1949件中 21 - 30件表示
  • ギリシャの歴史

    ギリシャの歴史から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    内戦終了後、ギリシャは冷戦構造の中、地中海東部におけるアメリカ合衆国の最重要地域と化した。そのため、ギリシャにはアメリカ合衆国の介入が発生、さらに内戦で力をつけた軍、王室が絡み合うことで政治への介入が発生することとなった。1950年の朝鮮戦争にギリシャ軍は派兵を行い、翌年には北大西洋条約機構(NATO) に加入、さらに左派を排除したことにより、アメリカ合衆国のコントロール下におかれていた。さらに軍も内戦を通じて政府ではなく、王室に忠誠を誓っており、このため国王の発言力が増すこととなった。1950年、戒厳令が解除されたことにより総選挙が行われたが、第一党を得た右派ではなく、議席数で多数を得た中道政党による連立政権側も安定多数を保持することができなかった。翌年、再選挙が行われたがここで右派が第一党を奪取したがやはり安定多数を得ることはできず、政局はさらに混乱することになった。しかし、ここで右派政権の成立を望むアメリカ合衆国が介入、選挙改革が行われたことにより、右派国民結集党が安定多数を確保、右派政権が成立した 。1952年、NATOに加盟。ギリシャの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • フランス海軍

    フランス海軍から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    第二次大戦後のフランスは、長年の宿敵であった隣国ドイツが東西に分裂した事で、逆にロシアに対する緩衝地帯として機能していた東欧地域を失い、西ヨーロッパ地域におけるソビエト連邦の脅威に対する反共の防波堤としての役割を担わざるを得ない状況に置かれてしまった。1950年代に西ドイツが再軍備し、NATOに加盟するまでは地政学的に東西冷戦の最前線に置かれ続ける事になったフランスには、ミサイルの時代に入った水上艦艇を独自開発する時間もなく、当初はアメリカやイギリスの戦時急造艦を中心に供与を受け海軍が再建された。フランス海軍 フレッシュアイペディアより)

  • MLRS

    MLRSから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1982年からアメリカ陸軍への配備が開始され、以降NATO各国や西側諸国へ配備が開始された。MLRS フレッシュアイペディアより)

  • GAU-12 イコライザー

    GAU-12 イコライザーから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    GAU-12 イコライザー()は、アメリカ合衆国のGE社が開発した25mm口径5砲身のガトリング式ロータリー機関砲。アメリカ以外にもイギリスやNATO加盟諸国が採用しており、戦闘機や装甲戦闘車両に搭載して使用されている。GAU-12 イコライザー フレッシュアイペディアより)

  • 新冷戦

    新冷戦から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    ソ連は1980年代後半からアメリカに対する政策を転換し、ベルリンの壁崩壊後、それまで冷戦と呼ばれていたアメリカとソ連の対立はなくなった。またソ連それ自体も解体し構成国はそれぞれ独立、ロシアも自由主義・資本主義体制に移行した。そうして1990年代前半からアメリカとロシアの関係は良好な方向に向かっていた。しかし21世紀に入り、一部の旧ソ連諸国・地域がNATOやEUなど旧西側諸国の機関や連合体などに加盟する動きを見せたため、ロシアは自らの影響力の確保のため、豊富な天然資源を背景にそれを牽制する動きを見せている。ジョージアやウクライナ、アゼルバイジャン、モルドバのEUへの加盟への動きに対するものが、その代表的な例である。新冷戦 フレッシュアイペディアより)

  • サイドワインダー (ミサイル)

    サイドワインダー (ミサイル)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    しかし、このような制約にもかかわらず、AIM-9A/Bは当時の短距離空対空ミサイルとしては非常に卓越したものであった。1955年6月には、当時アメリカ空軍が運用していたAIM-4C/D(GAR-2A/B)との比較試験において優越性が示されたことから、AIM-9BがGAR-8として採用されることとなった。また、北大西洋条約機構を中心に、同盟国に対しても広く輸出された。台湾空軍は、保有するF-86F×100機にAIM-9Bの運用能力を付与する改修を行い、これらの機体によって空対空ミサイルの初撃墜が記録されることとなった。1962年の生産中止までに、80,000発以上のAIM-9Bが生産された。また、下記に示すように、AIM-9Bはいくつかの国で模倣された。サイドワインダー (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • ソビエト連邦の外交関係

    ソビエト連邦の外交関係から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    第二次世界大戦終結後の1946年、前首相としてアメリカ各地を講演していたチャーチルはいわゆる「鉄のカーテン」演説を行い、東西対立の世界を表現した。アトリー政権も戦災復興や各植民地の独立運動高揚に直面した帝国の再建にはアメリカが主導するマーシャルプランに参加する他なく、イギリスは外交面での主導権を徐々に失いながらもアメリカに依存して帝国の維持を図り、1949年には北大西洋条約機構(NATO)の原加盟国となった。これは1951年に首相に復帰したチャーチルも踏襲し、両国は世界第2(ソ連=1949年)・第3(イギリス=1952年)の核保有国として対立を続けた。しかし、1950年1月に中国共産党の中国人民解放軍が香港に迫ると、イギリスは西側主要国で最初に、当時はソ連の強い影響下にあった中華人民共和国の承認に踏み切った。ソビエト連邦の外交関係 フレッシュアイペディアより)

  • 冷戦

    冷戦から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    これら共産勢力のアジア台頭に脅威を感じたアメリカは、1951年8月に旧植民地フィリピンと米比相互防衛条約、9月に一国占領していた旧敵国日本と日米安全保障条約、同月にイギリス連邦のオーストラリア・ニュージーランドと太平洋安全保障条約 (ANZUS)、朝鮮戦争後の1953年8月に韓国と米韓相互防衛条約、1954年に中華民国と米華相互防衛条約を立て続けに結び、1954年9月にはアジア版NATOといえる東南アジア条約機構 (SEATO) を設立して西側に引き入れた他、中華民国への支援を強化した。また中東でも、アメリカをオブザーバーとした中東条約機構(バグダッド条約機構、METO)を設立し、共産主義の封じ込みを図った。冷戦 フレッシュアイペディアより)

  • ベレッタ 92

    ベレッタ 92から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    次期米軍制式採用拳銃のトライアルで、NATO標準の9x19mmパラベラム弾を使用する拳銃が必要になったアメリカ軍が、往年の名銃M1911(コルト・ガバメント)に替わる十分な性能を持った拳銃を選抜するために行った試験。これに合格するということは「米軍御用達となる」ということであり、商業的価値も大きいといえる。実際にベレッタはM9として米軍に321,260丁もの数を納入した後、フランス軍と110,000丁ものライセンス契約も結んでいる(PAMAS-G1)。ベレッタ 92 フレッシュアイペディアより)

  • F-111 (航空機)

    F-111 (航空機)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中、ボスニア・ヘルツェゴビナ領内のセルビア人勢力は、包囲下におかれた同国の首都サラエヴォを狙って迫撃砲弾を発射した。砲弾はサラエヴォ市内の市場に落下し多数の死者が出た(第二次マルカレ虐殺)。この地域は国際連合によって決められたボスニアの安全地域(非戦闘地域)に含まれており、この事件には世界各国から広く抗議の声が上がった。この声に応えて、国際連合保護軍の司令官やNATO南部司令官は、アメリカ海軍の原子力空母「セオドア・ルーズベルト」をアドリア海に派遣し、連合国軍機も攻撃態勢を整えた。F-111 (航空機) フレッシュアイペディアより)

1949件中 21 - 30件表示

「NATO」のニューストピックワード