

    C4Iシステムから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    作戦を指導する作戦術の遂行を支援するシステムであり、民間における意思決定支援システム(Decision support systems, DSS)に相当する。戦略級システムと同様、扱われる情報は兵力調整精度のものであり、各軍種内・兵種間で共通作戦状況図(COP)を生成することで、作戦指揮官の意思決定を支援する。代表的なものとしてはアメリカ海軍の統合作戦戦術システム(JOTS)があり、これはのちに上記のGCCSシリーズ、および北大西洋条約機構のMCCISに発展した。C4Iシステム フレッシュアイペディアより)

  • イタリア海軍

    イタリア海軍から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    終戦後、イタリア王国は政体を変え、イタリア共和国となった。これにあわせて海軍も改名し、イタリア軍事海軍(マリーナ・ミリターレ・イタリアーナ)となった。第二次世界大戦以降はイタリアは大きな戦争に参加していないが、冷戦期は西側と東側の境界にあるということから、北大西洋条約機構 (NATO) の一員として重要な役割を担った。現在のイタリア海軍は軽空母を有する、世界でも有数の海軍であるといえる。ラ・スペツィア、ヴェネツィア及びターラントに海軍工廠がある。イタリア海軍 フレッシュアイペディアより)

  • AGM-88 (ミサイル)

    AGM-88 (ミサイル)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1999年 - 1,000発以上のAGM-88がコソボ紛争においてアメリカ海空軍およびNATO軍により使用される。AGM-88 (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

1949件中 111 - 120件表示

「NATO」のニューストピックワード