前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1396件中 1 - 10件表示
  • 55 (C&Kの曲)

    55 (C&Kの曲)から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    初回限定盤には、2017年4月28日に大阪Zepp Osaka Baysideで行われた「CK無謀な挑戦状Case3〜紅白への道!紅白へGOGO!55分ライブ!!日頃の感謝を込めて39価格〜」の大阪公演でのライブ映像を収録したDVDを付属。55 (C&Kの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 野村涼子

    野村涼子から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦」(2005年12月31日)-出演野村涼子 フレッシュアイペディアより)

  • 55 (C&Kのアルバム)

    55 (C&Kのアルバム)から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    初回限定盤には、2017年4月28日に大阪Zepp Osaka Baysideで行われた「CK無謀な挑戦状Case3〜紅白への道!紅白へGOGO!55分ライブ!!日頃の感謝を込めて39価格〜」の大阪公演でのライブ映像を収録したDVDを付属。55 (C&Kのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • スパーク3人娘

    スパーク3人娘から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    1962年「可愛いベイビー」で歌手デビュー。同年の1962年に「可愛いベイビー」でNHK紅白歌合戦に初出場。紅白歌合戦は通算8回出場。スパーク3人娘 フレッシュアイペディアより)

  • 長渕剛

    長渕剛から見た紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    紅白歌合戦(NHK、1990年12月31日)「親知らず」「いつかの少年」「乾杯」長渕剛 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽番組

    音楽番組から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    その後1982年頃から『ザ・ベストテン』が正式に初登場曲と「今週のスポットライト」のコーナーのみに歌詞を表示するようになった。しかし、初登場時でも中継であったり、セットによっては翌週に表示ということも多くあった。1989年2月23日放送回からは全曲に表示するようになったが、これも他番組に先駆けてのことだった。NHK紅白歌合戦でも全曲に歌詞が表示されるようになったのは1982年の第33回NHK紅白歌合戦からである。しかし表示方法が前記のような方法であったため、文字が斜めに映ったり、誤って表示されないということも多々あった。音楽番組 フレッシュアイペディアより)

  • 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル

    爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャルから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    全出場者は基本的に毎回、'とに平等に分けられて、それぞれどちらかの組でものまねを披露する。当番組では、『NHK紅白歌合戦』のように、女性歌手が、男性歌手がというような、との明確な分け方の基準は、特に決まっていない。稀に、同じ放送回にとのどちらの組でも同じ出場者がそれぞれ異なるものまねを披露する場合がある(例:では個人ネタ、'ではコラボネタ)。爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • Best of Best 27

    Best of Best 27から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    第47回と第51回の『NHK紅白歌合戦』歌唱曲Best of Best 27 フレッシュアイペディアより)

  • フレッシュ三人娘

    フレッシュ三人娘から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    1976年「ホリプロタレントスカウトキャラバン」(NET)に出場。初代グランプリチャンピオンになる。1977年1月1日「私の先生」で歌手デビュー。翌年の1978年に「夏のお嬢さん」でNHK紅白歌合戦に初出場。紅白歌合戦は通算6回出場。フレッシュ三人娘 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    後期は科学番組ウルトラアイ、トライ&トライ、くらべてみればなどの生活科学番組の司会を15年に渡って担当、体当たりの実験参加が人気を博した。またNHK紅白歌合戦の司会を白組司会・総合司会・進行役を全て含めて通算14回担当した。1974年から1982年まで白組司会を9年連続で担当、これは先輩の高橋圭三に並び連続白組司会の最長記録となっている。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1396件中 1 - 10件表示

「NHK紅白歌合戦」のニューストピックワード