1518件中 11 - 20件表示
  • 第二次世界大戦の影響

    第二次世界大戦の影響から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1942年から内戦状態になり(ギリシャ内戦)、終戦後はイギリスとソ連の秘密協定によって西側の勢力下に置かれようとしていた。その後はアメリカ合衆国の支援の下、軍事独裁政権が成立、国王が亡命、1974年にキプロスでのクーデターが失敗し、その余波で軍事政権が崩壊、国民投票によって君主制が廃止、共和制に移行した。冷戦期には北大西洋条約機構に加盟した。第二次世界大戦の影響 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年リビア内戦

    2011年リビア内戦から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    2月15日に開始され、同年8月に首都トリポリが北大西洋条約機構軍の支援を受けた反体制派のリビア国民評議会の攻勢によって陥落し、40年以上政権の座にあったムアンマル・アル=カッザーフィー(事実上の最高権力者。以下カダフィ)が率いる大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国が事実上崩壊。その後カダフィは逃亡を続けたが10月20日に身柄を拘束され、その際に受けた攻撃でカダフィは死亡。10月23日に国民評議会によりリビア全土の解放が宣言され、内戦は反カダフィ勢力の勝利に終わった。2011年リビア内戦 フレッシュアイペディアより)

  • ギリシャ

    ギリシャから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    現在のギリシャは国連、EUおよびNATOの加盟国である。1896年と2004年には首都アテネで近代オリンピックが開催された。ギリシャ フレッシュアイペディアより)

  • ソビエト連邦の外交関係

    ソビエト連邦の外交関係から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    第二次世界大戦終結後の1946年にチャーチルはいわゆる「鉄のカーテン」演説を行い、東西対立の世界を表現した。イギリスは北大西洋条約機構(NATO)の主要国となり、1975年にはアメリカと東欧も含めたヨーロッパも参加した全欧安全保障協力会議(CSCE)によるヘルシンキ宣言が締結された。このヘルシンキ宣言は第二次大戦の結果定められた国境の不可侵を認め、ソ連や西欧諸国の安定化を定義した一方、ソ連国内での人権問題などにも影響を与えた。また、フランスが西ドイツを巻き込みながら主導権を取った欧州共同体(EC)もソ連との経済協力を進めていった。一方、1980年代にソ連が中距離ミサイルSS20を配備した時には西欧各国の政府は反発し、アメリカが対抗策として行った同種のパーシング・ミサイル配備を認め、その際に各国内で起こった広範な反核運動には屈しなかった。ソビエト連邦の外交関係 フレッシュアイペディアより)

  • リトアニア

    リトアニアから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1991年12月25日のソ連崩壊後、ソビエト連邦軍はロシア連邦軍に継承されたが、1993年8月31日、ロシア連邦軍はすべてリトアニアから撤退した。その後のリトアニアは西欧諸国や米国との結びつきを強めており、1994年に北大西洋条約機構 (NATO) に加盟申請した。計画経済から自由経済への移行した後、2004年3月29日、NATOに加盟、さらに5月1日には欧州連合 (EU) への加盟を果たした。リトアニア フレッシュアイペディアより)

  • ワルシャワ条約機構

    ワルシャワ条約機構から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    ワルシャワ条約機構(ワルシャワじょうやくきこう、, , )は、冷戦期の1955年、ワルシャワ条約に基づきソビエト社会主義共和国連邦を盟主とした東ヨーロッパ諸国が結成した軍事同盟。「ワルシャワ相互防衛援助条約機構」が正式名。西ドイツの再軍備および北大西洋条約機構への編入という事態に対抗して作られた。露語での略称は'またはと表す。英語での略称はWTOまたはWPであるが、現在では同じWTOを略称とする世界貿易機関と混同してしまうため、あまり使われないものとなっている。ちなみに読み方は世界貿易機関と違いワットと読む。NATOをナトーと呼ぶのと対比してワトー'とも読まれる。ワルシャワ条約機構 フレッシュアイペディアより)

  • アフガニスタン紛争 (2001年-)

    アフガニスタン紛争 (2001年-)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件は、その損害の大きさでアメリカ合衆国を含む世界各国に衝撃を与えた。北大西洋条約機構 (NATO)はテロ攻撃に対して「集団的自衛権」を発動した。アメリカ政府によって、これまで数度に渡ってアメリカに対するテロを行ったウサーマ・ビン=ラーディンとアルカーイダに首謀者の嫌疑がかけられた。アフガニスタン紛争 (2001年-) フレッシュアイペディアより)

  • マケドニア共和国

    マケドニア共和国から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    マケドニア共和国の独立を最初に承認したのは東の隣国ブルガリアであった。歴史的にブルガリアは、マケドニア人はブルガリア人、マケドニア語はブルガリア語の一部であるとみなし、マケドニア共和国を含むマケドニア地域全体への領土的な執着を持ち続けてきた。ブルガリアはマケドニアの独立を認める立場をとりつつ、その民族や言語の独自性には否定的な見解を繰り返し表明している。そのため、マケドニア共和国では、ブルガリアはマケドニアの存在そのものを脅かしかねないものとして警戒されている。しかし一方で、周辺地域の緊張関係に悩まされるマケドニア共和国にとってブルガリアは最大の擁護者でもあり、両国の関係は複雑である。ブルガリアは、マケドニア共和国のNATOおよび欧州連合加盟を強く支持している。マケドニア共和国 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1999年、NATOに加盟した。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ギリシャの歴史

    ギリシャの歴史から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    内戦終了後、ギリシャは冷戦構造の中、地中海東部におけるアメリカ合衆国の最重要地域と化した。そのため、ギリシャにはアメリカ合衆国の介入が発生、さらに内戦で力をつけた軍、王室が絡み合うことで政治への介入が発生することとなった。1950年の朝鮮戦争にギリシャ軍は派兵を行い、翌年には北大西洋条約機構(NATO) に加入、さらに左派を排除したことにより、アメリカ合衆国のコントロール下におかれていた。さらに軍も内戦を通じて政府ではなく、王室に忠誠を誓っており、このため国王の発言力が増すこととなった。1950年、戒厳令が解除されたことにより総選挙が行われたが、第一党を得た右派ではなく、議席数で多数を得た中道政党による連立政権側も安定多数を保持することができなかった。翌年、再選挙が行われたがここで右派が第一党を奪取したがやはり安定多数を得ることはできず、政局はさらに混乱することになった。しかし、ここで右派政権の成立を望むアメリカ合衆国が介入、選挙改革が行われたことにより、右派国民結集党が安定多数を確保、右派政権が成立した 。1952年、NATOに加盟。ギリシャの歴史 フレッシュアイペディアより)

1518件中 11 - 20件表示

「NATO」のニューストピックワード