1518件中 51 - 60件表示
  • 国際連合コソボ暫定行政ミッション

    国際連合コソボ暫定行政ミッションから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    北大西洋条約機構(NATO)主導のコソボ平和維持部隊(KFOR)は、UNMIKの支援の下でコソボの治安維持に当たっているが、国際連合の下位に属するものではない。国際連合コソボ暫定行政ミッション フレッシュアイペディアより)

  • MiG-21 (航空機)

    MiG-21 (航空機)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    MiG-21(ミグ21;ロシア語:'ミーグ・ドヴァーッツァチ・アヂーン)は、ソ連のミグ設計局が開発した戦闘機。多くの機数が生産され、世界各国に配備がされた。ソ連では三角翼機はしばしばその翼形からバラライカ (ロシアの弦楽器で、三角形の胴体が特徴)と渾名されていたが、MiG-21も例外ではなかった。北大西洋条約機構(NATO)の使用するNATOコードネームはフィッシュベッド' (Fishbed)。MiG-21 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のエイヤフィヤトラヨークトルの噴火による交通麻痺

    2010年のエイヤフィヤトラヨークトルの噴火による交通麻痺から見たNATO北大西洋条約機構

    4月19日にEUはテレビ会議による緊急運輸相理事会を開き、20日朝(現地時間)からの航空路の段階的再開を決定した。しかし噴火の見通しがはっきりしないことと、NATOのF16戦闘機のエンジンにガラス状の灰が付着していたことから、具体的な計画は未定のようで、まだ楽観は許されない。2010年のエイヤフィヤトラヨークトルの噴火による交通麻痺 フレッシュアイペディアより)

  • 安全保障

    安全保障から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    ソ連の脅威が無くなり、西ヨーロッパが所有する戦術核7400発の多くは不要とされ、大部分は廃棄となった。これにより NATOの性質の変化が求められたが、NATO解体はむしろ地域情勢を悪化させるとして存続されることになる。1994年1月、NATO拡大とそれに強硬に反対するロシアへの妥協案として PFP協定が提唱された。1997年9月、日米防衛協定の指針の改訂作業が行われ、日本の本土防衛だけでなく「周辺事態」にも対応する事が決定される。この安全保障体制を 再保証型(リアシュアランス型)安全保障制度と言う。安全保障 フレッシュアイペディアより)

  • 地方復興チーム

    地方復興チームから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    PRTは、もともとアフガニスタンの首都カーブル以外の地方に於ける復興活動を促進する目的で米軍により創設、運営されてきたが、アフガニスタン復興支援活動へのNATOの参加を受けて、いくつかのPRTの指揮権は米国からISAF下のこれらの国々へ移譲された。地方復興チーム フレッシュアイペディアより)

  • ガイレンキルヒェン航空基地

    ガイレンキルヒェン航空基地から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    NATOガイレンキルヒェン航空基地(英語:NATO Air Base Geilenkirchen、ドイツ語:NATO-Flugplatz Geilenkirchen)は、ドイツ連邦共和国ノルトライン=ヴェストファーレン州ガイレンキルヒェンに所在する軍用飛行場。北大西洋条約機構(NATO)の下で運用されるボーイング E-3早期警戒管制機の主要作戦基地(MOB)に指定され、NATO早期警戒管制任務部隊(NAEW&CF)が置かれている。ガイレンキルヒェン航空基地 フレッシュアイペディアより)

  • ブレーメン級フリゲート

    ブレーメン級フリゲートから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    本級の開発は、1970年代のNATOの標準フリゲート計画に端を発する。これは、イギリス・オランダ・西ドイツ・ギリシャの4カ国が共同でフリゲートを開発し、採用することで、調達コストを削減するとともに、相互運用性を向上させるというものであった。このうち、イギリスは運用要求の相違より脱退し、また、ギリシャは経済上の理由から参加を縮小したことから、ドイツとオランダが主体となって計画を進めることとなった。ブレーメン級フリゲート フレッシュアイペディアより)

  • B92

    B92から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    B92のラジオ放送局は1989年に開局したが、その黎明期には当局によって何度も閉鎖の措置を受けている。また、1999年に北大西洋条約機構(NATO)がセルビアを空爆した際には放送を停止させられ、政府関係者によってB92の放送の独立性に対して介入が行われた。2000年の5月には政府軍によって占拠されたが、「B2-92」と称して秘密放送局からインターネットを使ってニュースの配信は続けられ、2000年10月にスロボダン・ミロシェヴィッチ政権が失脚した後、両放送局は再統合された。それ以降、ニュースと音楽を主体として放送が続けられている。B92 フレッシュアイペディアより)

  • リビア飛行禁止空域

    リビア飛行禁止空域から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    北大西洋条約機構は飛行禁止空域を実施するため2月後半から3月前半にかけて作戦計画を立案する。特にNATO加盟国のイギリスとフランスが結ばれ主導的役割を形成する。英仏両国は当初から飛行禁止空域を支持しており、規制活動を実施するに十分なエアパワーを有しているが、追加支援のためより広範囲の展開を必要としていた。リビア飛行禁止空域 フレッシュアイペディアより)

  • ホーカー・シドレー P.1127

    ホーカー・シドレー P.1127から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1954年、フランスの技術者ミシェル・ウィボー (Michel Wibault)は、ブリストル オライオン ターボプロップエンジンを用いてエンジン前方に配置した四基の遠心式ブロワーをシャフト駆動し、ブロワーのケーシングごと回転偏向させることで垂直離着陸を可能とする対地攻撃機「ジロプテール」(Gyropter) を提案した。フランス政府、航空機メーカーともこの提案に興味を示さなかったため、ウィボーは1956年にアメリカが出資するNATOの相互兵器開発計画 (Mutual Weapons Development Project, MWDP) に提案し、この案がブリストル・エンジン社にもたらされた。ウィボーの提案したエンジン配置はかさばりすぎまた実用には重すぎたため、ブリストル・エンジンのスタンリー・フッカーは一対の軸流ファンと可変ノズルを用いた BE48 エンジンを設計、更に1957年半ばには同社のオーフュースの前段にオリンパスを組み合わせ、前段からの低温排気を回転可能なパイプで推力を偏向できる様にしたエンジンを提案した。この案はホーカーに伝えられ、シドニー・カムの指導のもとラルフ・フーパーが検討を行なったが、エンジン全体を地面に対し 30 度傾けても実用とはならないことが判明した。そこで、前段のみならず後段の排気も偏向させることが決定され、1958年初頭には更なる推力を得るため二段のファンが追加された。同時に、ジェットエンジンを構成する2つの軸(スプール)のうち、ファン/低圧圧縮機-低圧タービンの軸と、高圧圧縮機-高圧タービンの軸とを逆回転させることでジャイロ効果の低減が図られた。ホーカー・シドレー P.1127 フレッシュアイペディアより)

1518件中 51 - 60件表示

「NATO」のニューストピックワード