1518件中 41 - 50件表示
  • エグゾセ

    エグゾセから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    前述のようにフランス軍以外にもNATO諸国のみならず世界中の軍隊に広く輸出され、数々の実戦で示された実績により、フランスの有力な輸出兵器製品となっている。これまでの生産数は3000発以上を数えている。エグゾセ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ軍

    オランダ軍から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    オランダは北大西洋条約機構に加盟しており、集団安全保障体制を構築している。以下の4軍からなる。オランダ軍 フレッシュアイペディアより)

  • 在欧アメリカ空軍

    在欧アメリカ空軍から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    在欧アメリカ空軍は、NATOとも共同訓練を行うなど、有事に備えている。在欧アメリカ空軍 フレッシュアイペディアより)

  • C4Iシステム

    C4Iシステムから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    作戦を指導する作戦術の遂行を支援するシステムであり、民間における意思決定支援システム(Decision support systems, DSS)に相当する。戦略級システムと同様、扱われる情報は兵力調整精度のものであり、各軍種内・兵種間で共通作戦状況図(COP)を生成することで、作戦指揮官の意思決定を支援する。代表的なものとしてはアメリカ海軍の統合作戦戦術システム(JOTS)があり、これはのちに上記のGCCSシリーズ、および北大西洋条約機構のMCCISに発展した。C4Iシステム フレッシュアイペディアより)

  • デチモマンヌ航空基地

    デチモマンヌ航空基地から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    大戦後の1954年に北大西洋条約機構(NATO)はパイロットの高度な共通訓練の必要性を認め、戦中のままに置かれていた本飛行場を選定し、NATO基準で飛行場の整備をする。NATOの援助のもとで改良された飛行場には航空兵器訓練施設(Air Weapons Training Installation、AWTI)が設けられた。1976年からはNATOの異機種間空中戦訓練(Dissimilar Air Combat Training、DACT)に使用される。デチモマンヌ航空基地 フレッシュアイペディアより)

  • 国際信号旗

    国際信号旗から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    なお、NATOでは別途、専用のコードを用意している。国際信号旗 フレッシュアイペディアより)

  • フル スペクトラム ウォリアー

    フル スペクトラム ウォリアーから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    中東の架空国家ジーキスタンを舞台に、暴虐を奮う独裁者アルアファド政権打倒のため侵攻したNATO軍に参加したアメリカ陸軍チャーリー90(‐ナインティ、C90)小隊の活躍を描く市街戦シミュレーションゲームである。フル スペクトラム ウォリアー フレッシュアイペディアより)

  • モーリス・クーヴ・ド・ミュルヴィル

    モーリス・クーヴ・ド・ミュルヴィルから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    戦後、1950年駐エジプト大使、1954年北大西洋条約機構NATO)担当大使、1955年駐米大使、1956年駐西独大使を歴任する。モーリス・クーヴ・ド・ミュルヴィル フレッシュアイペディアより)

  • Su-17 (航空機)

    Su-17 (航空機)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    名称の「」は「スー17」と読むのが正式であるが、慣習的に「スホーイ17」と呼ばれることもある。北大西洋条約機構(NATO)の考案したNATOコードネームはSu-7から続く「フィッター」(:「仕立物屋」)で、派生型に応じて「フィッターC〜K」()が割り当てられた。Su-20('スー・ドヴァーッツァチ)やSu-22('スー・ドヴァーッツァッドヴァー)はSu-17の輸出向けの派生型である。Su-17 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • ニールス・ユール級コルベット

    ニールス・ユール級コルベットから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    大きいとは言えない艦級ながら、長らくデンマーク海軍最有力の水上打撃力を持つ艦であり、NATOの演習にも積極的に参加してきた。アイヴァー・ヒュイトフェルト級フリゲート(en)による置き換えが計画されており、同級の就役までは維持されると見られていたが、2009年8月18日3隻とも退役となった。ニールス・ユール級コルベット フレッシュアイペディアより)

1518件中 41 - 50件表示

「NATO」のニューストピックワード