1518件中 81 - 90件表示
  • ハンガリー

    ハンガリーから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1990年代、ハンガリーはヨーロッパ社会への復帰を目指して改革開放を進め、1999年に北大西洋条約機構 (NATO) に、2004年に欧州連合 (EU) に加盟した。ハンガリー フレッシュアイペディアより)

  • 西ドイツ

    西ドイツから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    西ドイツは1955年5月5日に主権の完全な回復を宣言し、ドイツ連邦軍を編成して再軍備を行い、北大西洋条約機構(NATO)に加盟した。ただし大規模なソ連軍が駐留し続ける東ドイツを喉元に突きつけられたかたちの西ドイツは冷戦の最前線となったことから、西ドイツにも米英仏の軍がドイツ再統一の直後まで駐留し続けた。西ドイツ フレッシュアイペディアより)

  • バルト三国

    バルト三国から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    バルト三国(バルトさんごく)は、バルト海沿岸のエストニア、ラトビア、リトアニアの3つの国をいう。3か国とも北大西洋条約機構(NATO)、欧州連合(EU)へそれぞれ加盟している。バルト三国 フレッシュアイペディアより)

  • 西ヨーロッパ

    西ヨーロッパから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    第二次世界大戦後の冷戦期において、ソビエト連邦の影響力の元に共産主義化されていない、鉄のカーテンの西側の諸国を指すようになった(ただし、ギリシャ・トルコ・キプロスは除かれることもある)。このとき、東ヨーロッパの計画経済に対抗する市場経済の様相を補完する用語としてイデオロギー的に用いられた。ゆえにNATOの枠外の民主主義国家であるフィンランド・スウェーデン・スイスや、独裁国家であったスペイン・ポルトガルも西ヨーロッパに含まれた。また、地理的には明らかにヨーロッパの西部には位置していないギリシャ・トルコも、NATOのメンバーであったということから西ヨーロッパに含まれることがあった。西ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国

    アメリカ合衆国から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    アメリカは経済、政治、軍事において膨大な影響力を保持しており、その外交方針は世界的な関心を集める。国際連合本部はニューヨークに置かれ、国連における議決機関安全保障理事会の常任理事国として強い権限を握る。他に主な加盟機関として、北大西洋条約機構、太平洋共同体、米州機構があり、主要国首脳会議構成国でもある。親密な関係を有する国としてはイギリスやオーストラリア、ニュージーランド、イスラエル、日本、韓国、中華民国(台湾)、およびNATO加盟国があり、中でもイギリスとは「特別な関係」と呼ばれる強固な絆で結ばれ、軍事上や核兵器の情報、技術共有も行われている。アメリカ合衆国 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ陸軍 (ドイツ連邦軍)

    ドイツ陸軍 (ドイツ連邦軍)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1951年3月に軽武装が施された人員約10,000人から成るドイツ連邦国境警備隊(BGS)が創設される。連邦国境警備隊の組織形成はしばしばヒンメロート覚書を根拠に再軍備を意図した人事などが実行される。例としては旧ドイツ国防軍の高級士官の手による新国軍の概略である「西ヨーロッパ国際部隊の枠組みによるドイツ派遣団」などがそれにあたる。覚書にあってはドイツ地上軍の為1952年までに約250,000人の大軍を組織することが目標とされた。新陸軍ではワルシャワ条約機構軍に対抗するため軍団司令部が6個と装甲師団が12個の編制が必要とされた。偽装の上で設立されたブランク機関は早くも1954年3月に新ドイツ陸軍の組織計画を提出する。そこでは6個歩兵師団、4個装甲師団、2個装甲擲弾兵師団が編成され西ヨーロッパ防衛に対するに西ドイツの貢献として供出する予定であった(「欧州軍」の創設を狙ったいわゆるプレヴァン・プラン)。1954年9月28日のロンドン・パリ会議でのイギリスによる収拾案の提案後、同年10月23日にパリ会議にて西欧9箇国は西ドイツの北大西洋条約機構への参加と再軍備を正式決定しパリ諸条約が調印された。これにより1955年5月9日に西ドイツはNATOに加盟する予定となる。1955年5月のNATO加盟後に連邦議会の下でブランク機関は連邦国防省に改組された。1952年2月8日に連邦議会は西ヨーロッパ防衛への貢献を認められ、1954年2月26日にドイツ連邦共和国基本法が改正され防衛についての補足がなされ、1956年3月19日の7回目改正(連邦共和国基本法第7次補充法)で条文の修正と共に新しく条文が挿入される。初代連邦国防大臣にはテオドール・ブランクが就任した。連邦国防省内では陸軍第5部として第5A指揮教育、第5B組織、第5C後方支援が設けられる。ドイツ陸軍 (ドイツ連邦軍) フレッシュアイペディアより)

  • MiG-29 (航空機)

    MiG-29 (航空機)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    MiG-29 (ミグ29;ロシア語:'ミーグ・ドヴァーッツァヂ・ヂェーヴャチ) はソ連のミグ設計局で開発された戦闘機である。ロシアでの愛称は「ラーストチュカ (ラースタチュカ)」すなわち「燕」であるが、これは女性に対する優しい呼びかけでもある。北大西洋条約機構(NATO)の使用するNATOコードネームは「フルクラム/ファルクラム' (Fulcrum)」。MiG-29 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • ルクセンブルク

    ルクセンブルクから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    第一次世界大戦と第二次世界大戦においては、ドイツの占領下に置かれた。1948年、ベネルクス間で関税同盟を結成。1949年にはNATOに加盟し永世中立を放棄した。1957年に欧州経済共同体、1967年に欧州連合、1999年にユーロ圏へといずれも原加盟国として参加している。ルクセンブルク フレッシュアイペディアより)

  • ウォー・シミュレーションゲーム

    ウォー・シミュレーションゲームから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    戦術級ボード・ウォー・シミュレーションゲームのユニットには普通、数値以外に、他との識別のために兵器のグラフィックが描かれている。一方、近代以降を扱った作戦級、戦略級ではNATOで採用されている兵科記号が印刷されているのが一般的である。コンピューター・ウォー・シミュレーションゲームにおいてはユニット自体が兵器の形のグラフィックで表されることが多い。ウォー・シミュレーションゲーム フレッシュアイペディアより)

  • T-55

    T-55から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    主砲には、125 mm口径のKBM1とNATO規格の120 mm口径のKBM2が用意されているが、ウクライナのNATO加盟が濃厚となるに伴い結局後者に統一された。T-55 フレッシュアイペディアより)

1518件中 81 - 90件表示

「NATO」のニューストピックワード