114件中 41 - 50件表示
  • NBA

    NBAから見たトロント・ラプターズ

    1995年 トロント・ラプターズ、バンクーバー・グリズリーズ(現メンフィス・グリズリーズ)が新設され、チーム数は29に。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たNFL

    NBAは157の放送局を通じて、214の国と地域に43の言語で放送されている。テレビ放映権は、全国放送やポストシーズンに限りリーグが管轄し、ローカル放送はチームが放送局と直接契約を結んでいる。そのため、レギュラーシーズン、ポストシーズン全試合の放映権を管轄しているNFLと違い、チームによって放映権料収入は大きく異なる。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たフェニックス・サンズ

    2004年 シャーロット・ボブキャッツが新設され、アメリカに29チーム、カナダに1チームの計30チーム、2カンファレンス6ディヴィジョンに。田臥勇太がフェニックス・サンズに入団。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たオーランド・マジック

    1989年 オーランド・マジック、ミネソタ・ティンバーウルブズが新設され、チーム数は27に。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たNBAオールスターゲーム

    NBAオールスターゲーム - 対戦成績など。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たボストン・セルティックス

    この時期リーグは大きな2つの変化を経験する。その1つが24秒ショットクロック(ボールを保持したチームが24秒以内にシュートをしなければ、相手ボールとなる)の導入だった。NBLの吸収で17チームにまで膨れ上がったNBAだが人気は停滞し、1954年には8チームにまで減少した。このような状況を打破すべく導入されたショットクロックは、試合のテンポを早くし、より娯楽性の高いものとした。もう1つの変化は黒人選手の隆盛だった。当時のNBAは選手の大半を白人が占めていたが、1950年にはNBA初の黒人選手チャック・クーパーがドラフト指名され、1956年にはビル・ラッセルがNBA入りし、1959年にはウィルト・チェンバレンが新人にして得点王、リバウンド王、新人王、MVP4冠を達成した。1950年代前半はマイカン率いるミネアポリス・レイカーズがNBA初の3連覇を達成。後半にはラッセル擁するボストン・セルティックスがリーグを支配し始める。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見た八百長

    2007年 公式球の評判が悪く皮製に戻された。審判員の賭博事件がNBAの八百長疑惑に発展。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たインディアナ・ペイサーズ

    1976年 ABAが消滅。ABAの4チーム、サンアントニオ・スパーズ、デンバー・ナゲッツ、インディアナ・ペイサーズ、ニューヨーク・ネッツがNBAに加入し、チーム数は22に。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たデンバー・ナゲッツ

    1976年 ABAが消滅。ABAの4チーム、サンアントニオ・スパーズ、デンバー・ナゲッツ、インディアナ・ペイサーズ、ニューヨーク・ネッツがNBAに加入し、チーム数は22に。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たフォーブス (雑誌)

    2011年1月に、アメリカの経済誌『フォーブス』が公表した統計によると、NBAで最も資産価値の高いチームはニューヨーク・ニックスであり、6億5500万ドル(約580億円)と算定されている。第2位は僅差でロサンゼルス・レイカーズであり、6億4300万ドル(約550億円)である。NBA フレッシュアイペディアより)

114件中 41 - 50件表示

「米プロバスケットボール」のニューストピックワード