1949件中 11 - 20件表示
  • ポーランド

    ポーランドから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく、)、通称ポーランドは、中央ヨーロッパに位置する共和制国家。欧州連合 (EU)、北大西洋条約機構 (NATO) の加盟国。通貨はズウォティ、首都はワルシャワである。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • フランス緊急対応軍団司令部

    フランス緊急対応軍団司令部から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    フランス緊急対応軍団司令部(フランス語:Quartier Général du Corps de Réaction Rapide - France、略称:QG CRR-Fr)は、フランス陸軍が2005年7月1日に新編した、北大西洋条約機構や欧州連合の防衛・安全保障任務に参加すべく編成された軍団級の地上軍即応部隊司令部のこと。軍団司令部は北大西洋条約機構の規格に応じて5,000人から60,000人規模の多国籍陸軍部隊を指揮する指揮機関として編制される。命令一下、速やかに準備を整え部隊を世界各地に展開することが求められている。フランス緊急対応軍団司令部 フレッシュアイペディアより)

  • アゼルバイジャン共和国軍

    アゼルバイジャン共和国軍から見たNATO北大西洋条約機構

    アゼルバイジャンの軍事建設は、軍事ドクトリンに従い規定されることになっているが、今に至るまでミリー・メジリス(議会)により承認されていない。トルコ軍の援助の下、逐次NATO標準に移行しつつある。アゼルバイジャン共和国軍 フレッシュアイペディアより)

  • Kh-25 (ミサイル)

    Kh-25 (ミサイル)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    Kh-25(Х-25、NATOコードネーム AS-10 Karen)は、1960年代末から1970年代にかけて開発されたソビエト連邦(ロシア)の第2世代戦術空対地ミサイル。Kh-23/66Grom(NATOコードネーム AS-7 Kerry)の改良版と思われ、非常に良く似ている。モジュラー式の誘導装置を備え、射程は10 km.である。対レーダーミサイル仕様(Kh-25MP)の派生機種はNATOでAS-12 Keglerとして知られ、射程は最大40 km.である。Zvezda-Strelaによって設計されたKh-25はレーザー誘導仕様のKh-23(AS-7 Kerry)から派生した機種である。現在は後継機種のKh-38シリーズが受け継ぐが、Kh-25も幅広く使用される。Kh-25 (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • デンマーク海軍

    デンマーク海軍から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    デンマーク海軍艦艇で使用される艦船接頭辞はKDM( Kongelige Danske Marine)があるが、英語での HDMS(His/Her Danish Majesty's Ship )もある。また、北大西洋条約機構加盟国海軍の中でもいくつかある潜水艦を配備していない海軍の一つでもある。デンマーク海軍 フレッシュアイペディアより)

  • 88式戦車

    88式戦車から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    80式戦車は輸出仕様だったのに対して88式戦車は主に国内仕様となった。NATO規格の83式105mm ライフル砲やイギリス製の射撃統制システム、西ドイツ製のエンジンなど積極的に西側諸国の技術を積極的に導入し、ある程度の発展を遂げるも、いわゆる第2世代戦車であり、際立った特徴の無い仕上がりとなった。88式戦車 フレッシュアイペディアより)

  • シースパロー (ミサイル)

    シースパロー (ミサイル)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    アメリカ海軍を始め、NATOなど複数の西側諸国で採用され、東アジア地域の西側海軍として中華民国海軍や日本の海上自衛隊や韓国海軍でも運用されている。シースパロー (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • 戦術データ・リンク

    戦術データ・リンクから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    時分割データ・リンク(TDDL: Time Division Data Link)は、西側諸国空軍の地上要撃管制システムで用いられていた地対空データ・リンクの通称。アメリカ空軍の半自動式防空管制組織(SAGE)、航空自衛隊の自動警戒管制組織(BADGE)、北大西洋条約機構のNATO自動警戒管制組織(NADGE)などにおいて、同名、ないし同種のデータ・リンクが採用されているが、詳細な仕様は不明である。戦術データ・リンク フレッシュアイペディアより)

  • エースコンバット アサルト・ホライゾン

    エースコンバット アサルト・ホライゾンから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    西暦2015年、「アフリカを取り戻す」をスローガンとする反政府運動がアフリカ全土で激化し、アフリカ諸国は戦乱の嵐に包まれる。現地政府は、国連に反政府軍と海賊の掃討を要請する一方、NATO加盟国は連合軍をアフリカに派遣し、各地で作戦を行っていた。しかし、反政府軍はいずこから入手した最新兵器で武装化されている上に地形を生かしたゲリラ戦を展開しており、戦局は早くも泥沼化の様相を呈していた。エースコンバット アサルト・ホライゾン フレッシュアイペディアより)

  • FN FAL

    FN FALから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    対する西側諸国、中でもNATO構成国はそれぞれ特徴的なライフルを独自に開発していたが、共通する特徴はそれまでのライフル弾より口径が小さく、連続射撃に適する弱装弾を採用している点であった。ベルギーの大手銃器メーカーであるFN社でもデュードネ・ヨシフ・サイーブ(Dieudonné Joseph Saive)、エルネスト・ヴェルヴィエ(Ernest Vervier)らのチームにより、1947年から弱装弾を用いるフルオート対応の新型自動小銃(のちのFAL)開発に着手していた。FN FAL フレッシュアイペディアより)

1949件中 11 - 20件表示

「NATO」のニューストピックワード