1217件中 71 - 80件表示
  • ゆず (音楽グループ)

    ゆず (音楽グループ)から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    2003年・2004年・2009年・2011年には「NHK紅白歌合戦」に出場。2003年、初のカウントダウンライブを横浜で行う。『栄光の架橋』がNHKの2004年アテネオリンピック放送の公式テーマソングに起用され、ゆずの知名度は更に高まった。2005年のベスト・アルバムの発売などを経て以降は、大物アーティストとの共演や各種イベントへの参加、メディアへの露出など、それまであまりなかったかたちでの活動もより積極的に行われるようになった。ゆず (音楽グループ) フレッシュアイペディアより)

  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画

    ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    前回同様、山崎はこの3曲をCD化してリリースすることを目指しており、更に最終目標として「紅白に出たい」とぶち上げた。目下オファーはないが、その後放送された「第12回芸能人釣り選手権」(同年7月2日放送)のエンディングテーマに「Not a errand boy」が使われたり、2006年夏に行われた「山崎vsモリマン」でも松本&田中が生で「Those days」を歌った。ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画 フレッシュアイペディアより)

  • コブクロ

    コブクロから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦』の出場には積極的であり、2005年から休業中だった2011年を除いて毎年出場している。2人もインディーズ時代から「紅白歌合戦に出てお茶の間の皆さんに知られるようなビッグな歌手になりたいと思っていますので、皆さん応援してください」とファンの前で語っている。コブクロ フレッシュアイペディアより)

  • イ・ジョンヒョン

    イ・ジョンヒョンから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    日本でも放映されたドラマ『美しき日々』に出演しており、その挿入歌「Heaven」の日本語版で日本デビュー。2004年末には日本でのCDデビューからわずか2週間でNHK紅白歌合戦に出場した。イ・ジョンヒョン フレッシュアイペディアより)

  • 三橋美智也

    三橋美智也から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    一方、私生活では一子をもうけた糟糠の妻と1966年に離婚(この事件がきっかけで『NHK紅白歌合戦』に落選したと言われている)、後に再婚し、二人の子宝にも恵まれる。晩年は家庭内暴力(妻に馬乗りで殴られる等)や啓子夫人が結婚時期と同時進行していた愛人である大阪のマネージャーである二條弘子との間に苦しみ、東京の自宅を出、大阪のマネージャー・二條弘子宅で暮らしていた(裁判の結果、三橋が倒れる直前に離婚が成立しており、翌年春にはこのマネージャーと再々婚の予定だったが、三橋が突然倒れ、亡くなったため再々婚は果たせなかった)。また名義貸しをしていたホテルが倒産し、数億円の負債を抱えたこともあるなど、輝かしい功績とは相反するものがあった。三橋美智也 フレッシュアイペディアより)

  • 植木等

    植木等から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    1990年にはリバイバルシングル『スーダラ伝説』が大ヒットし、オリコンベスト10入りを果たした。そしてこの年のNHK紅白歌合戦にも久々に出場した(この紅白での歌い方について、「だって歌いながら笑ってたでしょ? あんなものを紅白で…」と、後日自らを戒めていた)。植木等 フレッシュアイペディアより)

  • サザンオールスターズ

    サザンオールスターズから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    12月31日、「いとしのエリー」でNHK紅白歌合戦に初出場。サザンオールスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 北島 三郎

    北島三郎から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    1963年秋、日本クラウンの設立と同時に同社へ移籍。クラウンレコード第一回新譜に、美空ひばりらと共に名を連ねる。また、この年紅白歌合戦に初出場。北島三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 古舘 伊知郎

    古舘伊知郎から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    1984年6月にテレビ朝日を退社後、大学時代の友人と芸能事務所「古舘プロジェクト」を設立。フリーになってからは、10年以上に渡ったワールドプロレスリングの実況を1987年3月に勇退、その後の1989年から1994年までのフジテレビのF1放送や、競輪における特別競輪(現在のGI)決勝戦の実況中継、さらには、自らの一人芝居型講演会「トーキング・ブルース」を始め、数々のテレビ番組に出演。そして、NHKと民放在京キー局5社で全てレギュラー番組を持った。1988年には映画『スウィートホーム』、1991年にはNHK連続テレビ小説『君の名は』に出演し、俳優業にも挑戦した。また、テレビ朝日『ニュースフロンティア』(1991年4月 - 1994年3月まで放送)という『ニュースステーション』のオンエアが無い土曜日の午後11時から放送されていたニュース番組も一時期担当した。1994年 - 1996年まで、NHK『NHK紅白歌合戦』の白組司会を務めた(民放のアナウンサーを経た人物では史上初の紅白司会者となった)。古舘伊知郎 フレッシュアイペディアより)

  • 上沼恵美子

    上沼恵美子から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    1994年と1995年にはNHK『NHK紅白歌合戦』の紅組司会を担当(1996年も番組側から紅組司会を打診されたが、この2回ともに両軍司会コンビを組み、同回の白組司会の続投が先に決まっていた古舘伊知郎との確執を理由に拒否した)。上沼恵美子 フレッシュアイペディアより)

1217件中 71 - 80件表示

「NHK紅白歌合戦」のニューストピックワード