1949件中 71 - 80件表示
  • クアハウス (バーデン=バーデン)

    クアハウス (バーデン=バーデン)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    北大西洋条約機構(NATO)の2009年 ストラスブール - ケール サミットの第1回の公式イベント(ワーキング・ディナー)が、2009年4月3日夜に、クアハウスのフロレンティンの間(Florentiner Saal)において行われた。大型の馬蹄形のテーブルが28ヶ所に置かれ、各国の指導者が食事をとりながら意見交換を行った。クアハウス (バーデン=バーデン) フレッシュアイペディアより)

  • 地方復興チーム

    地方復興チームから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    PRTは、もともとアフガニスタンの首都カーブル以外の地方に於ける復興活動を促進する目的で米軍によって創設、運営されてきたが、アフガニスタン復興支援活動へのNATOの参加を受けて、いくつかのPRTの指揮権は米国からISAF下のこれらの国々へ移譲された。地方復興チーム フレッシュアイペディアより)

  • フィンマルク県

    フィンマルク県から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    また、ポーサンゲル区のバナクにあるはノルウェー王国軍とNATO加盟国によって使われている。軍関連産業のために付近にシューティングレンジを導入している。 はハルカバッレ訓練場に近くまた、が東にあり、ロシアとの国境線の警備を担当している。フィンマルク県 フレッシュアイペディアより)

  • ハラルド・クヤート

    ハラルド・クヤートから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    ハラルド・クヤート(、1942年3月1日- )は、ドイツの軍人。ドイツ連邦空軍に所属し、2000年から2002年にかけて連邦軍総監を、2002年から2005年までは北大西洋条約機構(NATO)軍事委員会議長を歴任した。最終階級は大将。ハラルド・クヤート フレッシュアイペディアより)

  • EM-2

    EM-2から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1951年、一時的にイギリス軍の標準小銃として正式採用されたものの、まもなく第三次ウィンストン・チャーチル政権によって撤回された。これは、北大西洋条約機構(NATO)における小火器および銃弾の標準化に関するアメリカの強行な態度に対する妥協であった。EM-2 フレッシュアイペディアより)

  • APFSDS

    APFSDSから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    初期の砲弾では、タングステン合金の強度が不十分で単体で侵徹体を構成することができず、密度は劣るが靭性の高いマルエージング鋼製の保持筒(鞘、弾殻)にタングステン合金を詰めた構造になっていた。その分密度が落ちて貫通力が劣った。その後1970年代にイスラエルが独自の技術でタングステン合金単体(モノブロック構造)の弾体を開発し、実戦でT-72を撃破した事から世界の軍事関係者の注目を受け、NATO軍でもライセンス生産されている。APFSDS フレッシュアイペディアより)

  • 80式戦車

    80式戦車から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    ソ連戦車のコピー品だった59式戦車や69式戦車と異なり、NATO規格の105mm ライフル砲やイギリス製の射撃統制システム、西ドイツ製のエンジンなど、積極的に西側の戦車技術を取り込み自国開発を目指した戦車であった。制式採用されたものの、発展型の88式戦車と異なり、海外への輸出に失敗したため、本格的な生産は行われなかった。80式戦車 フレッシュアイペディアより)

  • ザクセン級フリゲート

    ザクセン級フリゲートから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1980年代後半、NATO加盟8カ国の海軍は、NFR-90構想のもとで、フリゲートの国際共同開発計画に着手した。西ドイツ海軍も、ハンブルク級駆逐艦(101型)およびリュッチェンス級駆逐艦(103型)の更新のため、この計画に加わっており、当初は8隻の建造を予定していた。しかし計画の過程で各国の要求事項の差異が顕在化し、計画は遅延しはじめたことから、老朽化が特に著しかったハンブルク級駆逐艦の更新には間に合わないと判断し、1987年、これとは別にブランデンブルク級フリゲート4隻の建造計画に着手した。これに伴い、NFR-90の予定建造数は8隻から4隻に削減された。ザクセン級フリゲート フレッシュアイペディアより)

  • ホーク (ミサイル)

    ホーク (ミサイル)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    MIM-23 ホーク(MIM-23 Hawk - Homing All the Way Killer)は、アメリカ合衆国のレイセオン社が開発した地対空ミサイルである。1950年代末に開発され、現在でもNATO各国で採用されている。ホーク (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • コルト・コマンドー

    コルト・コマンドーから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1980年代初頭、アメリカ軍は歩兵用小銃をM16A1からM16A2に切り替えることを決定した。M16A2は、NATOの各国と標準化した新型の5.56mm弾(5.56mm NATO弾; SS109あるいはM855)に対応し、銃身が太くなったほか、フルオート射撃に代わって3点バースト射撃を導入するなど、変更点は少なくなかった。このことから、それまで使用されていたM16A1ベースのカービンとは別に、M16A2をベースとしたカービン・モデルとして開発されたのがモデル723(フルオート)およびモデル725(3点バースト)である。米軍は、特殊部隊向けにモデル723を少数発注した。また、1983年、カナダの旧ディマコはモデル725をC8 カービンとしてライセンス生産し、M16A2の小改正型(モデル715)であるC7小銃とともにカナダ軍に配備した。また、アラブ首長国連邦は、M16A2の太い銃身にM203 グレネードランチャーを装着できるよう、銃身の一部を細くくびれさせたモデルを発注し、このモデル727は、アラブ首長国連邦の首都からアブダビ・カービンと通称された。コルト・コマンドー フレッシュアイペディアより)

1949件中 71 - 80件表示

「NATO」のニューストピックワード