1949件中 41 - 50件表示
  • ギリシャ

    ギリシャから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    ギリシャは民主主義かつ先進国であり、先進的な高所得経済、高度なクオリティ・オブ・ライフ、高度な生活水準を有する。一方で、数多くの資格や許認可が政治家に委ねられている構造を背景に賄賂や汚職、脱税が横行しており、汚職指数はヨーロッパの国家の中でもイタリアと並び高いレベルにある。ギリシャ危機に象徴される根深い経済問題に悩む。 国際連合原加盟国であり、欧州連合の前身である欧州諸共同体の10番目の加盟国で、2001年以来ユーロ圏の一部である。その他多数の国際機関の加盟国でもあり、欧州評議会、NATO、OECD、OSCE、WTOがこれに該当する。ギリシャは世界有数の海運国及び観光立国であり、バルカン半島最大の経済規模を有し、重要な地域投資国である。ギリシャ フレッシュアイペディアより)

  • ラトビア

    ラトビアから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    ラトビア共和国(ラトビアきょうわこく、)、通称ラトビアは、北ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、OECDの加盟国。通貨はユーロ、人口は201.5万人、首都はリガである。ラトビア フレッシュアイペディアより)

  • トルコ

    トルコから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    第二次世界大戦後、ソ連に南接するトルコは、反共の防波堤として西側世界に迎えられ、NATO、OECDに加盟する。国父アタテュルク以来、トルコはイスラムの復活を望む人々などの国内の反体制的な勢力を強権的に政治から排除しつつ、西洋化に邁進してきた(ヨーロッパ評議会への加盟、死刑制度の廃止など)が、その最終目標であるEUへの加盟にはクルド問題やキプロス問題、ヨーロッパ諸国の反トルコ・イスラム感情などが大きな障害となっている。トルコ フレッシュアイペディアより)

  • フランス

    フランスから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1958年6月1日、ド・ゴールが第四共和制の首相となった。1959年1月8日に強力な大統領権限を含んだ第五共和政が成立した。第五共和政初代大統領となったド・ゴールは国内の統一を維持しながら戦争終結へ踏み出した。1958年10月2日のギニア独立を嚆矢として、アフリカの年こと1960年にほぼすべてのアフリカ植民地が独立した。第二次世界大戦後の冷戦構造の中でフランスは自由主義陣営(西側)に属し、北大西洋条約機構の原加盟国でもある。しかしド・ゴールはヨーロッパの自主性を主張してアメリカと距離を置いた独自路線を取った。その米ソと並ぶ第三極を目指した政治姿勢はド・ゴール主義と呼ばれ、核兵器保有もその一環である。1960年にはトゥアレグが居住するサハラ砂漠で核実験を強行した。1962年にアルジェリア戦争の和平交渉を妥結し、アルジェリアは独立した。このエヴィアン協定で軍事基地の使用を認めさせ、またサハラ石油利権の半分を確保し、入植者の財産も保証させた。1966年、フランスは北大西洋条約機構を正式脱退した。フランス フレッシュアイペディアより)

  • 外交官

    外交官から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    大正7年(1918年)生。昭和16年(1941年)内務省入省、海軍主計中尉任官。科学技術庁長官・運輸大臣・防衛庁長官・通商産業大臣・内閣総理大臣等を歴任。昭和58年(1983年)の第9回先進国首脳会議(ウィリアムズバーグ・サミット)で、ソ連がヨーロッパで中距離核ミサイルSS20を展開したことに対し、アメリカがMGM-31 パーシングII準中距離弾道ミサイルを配備すべきか否かが議論になり、英米とその他の参加国で見解が分かれた際、中曽根が「日本はNATOの同盟国でもないし、平和憲法と非核三原則を掲げているから、従来の方針では、こういう時は沈黙すべきである。しかし、ここで西側の結束の強さを示してソ連を交渉の場に引きずり出すためにあえて賛成する。決裂して利益を得るのはソ連だけだ。大切なのは、われわれの団結の強さを示すことであり、ソ連がSS20を撤去しなければ、予定通り12月までにパーシングIIを展開して一歩も引かないという姿勢を示すことだ。私が日本に帰れば、日本は何時からNATOに加入したのか、集団的自衛権を認めることに豹変したのかと厳しく攻撃されるだろう。しかし、私は断言したい。いまや、安全保障は世界的規模かつ東西不可分である。日本は従来、この種の討議には沈黙してきた。しかし、わたしはあえて平和のために政治的危機を賭して、日本の従来の枠から前進させたい。ミッテラン大統領も私の立場と真情を理解し同調して欲しい」と発言し、共同声明を主導した。外交官 フレッシュアイペディアより)

  • Ye-2 (航空機)

    Ye-2 (航空機)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    Ye-2(E-2;ロシア語:'イェー・ドヴァー)は、ソ連のミコヤン設計局が試作した戦闘機である。北大西洋条約機構(NATO)の使用するNATOコードネームはフェイスプレイト' (Faceplate)。Ye-2 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 第41装甲擲弾兵旅団 (ドイツ連邦陸軍)

    第41装甲擲弾兵旅団 (ドイツ連邦陸軍)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    旅団は安定化戦力の一部として北大西洋条約機構や欧州連合の枠組みで、国防や紛争予防および危機管理のために多国籍関係に基づき部隊を出動させる。また、旅団はNATO加盟国が防衛事態に至った場合は域内防衛のため派兵される。第41装甲擲弾兵旅団 (ドイツ連邦陸軍) フレッシュアイペディアより)

  • 改良型データ・モデム

    改良型データ・モデムから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    現在、IDMの製造元最大手は、アメリカのサイメトリクス・インダストリーズ社(Symetrics Industries. LLC)である。各種の端末がアメリカ軍をはじめとする北大西洋条約機構軍で広く採用されており、11カ国で、3,200機以上の固定翼および回転翼機に搭載されて運用されている。改良型データ・モデム フレッシュアイペディアより)

  • ダークウィスパー

    ダークウィスパーから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    アメリカ合衆国消失時、第三次世界大戦が勃発したとされている。どの程度の時間の経過があったか自体も謎だが、合衆国の国家機能の消失が先んじ、シベリア経済圏を中核とする北方アジア連合がアメリカ西海岸に、同時に、NATO(北大西洋条約機構)軍がアメリカ東海岸から上陸し、戦端が開かれている。また、ほぼ同時期にヨーロッパのドイツでも、ヨーロッパ大陸内(ウラル山脈以西を指す)で孤立した東ドイツ軍とNATO軍の戦闘が行われており、どちらの陣営か不明であるが、戦略核弾頭の使用がニドの回想部分に描かれている。ダークウィスパー フレッシュアイペディアより)

  • 第2軍団 (ドイツ連邦陸軍)

    第2軍団 (ドイツ連邦陸軍)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    第2軍団(ドイツ語:II. Korps)は、ドイツ連邦陸軍の軍団のひとつ。1956年に設立され1993年に再編成し、第2ドイツ=アメリカ軍団となる。第2ドイツ=アメリカ軍団は北大西洋条約機構の多国籍部隊の一角を成した。2005年に解散され介入戦力作戦指揮司令部に引き継がれる。軍団司令部はバーデン=ヴュルテンベルク州ウルムに所在していた。冷戦時代は南部ドイツの防衛を担当していた。第2軍団 (ドイツ連邦陸軍) フレッシュアイペディアより)

1949件中 41 - 50件表示

「NATO」のニューストピックワード