1396件中 91 - 100件表示
  • LIFE!〜人生に捧げるコント〜

    LIFE!〜人生に捧げるコント〜から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    後にはコントの枠を超え、国立科学博物館でのロケや、NHK紅白歌合戦への見切れ出演(第64回・第65回)とクイズ企画、子供の悩みに答える「深海悩み相談室」など、企画VTRでの出演が中心となっていく。LIFE!〜人生に捧げるコント〜 フレッシュアイペディアより)

  • さだまさし

    さだまさしから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    2008年秋、美空ひばりの曲をカバーしたアルバム『情継 こころをつぐ』をリリース。トップ10入りを果たす。出続けていたNHK紅白歌合戦に落選するが、『年の初めはさだまさし』は行われた。さだまさし フレッシュアイペディアより)

  • 古舘伊知郎

    古舘伊知郎から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    1984年6月にテレビ朝日を退社後、大学時代の友人と芸能事務所「古舘プロジェクト」を設立。フリーになってからは、10年以上に渡ったワールドプロレスリングの実況を1987年3月に勇退、その後の1989年から1994年までのフジテレビのF1放送や、競輪における特別競輪(現:GI)決勝戦の実況中継、さらには、自らの一人芝居型講演会「トーキングブルース」(1988年開始)を始め、数々のテレビ番組に出演。そして、NHKと民放キー局5社で全てレギュラー番組を持った。1988年には映画『スウィートホーム』、1991年にはNHK連続テレビ小説『君の名は』に出演し、俳優業にも挑戦した。また、テレビ朝日『ニュースフロンティア』(1991年4月 - 1994年3月)という『ニュースステーション』のオンエアが無い土曜日の23時から放送されていた報道番組も一時期担当した。1994年 - 1996年には、NHK『NHK紅白歌合戦』の白組司会を担当、史上初の民放のアナウンサー出身の紅白司会者となった。古舘伊知郎 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ベストテン

    ザ・ベストテンから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    NTV紅白歌のベストテン - 『NHK紅白歌合戦』の雰囲気をそのまま毎週茶の間に届けるとのコンセプトでスタート。日本テレビでその後続く『トップテン』シリーズの礎を築いた。ザ・ベストテン フレッシュアイペディアより)

  • リアルタイム字幕放送

    リアルタイム字幕放送から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    基本的には音声認識による文字情報の直接生成を用いたものである。音声認識は現在でも100%の変換が難しいものであるが、ニュースにおいては語調や使用される単語などを一定の条件に制限できる事から、この用途に限って音声認識を用いる事で高い変換効率を実現した。開発当初、リアルタイム字幕の付加はスタジオなどでのアナウンサーの発声に限られる場合が多く、VTR映像などの音声には同様の字幕が付かない事が殆どだった。スポーツイベントやNHK紅白歌合戦などの番組では、専門のアナウンサーが字幕生成のためにセリフを再発声する「リスピーク方式」とすることで同様の条件を達成している。リアルタイム字幕放送 フレッシュアイペディアより)

  • LUNA SEA

    LUNA SEAから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    この年、メンバーの5人はソロ活動をしていった。まずRYUICHIは、本名の河村隆一でソロ活動を開始。アルバム『Love』は約300万枚という男性ソロシンガーとしては歴代最高の売り上げを記録し、年末にはNHK紅白歌合戦にも出場するなど、わずか1年の間にソロシンガーとしての地位を不動のものにした。また、俳優・タレントとしてもテレビやドラマなどにも出演し、お茶の間にも進出した。SUGIZOとINORAN・J・真矢も、それぞれに精力的な音源製作・ライブ活動で5人が5人独特の活動を展開して見せた。個々にシンガーデビューを果たし、ランクインさせた。LUNA SEA フレッシュアイペディアより)

  • 明日があるさ

    明日があるさから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    同CMは翌2001年には各種CMに関連する賞を受けたほか、「明日があるさ」という言葉が新語・流行語大賞のトップテンに入賞し社会現象に。CMでカバーバージョンを歌ったウルフルズと、CMに出演していた吉本興業所属の芸人によるユニットのRe:Japanとの共演により、NHK紅白歌合戦へ出演を果たした。CDはウルフルズとRe:Japanのものを合わせて約100万枚を売り上げた。なお同CMでは後に森高千里も同曲を歌っていたが、森高の歌唱版はCD等で発売はされていない。明日があるさ フレッシュアイペディアより)

  • 吉川晃司

    吉川晃司から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    1985年の始めに、デビュー1年目では史上2人目の日本武道館公演を行った。1人目は原田真二(1978年7月24日)。その他、初期に行われた学園祭コンサートで、体育館にある緞帳(どんちょう)にぶら下がり、緞帳をビリビリに破いてしまったことがある。その弁済金は1,000万円だったという。暮れにはNHK紅白歌合戦に出場した。吉川晃司 フレッシュアイペディアより)

  • SUPREME

    SUPREMEから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    「瑠璃色の地球」はシングルカットされていないにもかかわらず、『NHK紅白歌合戦』では2度も歌唱披露されている。SUPREME フレッシュアイペディアより)

  • 桑田佳祐

    桑田佳祐から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    2009年より第5期ソロ活動に入った。2010年にはソロとしては4枚目となるオリジナルアルバムの制作に着手していたが、初期の食道癌を患っていることが発覚。治療に専念するため暫く音楽活動を休止していたが、退院後体調を考慮しながら再開し、12月26日付けで公式ホームページから完成されたことが報告された。2010年のNHK紅白歌合戦で特別枠として出演(ソロ名義では初、サザンオールスターズを含めると1983年以来となる出場)し、回復と復帰をアピールした。桑田佳祐 フレッシュアイペディアより)

1396件中 91 - 100件表示

「NHK紅白歌合戦」のニューストピックワード