106件中 81 - 90件表示
  • 北大西洋条約機構

    北大西洋条約機構から見たスペイン語

    略称は頭字語が用いられ、英語圏などでは NATO(米国式英語発音: ネイトウ、日本語発音: ナトー)、ロマンス系諸言語圏(仏・伊・西・葡・ルーマニア等)では OTAN( オタン)と呼ばれる。北大西洋条約機構 フレッシュアイペディアより)

  • 北大西洋条約機構

    北大西洋条約機構から見たオーストラリア

    また、日本や周辺国をNATOに加盟させようとする動きもあり、NATOを北大西洋地域に限定せずに世界規模にした上で日本、オーストラリア、シンガポール、インド、イスラエルを加盟させるべき(元ニューヨーク市長ルドルフ・ジュリアーニ、アイボ・ダールダーブルッキングス研究所シニアフェロー、ジェームズ・ゴールドゲイアージョージ・ワシントン大学政治学教授)との意見もある。北大西洋条約機構 フレッシュアイペディアより)

  • 北大西洋条約機構

    北大西洋条約機構から見たナポリ統連合軍司令部

    ナポリ統連合軍司令部(イタリア・ナポリ駐在 欧州南部を担当)北大西洋条約機構 フレッシュアイペディアより)

  • 北大西洋条約機構

    北大西洋条約機構から見た変革連合軍

    変革連合軍(旧大西洋連合軍 司令官はアメリカ統合戦力軍司令官が兼任)北大西洋条約機構 フレッシュアイペディアより)

  • 北大西洋条約機構

    北大西洋条約機構から見た国際連合

    1992年に勃発したボスニア・ヘルツェゴビナにおける内戦では、初めてこの項目が適用され、1995年より軍事的な介入と国際連合による停戦監視に参加した。続いて1999年のコソボ紛争ではセルビアに対し、NATO初の軍事行動となった制裁空爆を行い、存在感を発揮したものの、アメリカ主導で行われた印象を国際社会に与えてしまった。北大西洋条約機構 フレッシュアイペディアより)

  • 北大西洋条約機構

    北大西洋条約機構から見たソ連崩壊

    1989年のマルタ会談で冷戦が終焉し、続く東欧の動乱と1991年のソ連崩壊により、NATOは大きな転機を迎え、新たな存在意義を模索する必要性に迫られた。1991年に「新戦略概念」を策定し、脅威対象として周辺地域における紛争を挙げ、域外地域における紛争予防および危機管理(非5条任務)に重点を移した。また、域外紛争に対応する全欧州安保協力機構(OSCE)、東欧諸国と軍事・安全保障について協議する北大西洋協力評議会(NACC)を発足させ、加盟国外でもNATOの軍事的抑止力を享受できることを確認した。北大西洋条約機構 フレッシュアイペディアより)

  • 北大西洋条約機構

    北大西洋条約機構から見たブルンスム統連合軍司令部

    ブルンスム統連合軍司令部(オランダ・ブルンスム駐在 欧州北部を担当)北大西洋条約機構 フレッシュアイペディアより)

  • 北大西洋条約機構

    北大西洋条約機構から見た自衛権

    第二次世界大戦が終わり、東欧を影響圏に置いた共産主義のソビエト連邦との冷戦が激しさを増す中で、イギリスやフランスが主体となり、1949年4月4日締結の北大西洋条約により誕生した。結成当初は、ソビエト連邦を中心とする共産圏(東側諸国)に対抗するための西側陣営の多国間軍事同盟であり、「アメリカを引き込み、ロシアを締め出し、ドイツを抑え込む」(=反共、封じ込め)という初代事務総長ヘイスティングス・イスメイの言葉が象徴するように、ヨーロッパ諸国を長年にわたって悩ませたドイツ問題に対するひとつの回答でもあった。加盟国は集団的安全保障に加えて、域内いずれかの国が攻撃された場合、共同で応戦・参戦する集団的自衛権発動の義務を負っている。北大西洋条約機構 フレッシュアイペディアより)

  • 北大西洋条約機構

    北大西洋条約機構から見たNATO即応部隊

    NATO即応部隊(NRF ブルンスム・ナポリ・リスボンの三司令部がローテーションで指揮を担当)北大西洋条約機構 フレッシュアイペディアより)

  • 北大西洋条約機構

    北大西洋条約機構から見た東ヨーロッパ

    第二次世界大戦が終わり、東欧を影響圏に置いた共産主義のソビエト連邦との冷戦が激しさを増す中で、イギリスやフランスが主体となり、1949年4月4日締結の北大西洋条約により誕生した。結成当初は、ソビエト連邦を中心とする共産圏(東側諸国)に対抗するための西側陣営の多国間軍事同盟であり、「アメリカを引き込み、ロシアを締め出し、ドイツを抑え込む」(=反共、封じ込め)という初代事務総長ヘイスティングス・イスメイの言葉が象徴するように、ヨーロッパ諸国を長年にわたって悩ませたドイツ問題に対するひとつの回答でもあった。加盟国は集団的安全保障に加えて、域内いずれかの国が攻撃された場合、共同で応戦・参戦する集団的自衛権発動の義務を負っている。北大西洋条約機構 フレッシュアイペディアより)

106件中 81 - 90件表示

「NATO」のニューストピックワード