1217件中 31 - 40件表示
  • 日本のヒップホップ

    日本のヒップホップから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    KREVAに続き、SEAMOのセカンドアルバム『Live Goes On』(2006年9月20日発売)もオリコンウィークリーチャート1位を記録した。SEAMOはこの年のNHK紅白歌合戦出場を果たしている。日本のヒップホップ フレッシュアイペディアより)

  • てるてる家族

    てるてる家族から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    宝塚歌劇団への登竜門、宝塚音楽学校に入学した冬子だったが、自分の本当にやりたいことはパン職人の道であることに気づき、卒業後は春男の下でパン屋の修行を始める。春子は、フィギュアスケートの日本代表として1968年グルノーブルオリンピックに出場を果たし、夏子は歌手"いわたなつこ"としてNHK紅白歌合戦に出場。冬子もパン職人の才能を開花させ、喫茶シャトーを「ベーカリーてるてる家族」として再スタートさせる。そして、秋子も自分のやりたい道を見つけ、旅立って行くのだった。てるてる家族 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニーズカウントダウンライブ

    ジャニーズカウントダウンライブから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    2000年代後半頃からフジテレビではカウコン中継前の時間帯の番組が低視聴率(2006年に『格闘技中継』撤退以降)に喘いでおり、視聴率の取れるカウコン中継拡大を図ればいいと考えられるのだが、『NHK紅白歌合戦』と掛け持ちを行うタレント(2000年代後半まではTOKIOのみだったが)がいる事から紅白が終わる23:45からで固定されている(カウコンそのものの開始は基本的に23時)。また終了時刻15分繰り下げての放送時間拡大も不可能である(東京ドームが0時30分以降の歌唱活動を禁止しているため。それにより後続番組の放送時間にどうしても15分の端数が生じる)。ジャニーズカウントダウンライブ フレッシュアイペディアより)

  • 東国原英夫

    東国原英夫から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    1999年度のNHK「紅白歌合戦」で、野猿を率いていたとんねるずを見て、お笑いの世界からの引退を決意したと、『ナンバー2 〜一番になれなかった天才達の物語〜』で語った。なお石橋貴明とはプライベートでも長きに渡る交流がある。東国原英夫 フレッシュアイペディアより)

  • オユンナ

    オユンナから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    1990年12月 紅組史上最年少(当時)でNHK紅白歌合戦に出場。その澄みきった歌声が天使の歌声と評され、日本にモンゴルブームを巻き起こす。オユンナ フレッシュアイペディアより)

  • 第58回NHK紅白歌合戦

    第58回NHK紅白歌合戦から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    『第58回NHK紅白歌合戦』(だいごじゅうはちかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、2007年12月31日(JST、以下同じ)にNHKホールで行われた、通算58回目のNHK紅白歌合戦。19:20 - 23:45に生放送された(21:25 - 21:30はニュースにより中断。BShiは別番組)。双方向対応番組。二部制はとられていない。第58回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋圭三

    高橋圭三から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    戦後、『のど自慢素人演芸会』、『話の泉』などの司会を務め、その名は徐々に全国的に浸透した。しかしNHKが現在の特殊法人となった1950年、肺結核を患い、1年以上もの療養を強いられた。復帰から間もない1953年2月1日にテレビ本放送が開始され、NHKでは最初のテレビ向けクイズ・ゲーム番組となる『ジェスチャー』の司会を担当。またこの年より大晦日に放送されることとなった『NHK紅白歌合戦』(1953年は2回<1月3日、12月31日>放送・開催されている)の白組司会に抜擢された。高橋圭三 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳 徹子

    黒柳徹子から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    1980年、「ザ・ベストテン」「徹子の部屋」「音楽の広場」の司会ぶりを買われ、1958年以来、22年ぶりにNHK紅白歌合戦の紅組司会に起用されたが、その際、黒柳は、司会を受ける条件として、「紅白の番組構成に私の意見を取り入れて欲しい」と要望。これが「80年代最初の紅白なのでフレッシュな内容にしたい」と考えていたNHK側の思惑と合致しての司会起用であった。この年は、宝くじの抽選会で使用されているものと同仕様のルーレットを使用して、本番の中で攻守を決めるという異例の構成が採られたが、これも彼女の「自身の意見を取り入れて欲しい」という要求を与して考え出されたものであるといわれている(合田道人・著「紅白歌合戦の真実」(幻冬舎・刊)より)。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 河合奈保子

    河合奈保子から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    デビュー2年目の1981年10月5日16時頃、NHKホールでの『レッツゴーヤング』のリハーサル中、誤って4m下の迫りに転落し第一腰椎圧迫骨折の重傷を負う。約2ヶ月間の療養の後、同年11月30日放送の『夜のヒットスタジオ』より復帰を果たす。同年12月31日の第32回NHK紅白歌合戦に「スマイル・フォー・ミー」で初出場しトップバッターを務めた。翌年4月頃まで療養のためにコルセットを腰に装着して芸能活動を行う。NHK紅白歌合戦に初出場した際は、転落事故からの復帰直後で、かつ事故現場のNHKホールだったが、本人によればリハーサルは恐怖感が先に立ったものの、本番の出番寸前に不安や緊張が全て消えたという。河合奈保子 フレッシュアイペディアより)

  • 小野満

    小野満から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    1967年から1983年までの17年間にわたり、スイングビーバーズと共にNHK紅白歌合戦の白組の演奏・指揮を担当した。小野満 フレッシュアイペディアより)

1217件中 31 - 40件表示

「NHK紅白歌合戦」のニューストピックワード