1217件中 51 - 60件表示
  • 森口 博子

    森口博子から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    1991年、劇場版アニメ『機動戦士ガンダムF91』の主題歌「ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜」がオリコンシングルチャート最高9位になり、ベスト100以内に24週とどまり年間ランキングでも47位と入り、自身最大のヒット曲となる。この曲を契機に、ガンダムファン、アイドルファンだけでなくバラドルとしての彼女を知る一般層にも「歌手」として認知されるようになった。その後の曲もヒットし、NHK紅白歌合戦には1991年・第42回から1996年・第47回まで、6年連続で通算6回出場した。森口博子 フレッシュアイペディアより)

  • とんねるずの生でダラダラいかせて!!

    とんねるずの生でダラダラいかせて!!から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    工藤静香と石橋貴明のユニット「Little Kiss」の楽曲「A.S.A.P.」(秋元康プロデュース)、山本譲二と木梨のユニット「憲三郎&ジョージ山本」の楽曲「浪漫-Roman-」(北島三郎プロデュース)、石橋・定岡・デビット伊東のバンド「ANDY's」(当初は「生殺」)の楽曲「Freedom」(佐野元春プロデュース)など、この番組の企画から発売されたCDも数多い。「憲三郎&ジョージ山本」はNHK紅白歌合戦にも出場した。結成当初の衣装は、憲三郎が白の羽織袴、山本が白のスーツで真面目にキメていたが、次第に両者ともラメ入りになるなど華美になっていった(憲三郎は金歯まで入れていた)。晴れの舞台である紅白では豪華路線を変え、憲三郎が北島三郎の姿でものまねで歌い視聴者を笑わせた(台本には無く、憲三郎は出番10分前に思いつき、急遽メイクルームに走ったと言う)。1995年に発売されたとんねるずのオリジナルアルバム「おまえ百までわしゃ九十九まで」は歌謡活動10周年記念のアルバムということで、木梨がお世話になった著名人に歌詞を作ってもらう番組企画から誕生している。とんねるずの生でダラダラいかせて!! フレッシュアイペディアより)

  • 千 昌夫

    千昌夫から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    農家の次男に生まれた。父親を小学校4年の時に亡くした。1965年、作曲家遠藤実に入門。同年9月5日、「君が好き」でデビュー。「星影のワルツ」(1966年3月24日発売)が1967年秋頃より大ヒット、ミリオンセラーとなり、1968年『NHK紅白歌合戦』に初出場する。その後「君がすべてさ」、「アケミという名で十八で」「懐かしの人」などが10万枚を超えるヒットとなる。千昌夫 フレッシュアイペディアより)

  • T.M.Revolution

    T.M.Revolutionから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    12月31日、「WHITE BREATH」で紅白歌合戦に初出場した。T.M.Revolution フレッシュアイペディアより)

  • AI (歌手)

    AI (歌手)から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    和田アキ子から歌唱力を認められ、「NHK紅白歌合戦」のインタビューでは「私の子分」と紹介された。また、今まで平井堅、安室奈美恵、DABO、SPHERE of INFLUENCE、Char、HI-D、ZEEBRAなどと共演した。AI (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • 福山雅治

    福山雅治から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    1993年(平成5年)、フジテレビ系ドラマ『ひとつ屋根の下』で人気に火がつき、俳優としてもブレイク。「MELODY」でNHK『第44回NHK紅白歌合戦』出場、紅白初出場を果たす。福山雅治 フレッシュアイペディアより)

  • 加山 雄三

    加山雄三から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    1961年、「夜の太陽」で歌手デビュー。NHK『NHK紅白歌合戦』出場17回。代表曲多数。後のフォークソングやニューミュージック全盛時代に先立つ、日本におけるシンガーソングライターの草分け的存在であり、また日本ではじめて多重録音を手がけた歌手でもある。加山雄三 フレッシュアイペディアより)

  • KinKi Kids

    KinKi Kidsから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    正式なグループ名が決まる前までは、「ジャニーズ関西組」、「堂本ブラザーズ」、「W堂本」などの呼び名があったが、その後、1992年12月31日放送の『NHK紅白歌合戦』でSMAPのバックとして出演した際、「KANZAI BOYA(カンサイボーヤ)」という名前で紹介される。KinKi Kids フレッシュアイペディアより)

  • 筒美京平

    筒美京平から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    第1回(1951年) - 第60回(2009年)NHK紅白歌合戦で歌われた楽曲は延べ2900曲。その中で筒美京平作品は全作曲家でトップの69曲歌唱される。内訳は紅組が42曲、白組が27曲。初登場曲は、1967年放送の第18回NHK紅白歌合戦で歌われた、弘田三枝子の『渚のうわさ』。最も作品が多かった年は1972年(第23回NHK紅白歌合戦)で、紅白合わせて7曲が歌われた。筒美京平 フレッシュアイペディアより)

  • 西川 貴教

    西川貴教から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    1997年:『西川貴教のオールナイトニッポン』のラジオパーソナリティを担当(1月6日?)。以後2005年まで、8年9ヶ月に渡って放送を続けた。12月、T.M.RevolutionとしてNHK紅白歌合戦に初出場(以後、1998年、2005年にも)。西川貴教 フレッシュアイペディアより)

1217件中 51 - 60件表示

「NHK紅白歌合戦」のニューストピックワード