114件中 51 - 60件表示
  • NBA

    NBAから見たゴールデンステート・ウォリアーズ

    1981年 ドラフトで岡山恭崇がゴールデンステート・ウォリアーズから8巡目の10番目で指名を受けるが入団せず。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たニューオーリンズ・ホーネッツ

    1988年 シャーロット・ホーネッツ(現ニューオーリンズ・ホーネッツ)、マイアミ・ヒートが新設され、チーム数は25に。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たメンフィス・グリズリーズ

    1995年 トロント・ラプターズ、バンクーバー・グリズリーズ(現メンフィス・グリズリーズ)が新設され、チーム数は29に。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たシカゴ・ブルズ

    NBA史上最高の選手の一人に挙げられるジョーダン率いるシカゴ・ブルズがリーグを席巻し、2度の3連覇、6度の優勝を果たした。ジョーダンと個性溢れる様々なライバル選手との熱戦は世界中にテレビ中継され、アメリカ国内のみならず、海外のNBAブームにも火を着けた。そしてNBAの世界的な人気を決定的なものにしたのが、1992年バルセロナ五輪へのドリームチーム派遣であった。また海外出身のアキーム・オラジュワンが2年連続でファイナルMVPを受賞し、カナダに新チームを立ち上げるなどグローバリゼーションが進む一方、90年代は選手の年俸が高騰した時期でもあり、ブルズが2度目の3連覇を果たした1998年にはロックアウトが起き、開幕が大幅に遅れ、シーズンが短縮される事態に陥った。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たデトロイト・ピストンズ

    どん底まで沈んでいたNBAを救ったのはマジック・ジョンソンとラリー・バードの登場だった。両者のライバル関係はリーグを活性化させ、1980年代のNBAファイナルはジョンソンのロサンゼルス・レイカーズとバードのセルティックスのいずれかが争った。またマイケル・ジョーダンら次世代を担うスター選手らが続々とNBA入りを果たしたのもこの時期であり、また第4代コミッショナーに就任したデビッド・スターンはリーグのクリーン化に力を注いだ。NBAの人気は加速度的に増していき、チーム数は27にまで増加する。そして80年代末のバッドボーイズの連覇を経て、NBAはジョーダンの時代を迎えた。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たピストンズ

    2004年11月19日のペイサーズ対ピストンズ戦は、観客を巻き込んだ大乱闘となった(「パレスの騒乱」)。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たシャーロット・ボブキャッツ

    2004年 シャーロット・ボブキャッツが新設され、アメリカに29チーム、カナダに1チームの計30チーム、2カンファレンス6ディヴィジョンに。田臥勇太がフェニックス・サンズに入団。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たTBSテレビ

    日本向け放映権は日本放送協会(NHK)などが獲得している。かつてはテレビ東京、テレビ朝日、TBS、J SPORTS、およびスカパーJSAT(スカチャンなどで放送)で中継していた時期もあったが、NHK以外は2010-11シーズンを持って終了となり、代わってそのシーズンからはWOWOWでも放送開始された。現在日本ではNHK BS1で週に2-3試合程度(録画中継)、WOWOWでは週に5試合程度(生放送中心)放映されている。なおプレーオフ決勝の「NBAファイナル」については双方とも生中継となっているNBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たスカパーJSAT

    日本向け放映権は日本放送協会(NHK)などが獲得している。かつてはテレビ東京、テレビ朝日、TBS、J SPORTS、およびスカパーJSAT(スカチャンなどで放送)で中継していた時期もあったが、NHK以外は2010-11シーズンを持って終了となり、代わってそのシーズンからはWOWOWでも放送開始された。現在日本ではNHK BS1で週に2-3試合程度(録画中継)、WOWOWでは週に5試合程度(生放送中心)放映されている。なおプレーオフ決勝の「NBAファイナル」については双方とも生中継となっているNBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見た日本放送協会

    日本向け放映権は日本放送協会(NHK)などが獲得している。かつてはテレビ東京、テレビ朝日、TBS、J SPORTS、およびスカパーJSAT(スカチャンなどで放送)で中継していた時期もあったが、NHK以外は2010-11シーズンを持って終了となり、代わってそのシーズンからはWOWOWでも放送開始された。現在日本ではNHK BS1で週に2-3試合程度(録画中継)、WOWOWでは週に5試合程度(生放送中心)放映されている。なおプレーオフ決勝の「NBAファイナル」については双方とも生中継となっているNBA フレッシュアイペディアより)

114件中 51 - 60件表示

「米プロバスケットボール」のニューストピックワード