1128件中 101 - 110件表示
  • 植村 喜八郎

    植村喜八郎から見たNHKスペシャルNHKスペシャル

    NHKスペシャル「原発メルトダウン 危機の88時間」(2018年)植村喜八郎 フレッシュアイペディアより)

  • 白川義員

    白川義員から見たNHKスペシャルNHKスペシャル

    1996年から『世界百名山』撮影プロジェクトを開始する。エドモンド・ヒラリーらの各国の11名が選考委員を快諾して、この委員と「白川義員世界百名山撮影プロジェクトを支援する会」により、世界の山から110座を選んだ。これをもとに2001年(平成13年)までに、自ら127座すべてを空から撮影した。理想の被写体を求めて、日の出や日没時を含めて360度のあらゆる方向からその山を眺め航空機の窓を開けての撮影を行った。その後100座に絞り込み、作品集『世界百名山』を出版社した。2002年(平成14年)には、それらの12作品の写真が国際連合郵政局から記念切手として発行された。このプロジェクトはNHKスペシャルなどの複数のテレビ番組で紹介された。白川義員 フレッシュアイペディアより)

  • 松田聖子

    松田聖子から見たNHKスペシャルNHKスペシャル

    2007年4月9日、「松田聖子的生き方」とそれに共感する同世代の女性たちに焦点を当てたドキュメンタリー番組、NHKスペシャル『松田聖子 女性の時代の物語』が放送され、放送後も『朝日新聞』の天声人語(4月15日付)にも取り上げられるなど話題を呼んだ。松田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • サタデースポーツ

    サタデースポーツから見たNHKスペシャルNHKスペシャル

    2004年10月 - 2005年12月: 21:52 - 22:20(NHKスペシャル等前番組の内容によっては時刻変更の場合あり)サタデースポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 山田孝之

    山田孝之から見たNHKスペシャルNHKスペシャル

    新・映像の世紀(2015年10月25日 - 2016年3月21日、NHK総合テレビジョン「NHKスペシャル」) - ナレーター山田孝之 フレッシュアイペディアより)

  • 中島健郎

    中島健郎から見たNHKスペシャルNHKスペシャル

    2012年5月4日 - ダウラギリ(8,167m/ネパール)。竹内洋岳の8,000m峰14座完登にカメラマンとして同行。竹内洋岳は登頂したが、本人は7,000m付近で高山病のため未登頂。このときの挑戦はNHKのTV番組『世界の名峰グレートサミッツ』および『NHKスペシャル』にて放映された。中島健郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大江健三郎

    大江健三郎から見たNHKスペシャルNHKスペシャル

    NHKスペシャル「世界はヒロシマを覚えているか〜大江健三郎・対話と思索の旅〜」カール・セーガン、フリーマン・ダイソン、アンドレイ・サハロフ、金芝河、アルカジイ・ストルガツキーらと対話。 1990年8月5日大江健三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡 鶴太郎

    片岡鶴太郎から見たNHKスペシャルNHKスペシャル

    2008年10月、NHKスペシャル『病の起源』第4回に出演。このシリーズは取り上げるテーマの病に罹った俳優・タレントが案内人を務めており、第4回のテーマは「読字障害」。そこで鶴太郎は、学生時代に教科書の音読などが苦手だったという経験を踏まえたうえで、自らも読字障害の疑いがあったのではないか、そのことが却って芸術家としても花開くきっかけになったのではないか、と告白した。片岡鶴太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 長嶋茂雄

    長嶋茂雄から見たNHKスペシャルNHKスペシャル

    2009年9月に放送された『NHKスペシャル』「ONの時代」(全2回)に出演し、いくらかの後遺症は残っているものの、自らの言葉でインタビューに応じた。テレビでの長時間インタビューは発病後初で、長嶋は「周辺からは『テレビには出ないほうが良い』という意見もあった」と明かしながら、自宅周辺での歩行訓練や筋力トレーニングなどのリハビリを公開した。2010年には『週刊文春』誌上で阿川佐和子と対談を行い、発病時の様子を振り返っている。長嶋茂雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡部英美

    渡部英美から見たNHKスペシャルNHKスペシャル

    NHK特集NHKスペシャル(ディレクター「土地は誰のものか」「新日本人の条件」「こうして魚になりました」「雲仙普賢岳」などの制作)渡部英美 フレッシュアイペディアより)

1128件中 101 - 110件表示

「NHKスペシャル」のニューストピックワード