1217件中 41 - 50件表示
  • ORANGE RANGE

    ORANGE RANGEから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    12月31日、沖縄コザの年越しイベントに参加、中継で『NHK紅白歌合戦』に初出演、「ロコローション」を披露する。ORANGE RANGE フレッシュアイペディアより)

  • ミュージックステーションスーパーライブ

    ミュージックステーションスーパーライブから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    NHK『NHK紅白歌合戦』のような掛け合い寸劇や全員合唱のようなロックバンド等に嫌われがちな過剰演出も行われず、純粋に音楽を聴かせ自身のパフォーマンスを行うことを目的としたライブである。ミュージックステーションスーパーライブ フレッシュアイペディアより)

  • 中村 メイコ

    中村メイコから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦』で1959年の第10回から1961年の第12回まで3年連続で紅組司会を務めた。そのラジオ中継の音声が現存し、第10回は2009年4月29日放送のNHK-FM『今日は一日“戦後歌謡”三昧』の中で、中村の司会も含め全編が再放送された(音声はモノラル)。中村メイコ フレッシュアイペディアより)

  • 五木ひろし

    五木ひろしから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    1971年3月、新しい芸名を“五木ひろし”として、ミノルフォンから再デビューを果たす。苗字の「五木」は山口洋子が五木寛之から頂戴した。また、「いいツキをひろおう」という意も入っている。再デビュー・シングルの「よこはま・たそがれ」で山口は単語の羅列ながらも女ごころを表現した詞を書き、平尾昌晃がそれにモダンでソフトな演歌調の曲を付けた。ロカビリー歌手から作曲家に転身した平尾にとって、初めての演歌作品でもあった。マイクを左手で持ち、右手は拳を握り締め、腰をシェイクさせてリズムを採る独特の歌唱スタイルは、同じ野口プロモーションに所属していたキックボクサー・沢村忠の“ファイティング・スタイル”からヒントを得たもので、物真似をされるほどに五木の代名詞として定着してゆく。五木は「“拳”は演歌の“コブシ(小節)”をかけている」と語っている。「よこはま・たそがれ」はオリコン・シングル・チャートで、最高位1位、登場週数46週、65万枚に迫る売上げを記録(以下、文中のチャート・データはすべてオリコン・シングル・チャートに基づく)。第2弾シングルのマドロス演歌「長崎から船に乗って」も最高位4位、登場週数28週、45万枚に迫る売上げを記録。この年、第4回日本レコードセールス大賞男性新人賞を受賞。また「よこはま・たそがれ」では第4回新宿音楽祭金賞、第2回日本歌謡大賞放送音楽賞(初受賞)、第13回日本レコード大賞歌唱賞(初受賞)を受賞し、念願であったNHK紅白歌合戦(第22回)への初出場も果たす。以降、2012年現在まで連続出場を継続中。五木ひろし フレッシュアイペディアより)

  • さだまさし

    さだまさしから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    2008年秋、美空ひばりの曲をカバーしたアルバム『情継 こころをつぐ』をリリース。トップ10入りを果たす。出続けていたNHK紅白歌合戦に落選するが、『年の初めはさだまさし』は行われた。さだまさし フレッシュアイペディアより)

  • リアルタイム字幕放送

    リアルタイム字幕放送から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    基本的には音声認識による文字情報の直接生成を用いたものである。音声認識は現在でも100%の変換が難しいものであるが、ニュースにおいては語調や使用される単語などを一定の条件に制限できる事から、この用途に限って音声認識を用いる事で高い変換効率を実現した。開発当初、リアルタイム字幕の付加はスタジオなどでのアナウンサーの発声に限られる場合が多く、VTR映像などの音声には同様の字幕が付かない事が殆どだった。スポーツイベントやNHK紅白歌合戦などの番組では、専門のアナウンサーが字幕生成のためにセリフを再発声する事で同様の条件を達成している(リスピーク方式)場合がある。リアルタイム字幕放送 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田佳祐

    桑田佳祐から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    2009年より第5期ソロ活動に入った。この時期も楽曲的にはサザンとの差別化は特に図られていない。2010年にはソロとしては4枚目となるオリジナルアルバムの制作に着手していたが、初期の食道癌を患っていることが発覚。治療に専念するため暫く音楽活動を休止していたが、退院後体調を考慮しながら再開し、12月26日付けで公式ホームページから完成されたことが報告された。2010年のNHK紅白歌合戦で特別枠として出演(ソロ名義では初、サザンオールスターズを含めると1983年以来となる出場)し、回復と復帰をアピールした。桑田佳祐 フレッシュアイペディアより)

  • 美空ひばり

    美空ひばりから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    1954年、NHK紅白歌合戦に初出場。1955年には江利チエミ、雪村いづみとともに東宝映画『ジャンケン娘』に出演したことを契機に、「三人娘」として人気を博した。また、松竹・東映製作映画を中心に映画にも多数出演し、歌手であると同時に映画界の銀幕のスターとしての人気を得た。美空ひばり フレッシュアイペディアより)

  • おニャン子クラブ

    おニャン子クラブから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    おニャン子クラブメンバーのうち、NHK紅白歌合戦に出場経験があるのは現在工藤静香のみである(「夕やけニャンニャン」が既に放送終了している1988年が初)。おニャン子クラブ フレッシュアイペディアより)

  • ごまっとう

    ごまっとうから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    「ごまっとう」名義での「紅白」出場は無かったが、2人ずつがユニット参加する形での出場が何度かある。ごまっとう フレッシュアイペディアより)

1217件中 41 - 50件表示

「NHK紅白歌合戦」のニューストピックワード