1396件中 71 - 80件表示
  • 西田一生

    西田一生から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    坂本冬美「アジアの海賊」※MV「男の火祭り(NHK紅白歌合戦)」※MV西田一生 フレッシュアイペディアより)

  • 千昌夫

    千昌夫から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    岩手県陸前高田市出身。農家の次男に生まれた。父親を小学校4年の時に亡くした。1965年、作曲家の遠藤実に入門。同年9月5日、「君が好き」でデビュー。「星影のワルツ」(1966年3月24日発売)が1967年秋頃より大ヒット、ミリオンセラーとなり、1968年『NHK紅白歌合戦』に初出場する。その後「君がすべてさ」、「アケミという名で十八で」「懐かしの人」などが10万枚を超えるヒットとなる。千昌夫 フレッシュアイペディアより)

  • アリス (フォークグループ)

    アリス (フォークグループ)から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    アリス(Alice、ALICE)は、日本のフォークグループ。2009年再始動後NHK紅白歌合戦に出場した。アリス (フォークグループ) フレッシュアイペディアより)

  • SMAP

    SMAPから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦(1991年 - 2015年、NHK)SMAP フレッシュアイペディアより)

  • 宮本隆治

    宮本隆治から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    1973年に慶應義塾大学を卒業しNHKへ入局。同期に大塚範一、池上彰らがいる。目標は『NHK紅白歌合戦』の司会を務めることであった(入局23年目の1995年に実現し、以後2000年まで6年連続で総合司会を務めた)。元々は民放志望だったが、宮本が就職活動をしていた年はアナウンサーの採用がどこの局も少なく、一部の在京キー局ではアナウンサーの採用を行わなかった程であった。それにより、アナウンサー試験は例年にない程の相当な狭き門となっていた。結局、フジテレビ、TBSの採用試験を受験するも落ちたという。宮本隆治 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ離れ

    テレビ離れから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    例としてNHK紅白歌合戦の視聴率推移を見ると、1990年代は50%台(2部)を維持していたが、2000年に48.4%(2部)、39.2%(1部)と50%(2部)を切って以降この数字までは回復せず、2013年では44.5%(2部)、36.9%(1部)となっており、この傾向の一部が伺える。また、レギュラー番組でも、民放・NHKを問わず視聴率が20%を超える番組は減少傾向にある。テレビ離れ フレッシュアイペディアより)

  • てるてる家族

    てるてる家族から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    宝塚歌劇団への登竜門、宝塚音楽学校に入学した冬子だったが、自分の本当にやりたいことはパン職人の道であることに気づき、卒業後は春男の下でパン屋の修行を始める。春子は、フィギュアスケートの日本代表として1968年グルノーブルオリンピックに出場を果たし、夏子は歌手"いわたなつこ"としてNHK紅白歌合戦に出場。冬子もパン職人の才能を開花させ、喫茶シャトーを「ベーカリーてるてる家族」として再スタートさせる。そして、秋子も自分のやりたい道を見つけ、旅立って行くのだった。てるてる家族 フレッシュアイペディアより)

  • 三橋美智也

    三橋美智也から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    一方、私生活では二子をもうけた妻・喜久子と1966年に離婚(この出来事がきっかけで『NHK紅白歌合戦』に落選したと言われている)。その後再婚し、三人の子宝にも恵まれたが、晩年は夫人からの家庭内暴力(馬乗りで殴られる等)や財産乗っ取り(妻と娘と娘婿が共謀して、ゴルフ場の高級会員権を三橋に無断で売却したほか、三橋が加入していた保険を解約して給付金を全て使ってしまう等)に苦しみ、東京の自宅を出て、大阪のマネージャー宅で暮らしていた(妻との離婚については亡くなる2年前より民事裁判で争われ、裁判の結果、三橋が倒れる直前に離婚が成立し、翌年春にはマネージャーと再々婚の予定だったが、三橋が突然倒れ、死去したため再々婚は果たせなかった)。また、名義貸しをしていたホテルが倒産し、数億円の負債を抱えたこともあるなど、輝かしい功績とは相反するものがあった。三橋美智也 フレッシュアイペディアより)

  • 吉永小百合

    吉永小百合から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    実現には至らなかったものの、1960年末期から幾度も『NHK紅白歌合戦』の紅組司会の候補に挙がった。吉永小百合 フレッシュアイペディアより)

  • 藤山一郎

    藤山一郎から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    藤山はこの短歌に曲をつけ、『長崎の鐘』を歌う際に続けて『新しき朝』を歌うようになった。藤山は永井の死から8か月後の1951年(昭和26年)1月3日に行われた『第1回NHK紅白歌合戦』に白組のキャプテンとして出場し、『長崎の鐘』を歌唱し白組トリおよび大トリを務めた。ちなみに藤山は1951年の第1回から1958年の第8回まで8年連続で出場するなど、歌手として計11回紅白に出場している。藤山一郎 フレッシュアイペディアより)

1396件中 71 - 80件表示

「NHK紅白歌合戦」のニューストピックワード