1518件中 71 - 80件表示
  • AGM-88 (ミサイル)

    AGM-88 (ミサイル)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1999年 - 1,000発以上のAGM-88がコソボ紛争においてアメリカ海空軍及びNATO軍により使用される。AGM-88 (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の軍事

    欧州連合の軍事から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    欧州統合の進展に伴い、軍についても共同・統合にむけての動きが見られている。古くは1950年代に提唱された欧州防衛共同体構想が知られている。これは、欧州各国の統合軍を作る試みであり、数ヶ国で調印されたがフランスの反対により、発効には至らなかった。冷戦期においては西欧諸国の多くが北大西洋条約機構(NATO)に加盟しており、これにより集団安全保障を築いていた。欧州連合の軍事 フレッシュアイペディアより)

  • ユーロファイター タイフーン

    ユーロファイター タイフーンから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    ユーロファイター タイフーン (Eurofighter Typhoon)は、NATO加盟国のうちイギリス、ドイツ(計画開始当時西ドイツ)、イタリア、スペイン、の4ヶ国が共同開発した戦闘機で、デルタ翼とコクピット前方にカナード(先尾翼)を備え、カナードデルタ (canard-delta)と呼ばれる形式の機体構成をもつマルチロール機。ユーロファイター タイフーン フレッシュアイペディアより)

  • 007 サンダーボール作戦

    007 サンダーボール作戦から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    MOS型核弾頭2基を搭載したイギリス空軍機が、NATOの訓練飛行中に消息を絶ち、謎の組織スペクターが1億ポンド相当の金塊を要求してきた。イギリス秘密情報部員ジェームズ・ボンドは、上司Mが空軍機の消えた先と睨んだバハマに派遣される。そこでは、スペクターの幹部エミリオ・ラルゴが、宝探しのふりをして海底に沈めた空軍機から原爆を回収しようとしていた。ボンドはCIAやアメリカ海軍原子力潜水艦メンタ号の支援を受け、ラルゴに立ち向かう。007 サンダーボール作戦 フレッシュアイペディアより)

  • イタリア海軍

    イタリア海軍から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    終戦後、イタリア王国は政体を変え、イタリア共和国となった。これにあわせて海軍も改名し、イタリア軍事海軍(マリーナ・ミリターレ・イタリアーナ)となった。第二次世界大戦以降はイタリアは大きな戦争に参加していないが、冷戦期は西側と東側の境界にあるということから、北大西洋条約機構 (NATO) の一員として重要な役割を担った。現在のイタリア海軍は軽空母を有する、世界でも有数の海軍であるといえる。ラ・スペツィア、ヴェネツィア及びターラントに海軍工廠がある。イタリア海軍 フレッシュアイペディアより)

  • 封じ込め

    封じ込めから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    「封じ込め」の語は、北大西洋条約機構 (NATO) の設立や相互防衛協定など、ハリー・S・トルーマン大統領 (1945-53) の政策と最も関連している。ドワイト・アイゼンハウアー大統領 (1953-61) は、これと対立するドクトリンである巻き返し政策を弄したが、1956年のハンガリー動乱への介入については拒絶した。リンドン・ジョンソン大統領 (1963-69) は、ヴェトナム政策正当化のために「封じ込め」の語を用いた。封じ込め フレッシュアイペディアより)

  • セルビア・モンテネグロ

    セルビア・モンテネグロから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1999年3月24日 - 北大西洋条約機構(NATO)がユーゴスラビア全土に対する空爆を開始。セルビア・モンテネグロ フレッシュアイペディアより)

  • シースパロー (ミサイル)

    シースパロー (ミサイル)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    アメリカ海軍を始め、NATOなど複数の西側諸国で採用され、日本の海上自衛隊や韓国海軍でも運用されている。シースパロー (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • ポルトガル

    ポルトガルから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    第二次世界大戦後、反共政策を維持したサラザールはポルトガルの北大西洋条約機構や国際連合への加盟に成功し、こうした西側諸国との友好政策もあって1950年代は経済が安定する。一方、サラザールの独裁体制に対する野党勢力の反対は、1958年の大統領選挙に立候補した反サラザール派の将軍が敗れたことが合法的なものとしては最後となり、1961年の退役大尉が指導するによるサンタマリア号乗っ取り事件が失敗したことにより、非合法な闘争も失敗に終わった。国内では学生や労働者による反サラザール運動が激化したが、サラザールはこれらの運動を徹底的に弾圧した。ポルトガル フレッシュアイペディアより)

  • モザンビーク独立戦争

    モザンビーク独立戦争から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1960年代以前からアメリカ合衆国はアフリカにおける民族主義者を支援する立場をとっていた。この支援はウィルソン主義に基づき、植民地の民族自決と独立とを支持するものだった。国連もまたポルトガルに対し植民地を解放する政策を取るよう圧力を掛けていた。しかしポルトガルは逆に東側諸国から支援を受けたモザンビークの民族主義者への独立支援を中止しない場合、NATOからの脱退を行うと示唆し、その結果西側諸国からの圧力は弱まった。モザンビーク独立戦争 フレッシュアイペディアより)

1518件中 71 - 80件表示

「NATO」のニューストピックワード