1949件中 51 - 60件表示
  • 40mmグレネード

    40mmグレネードから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    40mmグレネードは、40mm口径のグレネード弾。北大西洋条約機構諸国においては低速型の40mm×46と中速型の40mm×53が、ソビエト連邦諸国においてはケースレス型が運用されている。40mmグレネード フレッシュアイペディアより)

  • ニールス・ユール級コルベット

    ニールス・ユール級コルベットから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    大きいとは言えない艦級ながら、長らくデンマーク海軍最有力の水上打撃力を持つ艦であり、NATOの演習にも積極的に参加してきた。アイヴァー・ヒュイトフェルト級フリゲート(en)による置き換えが計画されており、同級の就役までは維持されると見られていたが、2009年8月18日、3隻そろって退役となった。ニールス・ユール級コルベット フレッシュアイペディアより)

  • B92

    B92から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    B92のラジオ放送局は1989年に開局したが、その黎明期には当局によって何度も閉鎖の措置を受けている。また、1999年に北大西洋条約機構(NATO)がセルビアを空爆した際には放送を停止させられ、政府関係者によってB92の放送の独立性に対して介入が行われた。2000年の5月には政府軍によって占拠されたが、「B2-92」と称して秘密放送局からインターネットを使ってニュースの配信は続けられ、2000年10月にスロボダン・ミロシェヴィッチ政権が失脚した後、両放送局は再統合された。それ以降、ニュースと音楽を主体として放送が続けられている。B92 フレッシュアイペディアより)

  • ジョルゲ・イヴァノフ

    ジョルゲ・イヴァノフから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    イヴァノフは2009年5月12日、ブランコ・ツルヴェンコフスキから大統領位を継承し、大統領に就任した。宣誓の後、マケドニア議会で就任演説を行い、欧州連合ならびに北大西洋条約機構への加盟、経済復興、国内の安定、民族間関係、隣国とくにギリシャとの友好関係を重要課題として掲げた。宣誓就任式には前大統領のツルヴェンコフスキや、首相のニコラ・グルエフスキ、独立後の初代大統領のキロ・グリゴロフ(Kiro Gligorov)、マケドニア共和国軍、マケドニア共和国の諸宗教指導者、外国の外交官が出席した。ジョルゲ・イヴァノフ フレッシュアイペディアより)

  • ヤープ・デ・ホープ・スヘッフェル

    ヤープ・デ・ホープ・スヘッフェルから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    ヤープ・デ・ホープ・スヘッフェル(Jaap de Hoop Scheffer, 1948年4月3日 - )はオランダの政治家。第11代NATO事務総長。法律上の名はヤコブ・ヘイスベルト・デ・ホープ・スヘッフェル(Jakob Gijsbert de Hoop Scheffer)。ヤープ・デ・ホープ・スヘッフェル フレッシュアイペディアより)

  • ノルウェー陸軍

    ノルウェー陸軍から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    戦後、1947年から1953年までドイツ駐留独立ノルウェー旅団(:en:Independent Norwegian Brigade Group in Germany)を派遣し、北大西洋条約機構加盟後は駐独連合国軍の一部として集団安全保障態勢の一翼を担った。戦後10年間は常備旅団と10個動員旅団態勢にあった。ノルウェー陸軍 フレッシュアイペディアより)

  • An-70 (航空機)

    An-70 (航空機)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    An-12後継機の構想は1970年代からあったものの、それがAn-70として本格的な開発となったのは1990年代のことである。1994年12月16日に試作初号機がウクライナのキエフ近郊のホストーメリ空港で初飛行した。この開発計画はウクライナとロシア双方が費用を折半することに合意しており、生産をキエフの航空機工場アヴィアーントとロシアのサマーラの航空機工場アヴィアコルで行う計画であった。また、ロシア政府はロシア空軍にAn-70を160機導入する意向があると示唆し、北大西洋条約機構(NATO)へも売り込みが図られた。そのため、An-70は軍用輸送機として運用されることを想定していた。An-70 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 30mm口径弾

    30mm口径弾から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    ADEN Mk.4とDEFA 550向けの統一規格として開発されたもので、北大西洋条約機構のデファクトスタンダードの一つとなっている。もう一方の30×173mm弾よりも低初速である分、より軽量の機関砲で運用可能となった。30mm口径弾 フレッシュアイペディアより)

  • ロン・ポール

    ロン・ポールから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    外交政策に関しては、不介入主義者である。国際連合と北大西洋条約機構からの脱退を支持。「絡み合った同盟関係」を断つべきであると主張している。2011年2月15日の共同通信との会見では、日本は米軍依存をやめるべきであり、在日米軍基地の撤退を強く主張した。さらに同会見では、米軍基地の抑止力と言うのは虚構に過ぎないとして、民主党のデニス・クシニッチとともに在日米軍を「過去の遺物」と呼んだ。戦争をしなければならないのは国民を守らなければならない時だけであり、下院による宣戦布告なしでの開戦は許されないと主張している。イラク戦争に関しては、2002年の「イラクに対する兵力動員承認に関する法案」の下院での審議の際は徹底してイラクとの開戦に反対した。大統領になった暁には、イラクから即時に撤退すると表明している。ロン・ポール フレッシュアイペディアより)

  • 北大西洋条約機構潜水艦救助システム

    北大西洋条約機構潜水艦救助システムから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    北大西洋条約機構潜水艦救助システム (きたたいせいようじょうやくきこうせんすいかんきゅうじょシステム、NATO Submarine Rescue System (NSRS))は北大西洋条約機構(NATO)加盟国が共同で運用する潜水艦救助システムである。北大西洋条約機構潜水艦救助システム フレッシュアイペディアより)

1949件中 51 - 60件表示

「NATO」のニューストピックワード