1949件中 31 - 40件表示
  • M240機関銃

    M240機関銃から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    基本的には、NATO加盟国軍が採用しているFN MAGをアメリカ軍向けに改修設計したもので、他の機関銃と違い、まず同軸機銃として採用され、後に歩兵用に採用されたという経緯を持っている。M240機関銃 フレッシュアイペディアより)

  • CF-18 ホーネット

    CF-18 ホーネットから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    CF-104は、NATOの連合戦力に割り当てられており、NORADにはCF-101 ブードウ、CF-116 フリーダム・ファイターがあった。その後、CF-116を除き戦闘機を退役させる方針が決定された。それら代替機の取得を目指す計画(New Fighter Aircraft)において、130機から150機を24億カナダドルの予算で購入を目指し、F-14、F-15、トーネード、ミラージュF1(後にミラージュ2000)が選定の対象となった。また、アメリカの軽量戦闘機(LWF)に参加していたF-16、F/A-18と輸出用のF-18Lが競争に加わった。カナダ政府は最小の適合化で導入できる機種を望み、受注を獲得したメーカーは同等の投資をカナダの産業に提供することを強調した。CF-18 ホーネット フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦の影響

    第二次世界大戦の影響から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1942年から内戦状態になり(ギリシャ内戦)、終戦後はイギリスとソ連の秘密協定によって西側の勢力下に置かれようとしていた。その後はアメリカ合衆国の支援の下、軍事独裁政権が成立、国王が亡命、1974年にキプロスでのクーデターが失敗し、その余波で軍事政権が崩壊、国民投票によって君主制が廃止、共和制に移行した。冷戦期には北大西洋条約機構に加盟した。第二次世界大戦の影響 フレッシュアイペディアより)

  • アフガニスタン紛争 (2001年-)

    アフガニスタン紛争 (2001年-)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件は、その損害の大きさでアメリカ合衆国を含む世界各国に衝撃を与えた。北大西洋条約機構 (NATO)はテロ攻撃に対して「集団的自衛権」(北大西洋条約第5条)を発動した。アメリカ政府によって、これまで数度に渡ってアメリカに対するテロを行ったウサーマ・ビン=ラーディンとアルカーイダに首謀者の嫌疑がかけられた。アフガニスタン紛争 (2001年-) フレッシュアイペディアより)

  • 第三次世界大戦

    第三次世界大戦から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    エイブル・アーチャー83演習(ソ連がNATOの核ミサイル発射演習を本物の核攻撃の偽装と誤解)第三次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • F-16 (戦闘機)

    F-16 (戦闘機)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1973年11月にNATO加盟国のうちベルギー、デンマーク、ノルウェー、オランダの4ヶ国がF-104Gを更新する機体の取得に際し、有利な取引条件を引き出す為の政治的発言力強化を目的として4ヶ国共同行動の検討を始め、1974年の始めにMFPG(多国戦闘機戦闘機計画グループ)を発足させた。これらの国々は、F-15やF-14と言った大型の戦闘機を必要としていなかったため、有力な候補とされていたのは、ミラージュF1やジャギュア、ACF採用案(F-16もしくはF-17)やノースロップが独自に提案したP-530、サーブ 37 ビゲン輸出型(ユーロファイター)である。F-16 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • トーネード IDS

    トーネード IDSから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1960年代の北大西洋条約機構の西ドイツ(当時)、オランダ、ベルギー、イタリア、カナダはF-104G スターファイターの後継の攻撃機の検討を行っていた。その結果、1968年1月に多任務航空機・MRA(Multi Role Aircraft)、後に多任務戦闘航空機・MRCA(Multi Role Combat Aircraft)の名称となる攻撃機の共同開発計画のワーキンググループが設置された。トーネード IDS フレッシュアイペディアより)

  • MiG-21 (航空機)

    MiG-21 (航空機)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    ほかの三角翼機と同様、ソ連ではしばしばその翼形からバラライカと渾名されていた。北大西洋条約機構(NATO)の使用するNATOコードネームはフィッシュベッド(Fishbed:「魚の寝床」)。MiG-21 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • ユーロファイター タイフーン

    ユーロファイター タイフーンから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    ユーロファイター タイフーン(Eurofighter Typhoon)は、NATO加盟国のうちイギリス、ドイツ(計画開始当時は西ドイツ)、イタリア、スペインの4ヶ国が共同開発した戦闘機で、デルタ翼とコックピット前方にカナード(前翼)を備え、カナードデルタ(canard-delta)と呼ばれる形式の機体構成をもつマルチロール機のことである。ユーロファイター タイフーン フレッシュアイペディアより)

  • マケドニア共和国

    マケドニア共和国から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    マケドニア共和国の独立を最初に承認したのは東の隣国ブルガリアであった。歴史的にブルガリアは、マケドニア人はブルガリア人、マケドニア語はブルガリア語の一部であるとみなし、マケドニア共和国を含むマケドニア地域全体への領土的な執着を持ち続けてきた。ブルガリアはマケドニアの独立を認める立場をとりつつ、その民族や言語の独自性には否定的な見解を繰り返し表明している。そのため、マケドニア共和国では、ブルガリアはマケドニアの存在そのものを脅かしかねないものとして警戒されている。しかし一方で、周辺地域の緊張関係に悩まされるマケドニア共和国にとってブルガリアは最大の擁護者でもあり、両国の関係は複雑である。ブルガリアは、マケドニア共和国のNATOおよび欧州連合加盟を強く支持している。マケドニア共和国 フレッシュアイペディアより)

1949件中 31 - 40件表示

「NATO」のニューストピックワード