1518件中 61 - 70件表示
  • 超大国

    超大国から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    2008年現在、アメリカ合衆国の軍事力は他の国家全てを合わせた軍事力より強力であるとされる。このことは核戦力と通常戦力双方に言える。さらに世界中のあらゆる地域に同盟国を持ち、NATOや米州機構などの集団的な安全保障体制を構築している。また世界中に駐留軍を置き、正規空母を中核とした空母打撃群によって7つの海の制海権を得ている。超大国 フレッシュアイペディアより)

  • 南オセチア紛争 (2008年)

    南オセチア紛争 (2008年)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    ロシアとの対抗上、グルジアのサアカシュヴィリ大統領はグルジアのNATO加盟を目指した。2008年4月、NATOは実施時期は未定としながらもグルジアの加盟に合意した。ロシアはそれに対して、これはNATOの東側への拡張行為であり脅威を感じている、と発表した。ロシアのプーチン首相も、NATOの拡張主義にロシアは反対する、との談話を発表した。というのも1990年、当時のアメリカ国務長官ジェイムズ・ベイカーがソ連のゴルバチョフ書記長に対して、ソ連がドイツ再統一を認めるのであれば、NATOは東側に1インチも進まない、と語っていたからである。ただしベイカーの談話は外交上あいまいな表現を含ませたものであった。南オセチア紛争 (2008年) フレッシュアイペディアより)

  • コソボ紛争

    コソボ紛争から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1999年: 1999年の3月24日から6月10日にかけて行われたNATOによるアライド・フォース作戦、この間、NATOはユーゴスラビア軍や民間の標的に対して攻撃を加え、アルバニア人勢力はユーゴスラビア軍との戦闘を続け、コソボにおいて大規模な人口の流動が起こったコソボ紛争 フレッシュアイペディアより)

  • 上海協力機構

    上海協力機構から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    SCOの加盟国、もしくは準加盟国の領域は地球上の陸地の約25%に達する。中華人民共和国の国境対策機構から、中華人民共和国・ロシア・インドといったユーラシア大陸における潜在的超大国(BRICS)、モンゴル、インド、アフガニスタン、イラン、パキスタン、東南アジア諸国連合(ASEAN)もオブザーバー加盟を申請するなど、北アジア、西アジア、南アジア、東アジアの連合体に発展する可能性を持つSCOは、いずれNATOに対抗しうる非欧米同盟として成長することを、アフリカや南アメリカの発展途上国・資源国から期待されている。上海協力機構 フレッシュアイペディアより)

  • Ka-50 (航空機)

    Ka-50 (航空機)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    北大西洋条約機構(NATO)が用いたNATOコードネームは、「ホーカム」(: インチキ、デタラメの意)であった。Ka-50 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • F-X (航空自衛隊)

    F-X (航空自衛隊)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    航空自衛隊に導入経験はない欧州機であるが、完全なNATO規格であるため大きな問題はないものとされる。F-X (航空自衛隊) フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の歴史 (1945-1964)

    アメリカ合衆国の歴史 (1945-1964)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    アメリカ合衆国のこの時代は、第二次世界大戦による荒廃と共産主義からヨーロッパを救おうとした活発な外交政策の期間と見ることができる。国内においては戦後の短い移行期の後で、経済が急速に成長し、核戦争の脅威が世界中を覆った。より強力な武器で相手を威嚇する競争が始まった。国連軍が朝鮮に派遣されて共産主義勢力と戦った。ソビエト連邦は共産主義諸国とワルシャワ条約機構を結成し、アメリカ合衆国を中心とする北大西洋条約機構 (NATO) 諸国に対抗した。アメリカ合衆国の歴史 (1945-1964) フレッシュアイペディアより)

  • ジョルゲ・イヴァノフ

    ジョルゲ・イヴァノフから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    イヴァノフは2009年5月12日、ブランコ・ツルヴェンコフスキから大統領位を継承し、大統領に就任した。宣誓の後、マケドニア議会で就任演説を行い、欧州連合ならびに北大西洋条約機構への加盟、経済復興、国内の安定、民族間関係、隣国とくにギリシャとの友好関係を重要課題として掲げた。宣誓就任式には前大統領のツルヴェンコフスキや、首相のニコラ・グルエフスキ、独立後の初代大統領のキロ・グリゴロフ(Kiro Gligorov)、マケドニア共和国軍、マケドニア共和国の諸宗教指導者、外国の外交官が出席した。ジョルゲ・イヴァノフ フレッシュアイペディアより)

  • アラブの春

    アラブの春から見たNATO北大西洋条約機構

    カダフィ大佐による独裁体制が敷かれているリビアでも、カダフィの退陣を要求するデモが2月17日に発生、2月20日には首都トリポリに拡大し放送局や公的機関事務所が襲撃・占拠され、軍はデモ参加者に無差別攻撃を開始し多数の犠牲者が出た。政府側はサハラ以南のアフリカから多額の時給で民兵を雇用し、反政府派も施政権が及ぼなくなったとされる東部や南部を武器をとり掌握するなど勢力を拡大、首都での戦いが避けられないという見方が報道によりなされた。これをうけ国連安保理は「民間人に対する暴力」としリビアに対し経済制裁と強い非難決議を採択した。その後、半年間に及ぶ事実上の内戦状態に突入したが、NATOによる軍事介入などの支援の成果もあり、8月24日には首都トリポリが陥落、42年間に及ぶカダフィ政権が崩壊した(2011年リビア内戦)。アラブの春 フレッシュアイペディアより)

  • イタリアの軍事史

    イタリアの軍事史から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    新政府がマーシャル・プランを受けて国内再建を進めるのと平行して、北大西洋条約機構(NATO)加盟による再軍備も開始された。冷戦構造下でアメリカや他の西側諸国も積極的に支援し、空軍や陸軍ではM46パットン・P-51/P-47戦闘機などアメリカ軍の装備が提供され、海軍は接収を免れた残存艦艇を集めて共和国海軍を編成した。1950年代後半から60年代には国産兵器の開発も本格化、陸軍は主力戦車を除く兵器を順次国産化し、空軍はアメリカ軍機のライセンス生産や改修を行いながらフィアットG.91などの国産兵器開発にも着手した。海軍はアンドレア・ドーリア級ヘリコプター巡洋艦を建造するなど早くから国産兵器の再開に取り組み、ソビエト連邦の黒海艦隊を牽制する役割を担った。イタリアの軍事史 フレッシュアイペディアより)

1518件中 61 - 70件表示

「NATO」のニューストピックワード