1557件中 91 - 100件表示
  • ニール・ジョンストン

    ニール・ジョンストンから見たNBANBA

    ニール・ジョンストン(Donald Neil Johnston,1929年2月4日 - 1978年9月28日)はアメリカ合衆国の元バスケットボール選手。出生地はオハイオ州チリコシー、出身大学はオハイオ州立大学。1950年代のアメリカ男子プロバスケットボールリーグNBA、フィラデルフィア・ウォリアーズで活躍したビル・ラッセル登場以前のリーグトップセンターであり、1956年には同チームを優勝に導いた。1990年には殿堂入りを果たしている。ニール・ジョンストン フレッシュアイペディアより)

  • コニー・ホーキンズ

    コニー・ホーキンズから見たNBANBA

    コニー・ホーキンズ(Connie Hawkins, 1942年7月17日 - )はアフリカ系アメリカ人の元バスケットボール選手。ニューヨークブルックリン区出身、アイオワ大学中退。ポジションはフォワード、センター。ブルックリンの伝説的ストリートボーラーとして知られ、創造性溢れるプレイや迫力満点のダンクはプロリーグ入りして以降も多くのファンを魅了した。1992年には殿堂入りを果たし、背番号『42』はフェニックス・サンズ(NBA)の永久欠番となっている。コニー・ホーキンズ フレッシュアイペディアより)

  • スペンサー・ヘイウッド

    スペンサー・ヘイウッドから見たNBANBA

    1970年代を代表するパワーフォワード。大学在学中にメキシコシティオリンピックでアメリカ代表として金メダルを獲得した後、1969年にはプロリーグABAのデンバー・ロケッツに入団し、ルーキーにしてABAの主要個人タイトルを総なめにした。NBAに移籍した後も各チームで活躍し、1983年に現役から引退。背番号『24』はシアトル・スーパーソニックスの永久欠番となっている。初めてABAからNBAに移籍した選手であり、またNBAドラフトにアーリーエントリー制の導入を促した選手としても知られる。スペンサー・ヘイウッド フレッシュアイペディアより)

  • デイブ・ディバッシャー

    デイブ・ディバッシャーから見たNBANBA

    ディビッド・アルバート・ディバッシャー (David Albert DeBusschere, 1940年10月16日 - 2003年5月14日) はアメリカ合衆国のバスケットボール選手。ミシガン州デトロイト出身。1960年代から70年代前半にかけてプロリーグNBAのデトロイト・ピストンズとニューヨーク・ニックスで活躍し、ニックスの1970年と1973年の優勝に大きく貢献。その卓越したディフェンスは"Big D"(DefenseとDeBusschere)と称された。2003年5月14日、心臓発作により62歳で亡くなった。デイブ・ディバッシャー フレッシュアイペディアより)

  • カナダ

    カナダから見たNBANBA

    北米最大のプロリーグであるNHLは1917年にカナダで設立され、その後アメリカ合衆国へと拡大した。現在カナダ7チーム、アメリカ合衆国23チームの計30チームからなる。NHL選手の半数以上がカナダ人である。アメリカ合衆国ではNFL、MLB、NBAに次ぐ4番手に位置づけられるNHLだが、カナダでは絶大な人気を誇る。特にカナダ最大の都市トロントを本拠地とするトロント・メープルリーフスと第二の都市モントリオールを本拠地とするモントリオール・カナディアンズは宿命のライバルとして知られている。NHLの優勝決定トーナメントであるスタンレー・カップにカナダのチームが勝ち進むと大きな盛り上がりを見せる。"The Great One"と称され、NHLの4つのチームを渡り歩いたウェイン・グレツキーは、引退してもなおカナダの国民的英雄である。カナダ フレッシュアイペディアより)

  • ニュージーランド

    ニュージーランドから見たNBANBA

    ニュージーランド人初のNBA選手となったショーン・マークスが有名。国内にはNBLと呼ばれるプロバスケットボールリーグを持つ。代表はこれまでにオリンピック出場2回、世界選手権出場3回を誇る。2000年シドニーオリンピックではアフリカ王者のアンゴラ相手に1勝をおさめた。2002年世界選手権では、大方の予想を大きく上回る4位入賞と大健闘。これには世界中のバスケットボール関係者が驚かされ、「大会最大の番狂わせ」と言われた。この大会ベスト5に選ばれたペロ・キャメロンは唯一の非NBA選手だった。2004年アテネオリンピックでは、再び1勝を挙げるのみに終わるが、2002年世界選手権優勝国だったセルビア&モンテネグロ相手に90vs87で破り再び世界を驚かせた。2006年世界選手権では、地元日本に最大18点差つけられるも逆転勝利。パナマ戦にも勝利しベスト16入りした。代表チームのニックネームは「トール・ブラックス (Tall Blacks) 」。ラグビー代表同様、試合前にはハカを踊る。ニュージーランド フレッシュアイペディアより)

  • トロント

    トロントから見たNBANBA

    トロントには様々なスポーツのプロチームが本拠を構えており、トロント・メープルリーフス(NHL)やトロント・ブルージェイズ(MLB)、トロント・ラプターズ(NBA)、トロント・アルゴノーツ(CFL)、トロントFC(MLS)などがある。トロント フレッシュアイペディアより)

  • マジック・ジョンソン

    マジック・ジョンソンから見たNBANBA

    選手時代にはNBAでポイントガードとしてプレーし、1980年代にロサンゼルス・レイカーズで5回の優勝に貢献する(1980年、1982年、1985年、1987年、1988年)。1991年にHIV感染を理由に引退する。1996年にNBA50周年を記念した「歴代の偉大な50人の選手」に選ばれた。2002年に殿堂入りする。マジック・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • 近藤祐司

    近藤祐司から見たNBANBA

    フットボール以外では、2006年バスケットボール世界選手権(スカパー!)の実況を機に、bjリーグ(GAORA)などのバスケットボールの実況も担当。2010-11シーズンからは、WOWOWでNBA中継の実況を担当し、タイムアウト中のベンチの様子やインタビューなどを同時通訳する新しい実況スタイルを取り入れている。近藤祐司 フレッシュアイペディアより)

  • ヴュルツブルク

    ヴュルツブルクから見たNBANBA

    バスケットボールは、ヴュルツブルクのチームは長年バスケットボール・ブンデスリーガ (BBL) でプレイしていた。ヴュルツブルクのチームでプレイしたバスケットボール選手には、NBAプレイヤーのダーク・ノヴィツキー、バスケットボールドイツ代表のロベルト・ガレットやデモンド・グレーンがいる。かつての1部リーグのチームは7年間BBLでプレイしていたが、2004/2005年シーズンに破産の届け出をした。これを引き継いだUSC マインフランケン・バスケットはブンデスリーガ2部で足掛かりを得ようとしたが失敗した。1年間の休止後、2人の熱心な経営者の支援を得たSCホイヒェルホーフ・ヴュルツブルク・バスケットがプロ・バスケットチーム編成を目指している。ヴュルツブルク フレッシュアイペディアより)

1557件中 91 - 100件表示

「米プロバスケットボール」のニューストピックワード