1949件中 81 - 90件表示
  • モーリス・クーヴ・ド・ミュルヴィル

    モーリス・クーヴ・ド・ミュルヴィルから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    戦後、1950年駐エジプト大使、1954年北大西洋条約機構NATO)担当大使、1955年駐米大使、1956年駐西独大使を歴任する。1958年ド・ゴールが政権に復帰すると、外務大臣に任命される。以後、ミシェル・ドブレと交代するまで10年の長きにわたり外相職にあって、ドゴール主義に基づく独自外交を展開した。1968年蔵相を短期間務めた後、ジョルジュ・ポンピドゥの後任として首相に就任する。ポンピドゥが大統領に当選し、首相をジャック・シャバン=デルマスと交代した。モーリス・クーヴ・ド・ミュルヴィル フレッシュアイペディアより)

  • ノーフォーク (バージニア州)

    ノーフォーク (バージニア州)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    ノーフォークはチェサピーク湾の湾口という立地条件に加え、ハンプトン・ローズという天然の良港に恵まれていることから、港湾都市、また軍事都市として発展してきた歴史を持っている。ノーフォークは世界最大の海軍基地で、アメリカ艦隊総軍、アメリカ海兵隊総軍および北大西洋条約機構(NATO)の変革連合軍が司令部を置くノーフォーク海軍基地を抱えている。ノーフォークやニューポートニューズ、エリザベス川対岸のポーツマスでは、軍需産業、特に軍艦を建造する造船業が発展している。また、ノーフォークの港湾は軍のみならず民間においても重要度が高く、特にコンテナ貨物の取扱量においてはアメリカ合衆国大西洋岸有数である。加えて、ノーフォークはクルーズの拠点としても、乗船客・クルーズ船会社の両方から高い評価を得ている。ノーフォーク (バージニア州) フレッシュアイペディアより)

  • カリーニングラード州

    カリーニングラード州から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    1992年、ロシア連邦のボリス・エリツィン大統領は、1945年のヤルタ会議で計画されていたように、この地域はポーランドに譲渡されるべきであると述べた(ヤルタ会議の取り決めでは、ドイツがシュチェチン地方を領有するかわりに、ポーランドはケーニヒスベルクを得ることになっていた)。しかし、1996年にポーランドが北大西洋条約機構(NATO)への加盟を求めて以降、この発言は撤回された。カリーニングラード州 フレッシュアイペディアより)

  • ノルディックバランス

    ノルディックバランスから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    デンマークはナポレオン戦争以来、近隣の列強を刺激しないようにすることを安全保障の基本政策としてきた。したがって、その本質は中立である。しかし、ナチス・ドイツによる占領の経験を踏まえ、自国デンマークのような小国の単独中立は不可能であると結論づけ、何らかの同盟を必要とし、それを模索しはじめた。1949年にスウェーデンの外相が提唱したスカンディナヴィア防衛同盟を中立と同盟とを両立させるものとして歓迎したのである。だからこそ、それが挫折したあとには、次善の策としてNATO加盟へと至ったのである。ノルディックバランス フレッシュアイペディアより)

  • ジョージアとロシアの関係

    ジョージアとロシアの関係から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    21世紀初頭前後、旧ソ連諸国をめぐる国際情勢は大きく変化した。ソ連解体当初は混乱がみられたロシアではウラジーミル・プーチンの政権が成立して以降は安定性を高め、旧ソ連諸国に対する求心性を再び回復してきた。また、冷戦終結後、唯一の超大国となったアメリカ合衆国が北大西洋条約機構(NATO)の拡大やユーゴスラヴィア空爆などを通じてロシアとの対立を深め、旧ソ連諸国に関与の度合いを深めた。さらに、アフガニスタンのターリバーン政権やロシアのチェチェン共和国のイスラーム教過激派の活動の活発化などにみられるようにイスラーム圏の影響が強まった。一方で、中国が高い経済成長を背景に発言力を増し、2001年結成の上海協力機構などを通じて旧ソ連諸国に経済的な働きかけを強めた。こうした諸要因によって旧ソ連諸国は変貌を余儀なくされたが、それに加えて次の2つの重大事件が大きな衝撃をあたえた。ジョージアとロシアの関係 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の歴史 (1945-1964)

    アメリカ合衆国の歴史 (1945-1964)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    アメリカ合衆国のこの時代は、第二次世界大戦による荒廃と共産主義からヨーロッパを救おうとした活発な外交政策の期間と見ることができる。国内においては戦後の短い移行期の後で、経済が急速に成長し、核戦争の脅威が世界中を覆った。より強力な武器で相手を威嚇する競争が始まった。国連軍が朝鮮に派遣されて共産主義勢力と戦った。ソビエト連邦は共産主義諸国とワルシャワ条約機構を結成し、アメリカ合衆国を中心とする北大西洋条約機構 (NATO) 諸国に対抗した。アメリカ合衆国の歴史 (1945-1964) フレッシュアイペディアより)

  • AT4 (携行対戦車弾)

    AT4 (携行対戦車弾)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    AT-4は、スウェーデンのサーブAB社が開発した単発使い捨ての滑腔式無反動砲である。アメリカ軍などNATO加盟国の間でM72 LAWの後継装備品として採用されている。AT4 (携行対戦車弾) フレッシュアイペディアより)

  • リビア飛行禁止空域

    リビア飛行禁止空域から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    北大西洋条約機構は飛行禁止空域を実施するため2月後半から3月前半にかけて作戦計画を立案する。特にNATO加盟国のイギリスとフランスが結ばれ主導的役割を形成する。英仏両国は当初から飛行禁止空域を支持しており、規制活動を実施するに十分なエアパワーを有しているが、追加支援のためより広範囲の展開を必要としていた。リビア飛行禁止空域 フレッシュアイペディアより)

  • アドルフ・ホイジンガー

    アドルフ・ホイジンガーから見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    アドルフ・ブルーノ・ハインリヒ・エアンスト・ホイジンガー(、1897年8月4日 - 1982年11月30日)は、ドイツの軍人。ドイツ国防軍で陸軍総司令部作戦課長、参謀長代行を務める。戦後は西ドイツの再軍備に関わり、初代連邦軍総監、NATO軍事委員会委員長を歴任した。アドルフ・ホイジンガー フレッシュアイペディアより)

  • 南オセチア紛争 (2008年)

    南オセチア紛争 (2008年)から見た北大西洋条約機構北大西洋条約機構

    ロシアとの対抗上、グルジアのサアカシュヴィリ大統領はグルジアのNATO加盟を目指した。2008年4月、NATOは実施時期は未定としながらもグルジアの加盟に合意した。ロシアはそれに対して、これはNATOの東側への拡張行為であり脅威を感じている、と発表した。ロシアのプーチン首相も、NATOの拡張主義にロシアは反対する、との談話を発表した。というのも1990年、当時のアメリカ国務長官ジェイムズ・ベイカーがソ連のゴルバチョフ書記長に対して、ソ連がドイツ再統一を認めるのであれば、NATOは東側に1インチも進まない、と語っていたからである。ただしベイカーの談話は外交上あいまいな表現を含ませたものであった。南オセチア紛争 (2008年) フレッシュアイペディアより)

1949件中 81 - 90件表示

「NATO」のニューストピックワード