前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1217件中 1 - 10件表示
  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    シングル曲、アルバムの大ヒットにマスメディアに大きな話題の提供、と大活躍の1年だったが日本歌謡大賞、日本レコード大賞、NHK紅白歌合戦の3大行事は、まともに扱ってもらえなかった。唯一レコード大賞の歌唱賞の対象で残ったが最終的に落選。大衆賞に回され最終投票で橋幸夫24票、井上順21票、天地真理17票に次ぎ16票で最下位となった。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • NHKホール

    NHKホールから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    東京都渋谷区神南のNHK放送センター内に所在し、NHKの公開番組(NHK歌謡コンサート、MUSIC JAPAN、ザ少年倶楽部、NHK紅白歌合戦など)の収録や生放送をはじめ、NHK交響楽団の定期演奏会、その他クラシック、オペラ、バレエ、ポップスなど各種コンサート、古典芸能の上演、講演会、国際会議、各種式典等に幅広く使用されている。NHKホール フレッシュアイペディアより)

  • ジャニーズ事務所

    ジャニーズ事務所から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    2009年1月28日にフォーリーブスの青山孝史が死去した翌日『情報プレゼンター とくダネ!』にてフォーリーブスの特集を行った際、当時の映像を放送できないことを司会者の小倉智昭が、「色々な問題があるとは思うがフォーリーブスが一番キラキラしていた時代の映像を流せないのは、非常に残念でならない」と苦言を呈した。また、2009年3月31日にメンバーの3人が『徹子の部屋』に出演した際も当時の映像は放送されなかった。その一方、2009年10月29日放送『うたばん』にて『踊り子』を歌うVTRが放送された事例はある。またNHKアーカイブスの公開放送ライブラリーではフォーリーブス等が出演した時の『NHK紅白歌合戦』や川崎麻世、田原俊彦らがレギュラーだった時の『レッツゴーヤング』が一般公開されている。ジャニーズ事務所 フレッシュアイペディアより)

  • SMAP

    SMAPから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    デビュー以来、2001年(平成13年)と2004年(平成16年)を除き『NHK紅白歌合戦』に出場している。その一方で、『ジャニーズカウントダウンライブ』や『ジャニーズ大運動会』(1999年(平成11年)と復活の2009年(平成21年)には野球の部のみ中居が出演)など「ジャニーズ」というくくりでの催しにはほとんど出演しておらず、事務所の後輩とテレビ番組で共演するのも『ミュージックステーション』などの音楽番組程度しかなかった。しかし2000年代後半以降はドラマ、バラエティなどで後輩グループのメンバーと共演することが増え、2011年(平成23年)には事務所主催の災害支援プロジェクト『Marching J』にも参加している。SMAP フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    後期は科学番組ウルトラアイ、トライ&トライ、くらべてみればなどの生活科学番組の司会を15年に渡って担当、体当たりの実験参加が人気を博した。またNHK紅白歌合戦の司会を白組司会・総合司会・進行役を全て含めて通算14回担当した。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽番組

    音楽番組から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    民放の場合、「作詞・作曲」と表記するの場合がほとんどであるが、NHKの場合は「詞・曲」と表記する。テレビ放送黎明期の時代には作詞者・作曲者のクレジットが曲名と共に表記されることは殆どなかったが、1970年代に入り、各放送局独自の音楽賞レース番組を創設するようになってからは、作詞・作曲クレジットの表記が通常のレギュラー放送の歌番組等でなされるようになった(ちなみに「NHK紅白歌合戦」で初めて作詞者・作曲者テロップが付されるようになったは1970年(第21回)からのことである)。しかし、2012年になって「24時間テレビ」や「火曜曲」などでテロップが表示されなくなった。音楽番組 フレッシュアイペディアより)

  • X JAPAN

    X JAPANから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    アメリカ・ロサンゼルスでの長期レコーディングで、YOSHIKIがXの最高速曲である「Stab Me In The Back」のドラムレコーディング後に頚椎の異常を訴え、頸椎椎間板ヘルニアと疲労で3日間寝込んだ。以降のレコーディングスケジュールは大幅に延期され、レコード会社からは1991年7月のリリースをリミットとされたため、他の高速ナンバーや「ART OF LIFE」などのレコーディングを断念し、同年6月帰国。翌7月1日、アルバム『Jealousy』をリリース。オリコンチャート1位を記録する。8月23日、初の東京ドーム公演を果たし、10月29日には日本武道館で「エクスタシーサミット'91」を開催。同時期、新宿の小田急ミロードに「X SHOP JEALOUSIX」を期間限定で出店、日清食品から「カップヌードルX味」が発売されるなど、この頃のXはメディア露出なども合わせて絶頂期を迎えた。12月8日にはNHKホールで、「X with Orchestra」を開催。さらに12月20日のツアーファイナルの武道館ではFILM GIGのダブルアンコールで本人たちが登場し、この頃に一部新聞で報道された解散説をYOSHIKI自ら否定。12月31日にはNHK紅白歌合戦出場など、Xは日本を代表するバンドとなっていた。X JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • 村田英雄

    村田英雄から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    が同年にセルフリバイバルと言える三船敏郎&高峰秀子主演(東宝 稲垣監督 伊丹&稲垣脚色)の映画公開があった物のヒットに恵まれず(わずかに「人生劇場」のリバイバルヒットがあったのみ)NHK紅白歌合戦への出場も果たせずにいた。村田英雄 フレッシュアイペディアより)

  • 美川 憲一

    美川憲一から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦(1968年)初出場曲。美川憲一 フレッシュアイペディアより)

  • 久保純子

    久保純子から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦(紅組司会、1998年 - 2000年)久保純子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1217件中 1 - 10件表示

「NHK紅白歌合戦」のニューストピックワード