1949件中 61 - 70件表示
  • 航空機動作戦師団 (ドイツ連邦陸軍)

    航空機動作戦師団 (ドイツ連邦陸軍)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    近年、先進各国で『軍隊を平和利用しよう』とする圧力が強くなり、各国は第三世界に軍隊を派遣して平和維持活動などを行うようになった。国連決議やNATO決議など、国際世論が納得する場で軍を派遣するか採決される。それに従うことが、国際社会の一員として必要不可欠なものである。また、NATOに加盟している国は、NATOが決議したら、どのような理由があろうとも軍を派遣する必要があり、すぐに展開できるように平時より訓練を重ねている。そういった流れを受け、2002年7月1日にドイツ連邦陸軍で編制された部隊が、この航空機動作戦師団であった。航空機動作戦師団 (ドイツ連邦陸軍) フレッシュアイペディアより)

  • オランダ軍

    オランダ軍から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    オランダは北大西洋条約機構に加盟しており、集団安全保障体制を構築している。以下の4軍からなる。オランダ軍 フレッシュアイペディアより)

  • エロイカより愛をこめて

    エロイカより愛をこめてから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    男色の美術品窃盗犯「怪盗エロイカ」ことドリアン・レッド・グローリア伯爵(以下、伯爵)の法をやぶった美術品収集活動が、北大西洋条約機構(NATO)の情報将校「鉄のクラウス」ことクラウス・ハインツ・フォン・デム・エーベルバッハ少佐(以下、少佐)の作戦行動と遭遇し騒動を引き起こす、コメディ色を含んだ怪盗&スパイ活劇。少女向け漫画ながら、綿密な考証と細部まで書き込まれた緻密な絵柄や、少女漫画離れしたストーリーから男性ファンも獲得している、『魔弾の射手』や『Z -ツェット-』など、コメディ色を排した外伝・スピンオフ作品も発表されている。エロイカより愛をこめて フレッシュアイペディアより)

  • 欧州・大西洋パートナーシップ理事会

    欧州・大西洋パートナーシップ理事会から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    欧州・大西洋パートナーシップ理事会(、略称:'')は、北大西洋条約機構(NATO)の一機関であり、ヨーロッパのNATO加盟国と非NATO加盟国、およびヨーロッパ周囲のアジア諸国の間で、関係改善を図るために設立された多国間会議である。加盟国は政治上・安全保障上の問題の範囲で協力・協議するための会合を開く。欧州・大西洋パートナーシップ理事会 フレッシュアイペディアより)

  • アメティスト (原子力潜水艦)

    アメティスト (原子力潜水艦)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1999年にはコソボ紛争におけるトライデント作戦に「S601 リュビ」と共に参加しセルビア(当時)コトル海峡付近に展開しNATO軍に必要な情報収集任務とセルビア海軍の封鎖の任に就いた。アメティスト (原子力潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • フル スペクトラム ウォリアー

    フル スペクトラム ウォリアーから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    中東の架空国家ジーキスタンを舞台に、暴虐を奮う独裁者アルアファド政権打倒のため侵攻したNATO軍に参加したアメリカ陸軍チャーリー90(‐ナインティ、C90)小隊の活躍を描く市街戦シミュレーションゲームである。フル スペクトラム ウォリアー フレッシュアイペディアより)

  • MGM-52 (ミサイル)

    MGM-52 (ミサイル)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    その後、資金の調達が可能になったため、非核弾頭開発の再開が1973年1月に認可され、1974年4月までにM40 小型爆弾を用いるXM251 非核弾頭の10回にわたる飛行試験を実施したが、XM811E5 主信管の再設計と再試験が必要と判断され、3ヶ月開発が遅れることとなった。1976年に、MGM-52Cの非核弾頭部の製造が承認され、同年10月から製造が開始された。非核弾頭はM251と呼ばれるクラスター弾による弾頭であり、M251 弾頭は1978年にアメリカ陸軍で運用が開始された。通常兵器型のランス・ミサイルはいくつかの種類の弾頭とともにNATO加盟国などで運用された。MGM-52 (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • Ka-50-2 (航空機)

    Ka-50-2 (航空機)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    Ka-50-2 エルドガン(カモフ50-2 エルドガン;、Ka-50-2 Erdogan)は、ロシアの航空機製造会社カモフで開発された多目的攻撃ヘリコプター。Ka-52の派生型で、NATO加盟国への輸出を目的に開発された。Ka-50-2 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・A・ラヴェット

    ロバート・A・ラヴェットから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    彼らとバンディが1945年9月に辞意を表明した際、トルーマン大統領はラヴェットとマクロイの辞任を拒否したが、ラヴェットは1945年12月にブラウン・ブラザーズ・ハリマンに復帰した。そのわずか1年余り後にワシントンに呼び戻され、国務次官としてジョージ・マーシャル将軍を補佐した。アーサー・ヴァンデンバーグ上院議員との対話を通じて、彼はヴァンデンバーグ決議の起草を手伝った。同決議は、NATO設立につながった。ロバート・A・ラヴェット フレッシュアイペディアより)

  • イタリアの軍事史

    イタリアの軍事史から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    新政府がマーシャル・プランを受けて国内再建を進めるのと平行して、北大西洋条約機構(NATO)加盟による再軍備も開始された。冷戦構造下でアメリカや他の西側諸国も積極的に支援し、空軍や陸軍ではM46パットン・P-51/P-47戦闘機などアメリカ軍の装備が提供され、海軍は接収を免れた残存艦艇を集めて共和国海軍を編成した。1950年代後半から60年代には国産兵器の開発も本格化、陸軍は主力戦車を除く兵器を順次国産化し、空軍はアメリカ軍機のライセンス生産や改修を行いながらフィアットG.91などの国産兵器開発にも着手した。海軍はアンドレア・ドーリア級ヘリコプター巡洋艦を建造するなど早くから国産兵器の再開に取り組み、ソビエト連邦の黒海艦隊を牽制する役割を担った。イタリアの軍事史 フレッシュアイペディアより)

1949件中 61 - 70件表示

「NATO」のニューストピックワード